ページを選択

トレードカード

トレードはチャートを描いて売買ボタンを押すだけの単純なものではありません。 トレードはビジネスです。他のすべてのビジネス同様に成功するには正しい知識を身につける必要があります。 Turn Tradingではトレーダーとして成功するために身につけるべき必須科目を五つ定義しました。 基礎、マーケット、戦略、リスク管理、メンタルコントロールです。それぞれを以下に説明します。

基本

世界の金融マーケットを理解します。なぜ価格が動くのか、トレードの事前準備のやり方、トレード結果の振り返りの仕方などです。

マーケット

金融マーケットを構成するFX、株、商品、債券の違いを理解します。一日のマーケットの動きを良く理解してトレードに適した時間を把握します。

戦略

インディケーターの違いを理解し、トレード戦略の策定方法やマーケットの変化に合わせて戦略を変更する方法を覚えます。自分の個性やライフサイクルに合った戦略を見つけることも重要です。

資金管理

利益のターゲットと損失のストップの設定方法を理解します。ポジションの大きさと一日のストップも決めます。マーケットの変化に対応したリスク管理も覚えます。

メンタル

プレッシャーがかかる中でもでプラン通りにトレードを実行できる術を学びます。どんな時にも平静を保ちながら自分をコントロールできるようにします。

以上トレーダーとして成功するには5つの科目すべてを身につけることが大切です。

戦略を覚えてもメンタルが弱いとマーケットから利益を得るのは難しいです。良い戦略と強いメンタルを身につけても自分の性格とライフサイクルに合わないマーケットでトレードしていてはなかなか勝つことはできません。

トレードカードを使う目的はトレードに関するすべての科目を理解してトレード成績を上げていくためです。科目別にそれぞれ10枚準備された全部で50枚のカードの意味合いを理解してトレード前に五つの科目からその日に臨むトレードの方針を示すカードを選択します。カードの使い時がわかるようになればトレード能力は向上して行きます。

トレードカードは初心者でもゲーム感覚で楽しみながら勝てるトレード戦略を身につけられるように開発しました。成功する為の五つの必須科目それぞれ10枚の合わせて50枚のカードからカードを選んでその日のトレード戦略を作ります。以下に示すステップに沿ってカードを選べばその日の戦略が作れます。これを毎日繰り返せば成功確率の高いトレード準備ができるようになります。

トレードの基本の理解

トレードの基礎を教える基本カードは10枚あります。トレードをシンプルにすればお金のかかった緊張する場面でもプレッシャーに打ち勝って成功できます。トレードを複雑にすれば緊張する場面で迷いが生じ決断を送らせます。決断の遅れは時として命取りになります。

それでは常に答えを用意しておく必要のある質問です

  • マーケットはレンジ相場ですかトレンド相場ですか?

  • トレードの事前準備は終えましたか? 

  • アジア、ヨーロッパまたはUSのどこのマーケットでトレードしますか?

  • 今日のトレードの振り返りはしましたか? 

カードの選択

トレードをしようと思うアジア、ヨーロッパまたはUSのカードのうちの一つを選びます。その他に今日のトレードで重点を置いて練習する基礎カードも選びます。 

基本

説明
世界の金融マーケットを理解します。なぜ価格が動くのか、トレードの事前準備のやり方、トレード結果の振り返りの仕方などです。

レンジ

高値で売り安値で買う

説明
マーケットに明確な方向性の無い状態。 近間の上値も下値も抜く事ができないレンジにはまった相場。 マーケットにニュースの無い時にはレンジになり易い。
理由
もしマーケットがレンジになっていると分かったら上昇したら売り 、下落したら買うと儲かる可能性が高い。 レンジ相場ではストップロスやターゲットは小さくする。

トレンド

高値で買い安値で売る

説明
マーケットが高値か安値の一方向を向いて動く相場。 トレンド相場ではマーケットは直近の高値を抜いて上昇したり安値 を抜いて下落したりする。 マーケットに新しい情報がもたらされるとマーケットはトレンドに なり易い。
理由
もしマーケットがトレンドになっていると分かったら上昇したら買 い、下落したら売ると儲かる可能性が高い。 トレンド相場ではストップロスやターゲットは大きくする。

