マーケット決定要素

ニュースはマーケットのトレンドとボラティリティに長期にも短期にも大きな影響を与えます。どんなニュースが次に飛び出すかを予想するのは難しいですが、どんなニュースが価格に影響を与えるかを理解できればマーケットの変化を理解してトレード戦略を変更できます。

ニュースを毎日チェックしてマーケットの動向をつかみ他のトレーダーがニュース発表にどう動いたかを理解することでニュース発表に即したトレード戦略の変更がうまくできるようになります。

以下に示す関係はニュースイベントが価格に影響を与える一般的な解釈です。重要な事はこれらの関係は常に変化しており100%信用してはいけないことです。

目次

マーケットニュースの発表リスト

米政策金利

米国中央銀行の統括機関である連邦準備制度理事会(FRB)が短期金融市場を操作する目的で調整する政策金利のことで連邦公開市場委員会(FOMC)で決める金利です。マーケットの投資を決める鍵となる数値で、米国経済が成長すると景気の過熱を抑える為に金利は上昇し、米国経済が減速すると投資を促して経済を活性化させる為に金利は下がります。

米雇用統計

マーケットが最も重視している経済発表です。雇用の最大化を使命するFOMCが注視している経済指標で、新規雇用者数が増えて失業率が下がれば米政策金利が上がる可能性が高まり米国景気の力強さを示します。

米国内総生産(米GDP)

経済の強さを計る主要指標です。市場で取引された財やサービスの生産を特定期間でドルで計上します。経済が強いと政策金利は上がります。

世界的な不測の事態

戦争、災害、政権交替、政策変更はマーケットを豹変させる大きなインパクトを与えます。マーケットが緊迫してくると金に投資のお金が向きます。

米インフレーション(CPI/PPI)

インフレーションは物価が上昇する経済現象です。インフレーションが進み過ぎて経済に悪影響がでると判断されれば物価上昇を抑える為に金利は上がります。

米小売売上高

米小売売上高は米GDPの約3分の2を占める個人消費のトレンドをつかむ指標です。トレンドが強ければ経済は強いと判断します。

米製造(PMI)

製造業の景気動向を計る経済指標です。製造業の購買担当者に直接調査して結果を積み上げて算出するので将来の景気動向を占う先行指数となります。

消費者信頼感指数

消費者に将来の経済に対するマインドをアンケート調査して算出した指標です。平均的な消費者に対する調査で経済の先行指標になります。

企業業績

上場企業の業績評価が良ければ経済に良いサインと捉えられ株価は大きく上昇します。

国債

国の借金を示しており発行残高が多くなると経済に問題が起き通貨が弱くなります。

投機

強い上昇や下降トレンドのマーケットに人は引き寄せられトレンドは更に強くなります。しかし投機バブル終われば急速に反対方向に動きます。

リスクオン

トレーダーは将来に確証を持てば株や新興国通貨などのリスクの高い資産を買います。これをリスクオンと言います。

リスクオフ

トレーダーが将来を危ぶめば安全資産の金や米ドルそれに円を買います。これをリスクオフと言います。

FX価格の決定要素

政策金利

通貨ペアの金利差の変更が価格に動きをもたらします。例えば米国金利は1から2%に向かって増えていますが日本は0%に据え置いたままです。投資家は持っていても利息のつかない円を売って利息のつく米ドルを買って儲けようとします。こうして米ドル/円は上がって行きます。

インフレ率インフレ率の高い国の通貨は長期に下がって行きます。インフレは物やサービスの値段が上がる事です。インフレが進めば同じお金で買える物やサービスが少なくなります。

経済成長景気動向の把握に用いられる経済統計にはGDP、個人消費、設備投資、住宅投資、公共投資、輸出・輸入・国際収支、生産・出荷・在庫、企業収益・業況判断・倒産、雇用、物価、金融の主要経済指標があります。経済見通しが良くなれば金利上昇の見込みもあがります。金利が動けばFXも大きく動くのでトレーダーはFRBやECBそれに日銀などの中央銀行の発表に注視しています。

