ページを選択

トレードサインカード

プロトレーダーと話をすると誰もがマーケットのエントリーとイグジットに独自の方法を持っています。しかしプロトレーダーに共通するのは自分のトレード戦略を十分理解していることです。このページの目的は最も人気のあるテクニカルなエントリーとイグジットのサインを紹介してサインを理解し比較できるようにすることです。

一度サインの使い方を覚えればそれを使って自分で練習できます。自分の個性に合ったうまく稼げるサインがわかります。トレードで成功するにはマーケット状況を理解することが重要なので以下のサインを使う前にはマーケットを分析します。

カードには五つの科目があります

一度サインの使い方を覚えればそれを使って自分で練習できます。自分の個性に合ったうまく稼げるサインがわかります。

トレードで成功するにはマーケット状況を理解することが重要なので以下のサインを使う前にはマーケットを分析します。

状態

マーケットの状況がどうなっていて、なぜそうなっているのかが分かるようになるとテクニカル分析もリスク管理もうまくなります。大きく動くボラティリティの高いマーケットではターゲットとストップは静かなマーケットに比べて大きくなります。発表予定のニュースを調べ準備しておけばトレードの損失を避けてトレードチャンスを見つけられます。

順張り

順張り戦略は大きな利益をもたらしますがターゲットに到着するまで辛抱強く待たなくてはいけません。また順張り戦略は大きな利益を得られる回数は少なく、小さな損失の回数が多いことを理解します。

逆張り

トレンドに逆らう逆張りは危険ですが損失をうまくコントロールできれば利益を出せる戦略です。一般に逆張り戦略のポジション保有時間は順張り戦略より短くなります。逆張り戦略は含み損が始まると急激に損が膨らむのでイグジットを素早くします。

カードの使い方

ステップ1:マーケット状況分析

  • 今のマーケットは普段に比べて静かですか、普通ですかそれともボラティリティが高いですか?
  • マーケットはトレンドですか、レンジですか?
  • マーケットのこの状況は続きますか、変わりますか?
  • 最近マーケットを動かしているニュースは何ですか?
  • これから出てくるニュースでマーケット状況を変えるニュースは何ですか?

ステップ2:戦略選択のマーケット分析

  • 今日の自分がトレードする時間帯にマーケットがどう動きそうか長短期のチャートやニュースや時間パターンを使って分析します。

ステップ3:エントリー戦略決定

  • マーケットをよく見て今日使う戦略カードを選びます。
  • 今日のトレードのエントリーサインを決めます。順張り買い? 順張り売り?逆張り買い?逆張り売り?

ステップ4:エントリーターゲットとストップ 決定

  • エントリーのターゲットとストップを決めます。
  • イグジットを調整するかどうか決めます。
  • 例えばターゲットを減らすか増やすか 、ストップを狭くするかです。

状態

状態

説明

マーケットの状況がどうなっていて、なぜそうなっているのかが分かるようになるとテクニカル分析もリスク管理もうまくなります。大きく動くボラティリティの高いマーケットではターゲットとストップは静かなマーケットに比べて大きくなります。発表予定のニュースを調べ準備しておけばトレードの損失を避けてトレードチャンスを見つけられます。

良いニュースの日

説明

トレーダーが買いたくなるようなニュースが発表された日。

行動

強い上昇トレンドを作るニュースが発表されたら売りは忘れて買いのチャンスを探すのに集中します。

悪いニュースの日

説明

ほとんどの市場参加者が売りたいと思うようなニュースが発表 された日。

行動

強い下降トレンドを作るニュースが発表されたら買いは忘れて売りのチャンスを探すのに集中します。

ニュースを待つ日

説明

マーケットが重大ニュースの発表を待ち、注文数が減った静かな日。

行動

マーケットがいつもに比べて静かになるのでストップとターゲットを小さくして発表直後の大口オーダーによるマーケットの急変に備えます。

ニュースが多い日

説明

マーケットを動かす重大ニュースの発表が多い日。

行動

ニュースがマーケットに与える影響を理解するのは難しいです。対処法はニュース発表予定時間のトレードは避けるか、ニュース発表を理解しマーケットに与える影響を予測分析できる専門家になることです。