ピップス

ピップスはドルより重要

説明
ピップスはマーケットが動く最小単位。 例 USドル/円 1 ピップス=0.001円。 ピップスを使うと異なるマーケットの比較が簡単にできる。トレード初心者は小さなポジションでトレードを始める事が重要。
理由
トレード成績をピップスで評価するとトレードプロセスに集中できてトレードの上達が早くなる。 たくさんのトレーダーはトレードの損得勘定に集中しすぎて大きなストレス受け、それがトレードの判断ミスを引き起こす。

準備

勝者は戦の準備を怠らない

説明
ポジションを持つ前にしっかりと準備する必要がある。 しっかりと準備する内容には、トレード戦略、リスク管理ルール、それにメンタルがある。
理由
しっかりと準備しないでトレードをするとトレード計画は守れない。準備不足でトレードに臨むとマーケットが急変した時に素早いリスク管理の対応ができない。

計画

無計画なトレード = 損失 無計画は損失の元

説明
充実した計画があれば長期にわたってうまくトレード ができ、どんなマーケットの状況でも儲ける事ができる。 トレード計画はいつマーケットに入っていつ出るかまで詳細に記述する。
理由
計画無しで長期に儲ける事は難しい。計画を持つ事に依り良いトレードをする機会を定常的に見つけられるようになる。計画を持つ事によりトレードを改善できて成功へとつなげることができる。

振り返り

すべてのトレードから学ぶ

説明
振り返りは毎日のトレード終了後と週末、月末に行う。 異なる戦略を使ったらトレード結果にどのような変化を与えたかを見る事ができる。 トレードルールを守れたか?マーケットが変化したか?一緒にトレードの振り返りをしてくれる人がいればより効果が上がる。
理由
ひとつのトレード結果が重要というより、充実したトレード戦略を持つ事の方が長期の儲けには大事。すべてのトレードを振り返ることにより改善方法を見つける事ができ、現状のマーケットへの適応ができる。

改善

常にマーケットに適応する

説明
マーケットは戦いの場であり常に変化している。そこで勝ち残るには日々トレードの改善を続けなくてはならない。
理由
長期にわたって儲ける為には常に新しい戦略と方法を探し、自分の決めたトレードルールに従わなくてはならない。

アジアマーケット

日経225, ドル/円, NY金

説明
主要なマーケットには日本、香港、上海、シンガポールとシドニーがある。USドル/円、日経225,NY金、オーストラリアASX, 中国株先物。
理由
中国経済の健全性が世界の他のマーケットに大きな影響を与える。それぞれのマーケットは異なる動きをするので特定のマーケットの専門家になることが重要。

ユーロマーケット

ユーロ/ドル, ユーロ/円, ポンド/ドル, ポンド/円

説明
マ主要なマーケットは英国とドイツだが他の国も含めてヨーロッパマーケット(ユーロマーケット)を形成している。 ロンドンは世界最大のFXマーケット。
理由
アジア、ヨーロッパそしてUSへと続く時差はトレーダーに大きなトレードチャンスを提供してくれる。 ヨーロッパの動きはUSマーケットの動きを予測させてくれる。

USマーケット

S&P500, NY金, 原油, ダウ平均

説明
主要なマーケットはニューヨークとシカゴ。ニューヨークには世界で最も有名な金融街のウォールストリートがある。
理由
世界最大の経済を誇る国なのですべてのマーケットに大きな影響を与える。USの金利政策とUS債券の動きを理解する事は重要。

マーケットの選択

それぞれのマーケットには異なる特性があるので利益をだせる可能性の高いマーケットを選びます。成功するにはトレードするマーケットの数をできるだけ少数に絞り込んで知識と経験を積みます。初めは一つのマーケットに集中するのも良い選択です。

それでは質問です

  • トレード時間帯のボラティリティは十分ですか?