貿易収支 輸出と輸入は通貨に影響を与えます。例えば輸入が輸出より多ければ国際決済通貨のUSドルを手当てする為に円を売ってUSドルを買うので円は下がります。

国債海外投資家は国債はインフレを起こしマネーサプライを増やし通貨価値を下げるので国債をどんどん発行する国の国債への投資を敬遠します。

政治の安定海外投資家はリスクを避ける為に政治の安定している国へ投資します。政権闘争が激しくなると政治が不安定になるので投資資金は引き揚げられ通貨は弱くなります。

株価決定要素

企業業績上場企業の株価決定の主たる要因は企業業績です。世界経済や地域経済が堅調なら企業業績は長期間良くなります。

経済投資家は企業の将来性を調査研究して投資するので、地域と世界経済の変化を予測すれば株価の動きを予測できます。

政策金利

金利が上がればお金を銀行に預金しておいても利息がつきます。利息がつけば投資家はリスクを避けて株に投資しなくなるので株は下がります。

政策

投資家は国の政治の安定を重視します。不安定な政治の国の企業に投資家は資金を投入しません。政治リーダーと政策の変更は株価に大きな影響を与えます。国際政治の安定も企業が安定して利益をあげるために重要です。戦争や世界の政情の不安定化は株価を押し下げます。

商品価格決定要素

経済成長

経済成長は物づくりが盛んになり原料が必要になります。国が豊かになれば金などの贅沢品の需要が増えます。

米ドル

米ドルは国際決済に一番使われる通貨です。米ドルが強くなると他の通貨は弱くなるので米ドル建ての物やサービスの値段は高くなり、海外から買われなくなります。海外から物やサービスが買われないと米国の景気は悪くなるので米ドルは弱くなります。

需給

商品ごとに個別の需要と供給の要因があるので、要因ごとのマーケットへの影響を理解します。例えば世界銀行は大量の金を保有しているので、彼らが金を売り始めたら金価格は暴落します。

USDJPY

特徴円は安全資産とされるので弱気相場になってマーケットが下落すると円は上がり米ドル/円は下がります。日本のFXは個人投資家が非常に多いマーケットなのでは個人投資家が設定した損切ラインでマーケットは非常に速く大きく動きます。

米政策金利

米雇用統計

日本政策金利

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

EURUSD

特徴EU の安定はユーロ/ ドルを予測する鍵となります。EU 加盟国の結束に影響を与える政治経済の問題が価格に大きな影響を与えています。 EU の中でも経済を牽引しているのはドイツです。そのため特にドイツの経済ニュースや指標が注目されています。また、近年EU 加盟国の選挙はEU の方向性を揺らがすような大きなニュースにもなっており、こちらの情報も欠かせません。

米政策金利

米雇用統計

ユーロ政策金利

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

GBPUSD

特徴EUからの離脱がイギリス経済に与える影響がポンド/ドルの価格変動要因です。政治家の発言で大きく値が動きます。

米政策金利

米雇用統計

英政策金利

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

日経225

特徴アジアで活発に動くマーケットで米国マーケットに追従します。日経が米国マーケットに追従しなくなったらボラティリティが大きくなるので注意が必要です。

米政策金利

米雇用統計

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

NY金

特徴投資家によっては金を有事の備えとして保有しています。株のようなリスク資産が下落すると、安全資産の金を買う動きが出て価格は上がります。

米政策金利

米雇用統計

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

S&P500/Dow

特徴世界最大の株のマーケットで世界経済の情勢を示す指標です。S&P500が大きく動けばすべてのマーケットに影響が及びます。

米政策金利

米雇用統計

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

原油

特徴中東は世界に大量の石油を供給しているので、彼等が生産量を調整すると価格は大きな影響を受けます。米国は石油の大きな消費国なので、トレーダーは米国の石油需要動向を注視しています。

米政策金利

米雇用統計

米経済活動(GDP)

世界的な不測の事態

米インフレーション(CPI/PPI)

米小売売上高

米製造(PMI)

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示