資金管理

FX強制ロスカットを避ける

FXトレードをしている多くのトレーダーは強制ロスカットを経験しています。この強制ロスカットにあうと、多くの資金を失ってしまいます。この記事では、強制ロスカットの理解を深め、回避する方法を身につけます。

FX強制ロスカットはトレーダーを守るもの

ポイント 各FX会社は設定している証拠金維持率を下回った口座に対して、強制ロスカットを執行します。これは法律で定められており、FXトレーダーがこれ以上大きな損失を被らないように損失を限定させるものです。

しかし、損失が限定されるといっても口座残高の殆どの資金が失われます。最悪の場合、新たにポジションを建てられないほどになってしまいます。このようにFXマーケットから退場することにならないうよう、常日頃から損失をコントロールすることがトレーダーには求められ、とても重要です。

口座開設するFX会社の説明はきちんと理解する必要がある

ポイント 新たにFX会社に申し込む際には、FX会社の説明は細かいところまでしっかり確認する必要があります。小さな文字で全て読むことは大変かもしれませんが、自分の大切な資金を運用していくFX会社になるため、きちんと詳細まで目を通し、万が一があった場合、こんなはずではなかった、ということが無いように準備します。

特に、海外の証券会社でFX口座開設を行う場合、過去にもあったような金融市場の大きな混乱が起きてしまうと口座から資金を引き出せない、法律も守ってくれない、といったことも起こり得ます。FX会社の説明は隅々まで確認し、理解した上で口座開設を行います。

レバレッジ

ポイント 日本では最大25倍、海外では最大500倍までと決まっています。

口座残高が少ない状態でも高いレバレッジを使用することで、大きなポジションを建ててトレードを行うことができます。少ない資金で大きく稼げる点は、FXトレードの大きな魅力の一つです。

レバレッジは低い状態から始める

ポイント 高いレバレッジは利益を大きく得られる反面、大きな損失にも繋がるため、トレードを行う際には、低いレバレッジを使用することをお勧めします。特に初心者の場合、レバレッジを低くして資金管理をします。初心者に限らず、理解はしているものの、目の前のマーケットの動きに左右れ、マーケット判断ができないトレーダーも多くいます。そういったトレーダーも含め、安定した成績を残せるようになるまでは、レバレッジが1~2になるようなポジションサイズでのトレードをお勧めします。

FXトレードは、一度で大きく稼ぐことが目標ではありません。長期的に安定的に稼ぐことです。レバレッジが低い状態でトレード技術を磨いていく方が、マーケットからも退場せず、長期的にFXトレードを継続していきやすくなります。一度に大きく稼ぐトレードはギャンブルです。ギャンブルトレーダーにならないようにコントロールが必要です。

強制ロスカットを回避する方法

ポイント1

トレード計画を立てる

有益なポイントでトレードを行うからこそ利益を得ることができます。思いつきで建てたポジションでも短期的に利益を得ることができるかもしれませんが、長期的に稼ぐことはできません。分析や検証を経た上でのトレード計画があり、それに確実に沿ったトレードを行うことだけが長期的に稼げるようになります。

思いつきで建てたポジションは損切がどこになるのかはっきり理解していません。リスクリワードの悪い、損切りが大きくなるようなトレードを避けるようにします。

ポイント2

ストップを拡大させない

ポジションを建てたら同時にストップ(損切)を設定する必要があります。マーケットはいつ急変するか分かりません。マーケットは思惑通りには動かないものです。ストップは損失を少なくするために狭めても良いものですが、損失がより大きくなってしまう方向に動かすことだけはやってはいけません。ストップを拡大させることを繰り返していると、近い将来、強制ロスカットに至るような大きな損失に繋がってしまいます。

ポイント3

トレードの分析

行った全てのトレードがトレード計画に沿ったものなのか、思いつきで持ったポジションではなく、再現性のある有益なポジションになっていたのか、分析する必要があります。損切よりも期待できる利益が大きいからポジションを建てる、というトレード計画があってこその利益です。利益よりも損切が大きくなるポイントでのトレードは非効率で、時に大きな損失をもたらします。トレードの分析を継続することでギャンブルトレードが回避できるようになります。

まとめ

強制ロスカットは、トレーダーを守るシステムではあるものの、執行されるとかなり大きなダメージを被ります。強制ロスカットにならずとも、大きな損失は口座残高を著しく減らし、次のトレードを困難にさせます。損失を小さく抑えている限り強制ロスカットには至りませんので、トレード計画を立て、ルールに従ったトレードを行うことに専念します。

ニコラス グールド

Share
投稿者:
ニコラス グールド