  • 選んだマーケットで利益がとれる戦略をみつけましたか?

  • マーケットが動いている訳をニュースで理解していますか? 

カードの選択

今日トレードするマーケットのカードを選びます。

マーケット

説明

金融マーケットを構成するFX、株、商品、債券の違いを理解します。一日のマーケットの動きを良く理解してトレードに適した時間を把握します。

ドル/円

ボラティリティ:平均
ベスト時間:アジア、US

説明

アジア マーケットで一番良く動く通貨取引。
世界で活動的な2番目の FXマーケット。
日本と米国の金融政策が動きの鍵。

理由

日本経済は世界経済にとって重要。
たくさんの日本のトレーダーが このマーケットでトレードしている。
他のマーケットに日経225のように大きなインパクトを与えてい る。

ユーロ/円

ボラティリティ:平均
ベスト時間:ユーロ、US

説明

ヨーロッパと米時間によく動くマーケット。
ヨーロッパ経済に関するニュース配信がとても重要。
ボラティリティとスプレッドは米ドル/円よりも大きい。

理由

ヨーロッパ マーケットの動きは日本人トレーダーにとってトレードし易い。
米ドル/円と違った動きをするので違った機会がある。

ユーロ/ドル

ボラティリティ:平均
ベスト時間:ユーロ、US

説明

世界で最も活発なトレードが行なわれるFXマーケット。
ヨーロッパのトレード時間帯にトレードするのに適している。

理由

ヨーロッパ経済は世界経済の大きな部分を占めている。
ヨーロッパと米時間の経済発表は大きなボラティリティを生む。
金のように他のマーケットに大きな影響を及ぼす。

ポンド/ドル

ボラティリティ:平均
ベスト時間:ユーロ、US

説明

世界で活発に動く3番目のFXマーケット。
多くのトレーダーが参加する活発なマーケット。

理由

ヨーロッパと密接に関係する重要なマーケット。
他の通貨と相関は弱いので違った機会を提供する。

ポンド/円

ボラティリティ:高い
ベスト時間:ユーロ、US

説明

変動が激しいマーケットは短期にも長期にも機会を提供してくれる。
米ドル/円とは違った動きをするマーケット。

理由

他のFXよりスプレッドが大きいので注意が必要。
大きな動きのトレンドがでる可能性。

日経225

ボラティリティ:低い
ベスト時間:アジア

説明

アジアで一番大きな株価指数。
通常は動きは小さいが時々大きく動く。
米ドル/円との相関が高い。

理由

日本経済の世界経済に占める割合は大きい。
米株式市場の流れに大きな影響を受ける一方、ヨーロッパやUSへも影響を与える。

NY金

ボラティリティ:高い
ベスト時間:アジア、US

説明

古代から価値を認められており米ドルの価値と密接に連携する。
どんなタイプのトレーダーにも向くよく動くマーケット。
トレードに当たってはトレード時間帯を分析する事が重要。

理由

世界経済を動かす重要なマーケットの一。
世界中のトレーダーに人気。
短時間に大きく動くのでリスク管理が重要。

S&P先物

ボラティリティ:平均
ベスト時間:ユーロ、US

説明

USの大企業500社の株価指数 。
USトレーダーに大人気の先物市場。

理由

米時間にトレードするのが良いマーケット。
他のマーケットに大きな影響を与える。

原油

ボラティリティ:高い
ベスト時間:ユーロ、US

説明

世界経済の鍵となるマーケット。
経済指標と政治的発表を注視する事が重要。

理由

米時間の短期トレードに向いている。
金と同様にリスク管理がとても重要。

ダウ平均

ボラティリティ:平均
ベスト時間:US

説明

世界で一番知られた株価指数。
日本の日中にもチャンスはあるが米時間がベスト。
米ドル/円との相関が高い。

理由

世界的大企業30銘柄の株価指数でS&Pと同じように動くが少し異なる。
経済指標が指数に大きく影響する。

戦略の選択

あらゆるマーケットでお金を生める魔法の戦略はありません。使い慣れた戦略をマーケットの状況に合わせて少しずつ変えながらトレードすることが大事です。異なる戦略を毎日試すのではなく、絞り込んだ戦略を絞り込んだマーケットで使いこなして経験を積むようにします。戦略にはチャートのインディケーターを使うだけではなく、マーケットの状況を分析して何処で入って何処で出るかも決めることも含まれます。

それでは質問です

  • なぜその戦略を使うのですか? 

  • それぞれの戦略の強みと弱みは何ですか?

  • その戦略の利益性を確かめてみましたか?

  • いつどのように戦略を調整するのか知っていますか?

  • その戦略を使うべきではない状況を知っていますか?

カードの選択

あなたの戦略を一番良く説明しているカードをいくつか選んで下さい。

戦略

説明

インディケーターの違いを理解し、トレード戦略の策定方法やマーケットの変化に合わせて戦略を変更する方法を覚えます。自分の個性やライフサイクルに合った戦略を見つけることも重要です。

移動平均

最も人気のインディケーター

説明

移動平均の算出には以下の計算式を用います。
(終値1+終値2+終値3+…)÷ローソク足の本数。
例  (117 + 118 + 116 + 118 +119) / 5 = 117.60。

理由

移動平均線の傾きを見ればトレンドは一目瞭然。
移動平均線はマーケットの状態を理解しやすいので他のたくさんのトレーダーも使用。
理解しやすいツールなので素早いトレードデシジョンが可能。

ボリンジャーバンド

どんな時にも役立つツール

説明

単純移動平均から2標準偏差の幅の線(バンド)を引いたチャート。
マーケットボラティリティとマーケット参入サインを示す。

理由

マーケットの状況を提供する良い指標(トレンドと幅)。
マーケットが大きく動き出した時にトレードの機会を見つけられる。
マーケットが反転した時にトレードの機会を見つけられる。

MACD

マーケットトレンドを見つける

説明

二つの価格移動平均の関係をトレンドフォローモメンタム指数として示したものです。
MACD=12日EMA – 26日EMA. (exponential moving average)。

理由

たくさんの機会を提供しないので使うのが簡単なインデックス。
過去データを使って利益率を簡単にテスト可能。

プライスアクション

儲ける為にマーケットを読む

説明

プライスと取引高をだけをトレードサインに使うテクニック。
アマチュアの殆どは無視するがプロは頻繁に使用。
インディケーターを使ったトレードより単純な戦略。

理由

インディケーターを使うよりトレード機会を見つけるのが速い。
プライスでストップロスを小さく設定すればリスクもそれだけ小さくなる。
マーケットの取引高を追いかければよりマーケットの動きを理解可能。

時間パターン

マーケットにはリズムがある

説明

異なるマーケット間のパターン分析(アジア、ヨーロッパ、US)。
特定の時間のボラティリティは他の時間よりも大きい。
特定の時間のマーケットは他の時間よりもトレンドになりやすい。

理由

一日の特定の時間帯でその時間帯までのトレンドに対して順張りか逆張りかの確率を求める事が可能。
時間分析を行なうとターゲットとストップロスの仕掛けがうまくなる。

高値と安値

マーケットは真直ぐにはいかない

説明

異なる時間幅(例:1分、5分、1時間、1日)での高値と安値は重要。
高値で売って安値で買うのがいつもうまくいくとは限らない。
高値の前に買って、安値の前に売るとうまくいく場合もある。

理由

すべてのトレーダーは発注のタイミングを計りながら高値と安値をみている。
マーケットが高値を突き抜けるか安値を突き破るか知ろうと分析している。

ニュースパターン

マーケットはニュースで動く

説明

経済活動の最新情報の発表。
金利政策に関する金融政策発表。
政府政策に関する公式発表。

理由

ニュースでマーケットは大きく動き大きな損失につながる可能性がある。
マーケットニュースを素早く分析するのは難しので発表スケジュールが明らかな事象は事前に準備。

ブレークアウト

マーケットの勢いに乗れ

説明

高値でも安値でもそれまで守られてきた水準を短時間で突き破る動き。
水準を上抜けたら買い。
水準を下抜けたら売り。

理由

トレーダーに人気の高いトレード戦略のひとつ 。
大きく儲かるトレード方法ではあるが、へたをすると大損する可能性もある。
ブレークアウト戦略のトレードはマーケットの最新状況を理解していることが重要。

順張り

マーケットの波に乗れ

説明

マーケットの一方向への継続的な動き。
マーケットに強い上向きか下向きのニュースが流れたときマーケットは一方向への動きを継続。
どこまでマーケットをフォローするかを知っている必要がある。

理由

どのインディケーターでマーケットにエントリーするか決めておく。
どこまでマーケットが続きそうか理解できれば利益を伸ばせる。
順張り戦略は大きな利益を生み出してくれる。

逆張り

マーケットは真直ぐにはいかない

説明

マーケットの反転(逆方向への動き)。
ニュースはマーケットの動きを大きく反転させる。
マーケットが一方向にいつも継続して動くと考える事は危険。

理由

マーケットがいつ反転するかを理解できれば利益のでているトレードを終わらせて利益確定するタイミングがわかる。
逆張り戦略はうまくトレードすれば定常的に利益をあげることができる。

リスク管理ルールの設定

リスク管理ルールを持たずに長期に安定して利益を上げることは難しいです。毎日必ず利益をあげられる戦略はないので、一日の損失に限度を決めます。特にデートレードの場合、限度を決めていないと一日でそれまで毎日こつこつと稼いできた利益を吹き飛ばす損失をだしてしまいます。

それでは質問です

  • トレード毎のストップはいくらですか?いつストップを増やしたり減らしたりしますか? 

  • トレード毎のターゲットはいくらですか?いつターゲットを増やしたり減らしたりしますか?

  • ポジションを持っているときどのようにストップとターゲットを変更しますか?

  • いつ一日のトレードをストップしますか?

カードの選択

カードをひいてトレードに最も必要な資産の破綻を防いで損失をコントロールするリスク管理計画を作ります。

資金管理

説明

利益のターゲットと損失のストップの設定方法を理解します。ポジションの大きさと一日のストップも決めます。マーケットの変化に対応したリスク管理も覚えます。

トレーリングストップ

ストップを減らして利益を守る

説明

ポジションに利益がのったらストップのサイズを減らします。
最初のストップが5ピップスでポジションが2ピップス上がったらストップを3ピップスに減らします。
ストップを減らしてからマーケットが転換してポジションがストップにひっかかり清算されても より有利な価格で再度マーケットにエントリーできます。

理由

利益のでていたトレードが損失に変わると精神的にダメージを受けます。

ストップ

常に置く決して増やさない

説明

使っているトレードプラットフォームで発注したら損失の限度を設定します。
発注後すぐ時間をおかずにストップ注文することが重要です。
マーケットが一方向にいつも継続して動くと考える事は危険。

理由

マーケットは突然大きく動くのでストップ注文は大きな損失を防ぎます。
損失トレードを素早く処理できれば次の利益トレードの発見がより早くできます。

ターゲット

利益確定の準備

説明

利益がでたらそれを失う事なく確定させることが重要です。
戦略とマーケット ボラティリティを理解できるようになると最適なターゲットの価格設定ができます。

理由

ターゲットに到達できればストレスは下がり、マーケットのボラティリティを利用して更に稼ぐ事ができます。
良いターゲットセッティングができれば何回もトレードで稼ぐ事ができます。

激しい

ターゲットとストップは大きめに

説明

激しいマーケットではいつもより大きくそして早くマーケットは動きます。
激しいマーケットは大きく稼げるチャンスでもあり、大損するリスクでもあります。

理由

マーケットはいつでも激しくなるので素早く対応できるように常に準備が必要です。
マーケットが激しく動き出したら戦略をそれに合わせて変更します。

静か

ターゲットとストップは小さめに

説明

静かなマーケットはいつもより小さくゆっくりと動きます。
トレンドがなくニュースも少ないときはマーケットは静かになります。
静かなマーケットのトレードは多くの人にとって難しくなります。

理由

静かなマーケットでは我慢して慎重にトレードします。
マーケットは静けさをいつまでも保つわけではないので、動き始めた時の準備を常に怠らないようにします。

トレード毎ストップ

素早い損切りで次のトレードを探す

説明

トレードをする時は常に正しいストップの値を知っておく必要があります。
ストップはマーケットの変化に対応して変更します。

理由

ストップ注文を一旦設定したら必ずそれに従います。
ストップで損切りになっても、次のチャンスで挽回できます。

日毎のストップ

トレードの最重要ルール

説明

トレード開始前に一日の損失限度額を決めます。
一日の損失限度額に到達したら即座にトレードを止めます。
過去のトレード履歴から一日の損失限度額を決めます。

理由

一日の損失限度額を決めずにトレードすることは大きな損失につながりとても危険です。
一日の損失限度額を守る事で安全にトレードをすることができます。

トレード制限

損失はトレードのし過ぎから

説明

トレードの成績が落ちて来たらトレード回数制限を理解する必要があります。
トレード履歴から一日の最適なトレード回数を理解して行きます。

理由

トレード成績が悪いのとトレードのし過ぎは密接に関係します。
トレード回数を減らしてトレードの準備と振り返りに時間を使うようにします。

時間制限

疲れてトレードすると損をする

説明

時間制限にはトレーダーの個人差があります。
マーケットが活発に動けばトレード時間は短くてすみます。
トレード履歴から一日の最適なトレード時間を理解して行きます。

理由

定常的に良い成績を残すにはトレードプロセスをルーティン化します。
トレード時間を毎日一定にすれば成績は良くなります。
疲れを感じたらトレードはストップします。

トレード平均

勝率・平均利益・平均損失を知る

説明

自分の平均トレードを知る事は長期の成功につながります。
平均トレードは自分のトレード記録から計算できます。
トレード戦略を分析する時に、戦略毎の平均トレードもわかります。

理由

自分の平均トレードを理解できればトレードルールを自信をもって守れます。
戦略の改善を積み重ねる事によりトレード平均も改善されて行きます。

強いメンタルの保持

損をするのは誰でも嫌なのでトレードは難しくなります。損をすると損を取り戻そうと大きな賭にでたり、自暴自棄に陥ってまずい決断をするようになります。自分の性格を良く理解したトレード戦略を立て平常心で戦略に沿ったトレードに務めることが成功につながります。

それでは質問です

  • なぜトレードをするのですか?

  • どんな精神状態だとベストの結果をだせますか?

  • 自分のルールを守れない時の理由は何ですか?

カードの選択

トレードに集中するのに助けとなるカードをいくつか選んで下さい。

メンタル

説明

プレッシャーがかかる中でもでプラン通りにトレードを実行できる術を学びます。どんな時にも平静を保ちながら自分をコントロールできるようにします。損失を最小限に抑えることができればトレード資産を守ることができます。

休憩

定期の休憩は結果をよくする

説明

トレードはストレスの中で意思決定を要求されます。
休憩しないでトレードを続けるのは危険です。
トレードを長く続けるほどミスする可能性は高くなります。

理由

トレードで成功するには儲かる戦略も必要ですがミスをしない事も必要です。
疲れて来るとルールを守らなくなり大きな損失のきっかけとなります。
定期的に休憩すると良いトレード決定ができます。

幸せ

トレードに100%集中できる

説明

トレードの成功には晴れやかな気持ちでマーケットに臨めることが必要です。
マーケットのプレッシャーの中で計画の実行に集中するには気持ちが曇ってはできません。
心配や怒りの気持ちがあるとトレードに集中するのは難しいです。

理由

怒りながらトレードすると損失を受容したりリスク管理計画に従うのが難しくなり大きな損失につながります。
トレードの前に幸せな気持ちを確認できれば良い成績につながります。

リラックス

安定した成果の鍵

説明

トレードはプレッシャーの中でも素早く反応する為にリラックスした状態でします。
トレードはストレスがあるので、リラックスできればより良い判断がにつながります。
もしトレード中にリラックスするのが難しければトレード方法を変更する必要があります。

理由

プレッシャーの中で計画を実行してトレードを成功させるにはリラックスしている事は必須です。
リラックスできるトレーダーは最善の機会を捉えて儲けにつなげる事ができます。

チーム

トレードはビジネス

説明

他のトレーダーとサポートネットワークを持てれば成功につながります。
他のトレーダーとの定期的な交流やトレードコーチの存在はトレードの改善に大いに役立ちます。
異なるスキルと経験を持つトレーダーとの交流は刺激的で学べる事も多くトレードの質向上に役立ちます。

理由

他のトレーダーとの会話はストレスの対処法やトレード戦略の向上に役立ちます。
他のトレーダーとトレードの話しをすれば新しいアイデアが発見できます。

集中

ポジティブは成果につながる

説明

トレードはビジネスです。成功する為に真摯に向かい合わなくてはいけません。
トレード中は何ものにも邪魔されてはいけません。
トレードに集中できない時は休憩するかトレードを後にします。

理由

同時に違う事を試みるとうまくいきません。
常にトレード計画の実行に集中します。
他の事に気をとられると大きな損失につながります。

忍耐

ポジティブは成果につながる

説明

はやる気持ちは成功より失敗につながります。
長期にわたって儲ける能力を身につけるには時間と集中力と学習が必要です。
毎日小さな改善を積み重ねる事で長期に儲けられるトレードスキルが身につきます。

理由

スキルも磨かず経験も積まずにトレードにはやればギャンブルとなり大きな損失につながります。
トレードを続けるのに十分な資金の準備無くトレードにはやり大損してトレードをあきらめる初心者がたくさんいます。

何故

トレードのゴールを理解する

説明

トレードの結果より何故トレードをするのかに焦点を当てた方が良いです。
トレードのゴールに焦点を当てればトレードの上達に意識が向います。
何故トレードをするのか理解できれば勝てる戦略を見つける事ができます。

理由

結果よりトレード手法に目を向ければトレードを楽しめるようになります。
トレード成績を長期間にわたり記録し分析すればトレーダーとして成功できます。

自信

ポジティブは成果につながる

説明

マーケットの反転(逆方向への動き)。
ニュースはマーケットの動きを大きく反転させる。
マーケットが一方向にいつも継続して動くと考える事は危険。

理由

マーケットがいつ反転するかを理解できれば利益のでているトレードを終わらせて利益確定するタイミングがわかる。
逆張り戦略はうまくトレードすれば定常的に利益をあげることができる。

プロセス

正しいトレードから結果はでる

説明

トレード手法はトレード結果より重要です。
トレードは確率のゲームなので一つのトレードに固執しません。
成功するには一貫したトレードアプローチで臨みます。

理由

もしトレード手法に焦点を当てなければ大きな損失につながります。
逆張り戦略はうまくトレードすれば定常的に利益をあげることができる。
マーケットに適応するために常にトレード成績をよくする方法を探します。
確固たるトレードプロセスができればどんな時でも儲けられるようになります。

エネルギー

準備ができた時だけトレードする

説明

多くのトレーダーは疲れると損します。
トレードはプレッシャーのかかる中で良い決定を下さなければなりませんが、疲れてくるとうまくいきません。
トレード前にはエネルギーが充満してやる気があることを確認します。

理由

トレード計画に従うには用心深さとポジティブなエネルギーが必要です。
エネルギーが充満できているとトレード前の準備を怠り無くできます。

それぞれ異なる科目から選んだカードを寄せればそれが全体を俯瞰した戦略となります。カードを横に置いて時々眺めながらトレードすれば、守るべきルールを再確認でき、それが成功へとつながって行きます。

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示