ニュースが無い日

説明

マーケットを動かすニュース発表がない日。

行動

マーケットを動かすニュースの発表予定がない日はテクニカル分析がいつも以上に重要になります。 マーケットを大きく動かす大口トレーダーの帰属する組織の情報収集力は個人には計り知れません。独自の情報収集チャネルで得た情報でマーケットを動かしてくるので今日のマーケットは発表がないので静かになるはずと決めつけずにマーケットの小さな動きも見逃さないようにしてトレード戦略を調整します。

普段のニュースの日

説明

大きなニュースの発表は予定されていないが、その他のニュース発表はある日 。

行動

このような日もマーケットコンディションに合わせてトレード戦略を変更します。

上昇トレンドの日

説明

マーケットが着実に上昇を続けて新高値を付ける状態 。

行動

上昇が続くか終わるかを分析できるようになればトレードは上達します。新高値は前の高値と比べます。前の高値は直近の高値、その時間の高値、その日の高値、その週の高値と時間軸で比較します。年初来高値、数十年来高値と呼び名に応じてその上昇トレンドの強さを表現します。上昇トレンドがどこまで続くのかは誰も正確に予測できません。 利益を伸ばして損切りを早くするトレード戦略をマーケットに合わせて調整します。

下降トレンドの日

説明

マーケットが着実に下降し新安値をつける状態。

行動

下降が続くか終わるか分析できるようになればトレードは上達します。新安値は前の安値と比べます。前の安値は直近の安値、その時間の安値、その日の安値、その週の安値と時間軸で比較します。年初来安値、数年来安値と呼び名に応じてその下降トレンドの強さを表現します。下降トレンドがどこまで続くのかは誰にも正確によそくできません。利益を伸ばして損切りを早くするトレード戦略をマーケットに合わせて調整します。

トレンド無しの日

説明

マーケットが横ばいを続けてはっきりとした方向性のない状態でレンジともいう。

行動

レンジが続くかトレンドが始まるかを分析できるようになればトレードは上達します。トレンドの始まりを誰にも正確に予測できません。利益を伸ばして損切りを早くするトレード戦略をマーケットに合わせて調整します。

売りを探す

説明

売りのチャンスを探すのに集中します 。

行動

売りか買いかを明確にできればエントリータイミングが良くなります。

買いを探す

説明

買いのチャンスを探すのに集中します。

理由

売りか買いかを明確にできればエントリータイミングが良くなります。

順張り買い

順張り買い

説明

順張り戦略は大きな利益をもたらしますがターゲットに到着するまで辛抱強く待たなくてはいけません。また順張り戦略は大きな利益を得られる回数は少なく、小さな損失の回数が多いことを理解します。

MAクロス2回目買い

説明

移動平均線を突き破って上昇(MAクロス)し、その後移動平均線より下に下落してに再度移動平均線を突き破って上昇(MAクロス2回目)したら買いのサインです。

理由

多くのトレーダーが前のMAクロスにショートポジション(売りポジション)を持っているのでMAクロスを超えて上がればショートポジションの買戻しが入ってさらに価格の上昇が見込まれるので買いのサインとなります。

MAタッチ買い

説明

トレンドに沿った一般的なトレード戦略でトレンドが上向いて移動平均線にタッチ(MAタッチ)したら買います。

理由

移動平均線の上向きは多くのトレーダーの買い意欲の現れです。

高値手前買い

説明

直近の高値の前で買います。

理由

直近の高値に近づいたら高値を超えて買い勢力が勢いづくのを見越して買います。

高値超え買い

説明

直近の高値を超えたら買いに勢いがついたと考え買います。

理由

直近高値に売りポジションを持っているトレーダーは直近高値を超えたら買い戻し、買い勢力を更に勢いづかすと考えて買います。

ニュースの直後買い

説明

良いニュース発表はマーケットを勢いよく上昇させます。

理由

他のトレーダーより早くニュース発表に反応すればそれだけ利益が大きくなります。しかし実際のマーケットで実行するのは難しいです。

ニュースの後で買い

説明

ニュース発表後の急騰後に一旦下げてから、再度急騰の値を追う動きは買いの良いチャンスです。

理由

ニュース発表を受けてニュースを解析するアルゴリズムが高速トレードで値を大きく上げた後、別のテクニカル分析のアルゴリズムが上がりすぎを修正する高速トレードをします。それからトレーダーがニュースを解析してトレードをしますが、じわじわと上げていけば、それは機械がつけた高値をトレーダーが狙っている買いの良いチャンスです。

ブレークアウト買い

説明

ある期間の高値を超えて上がればそれは更なる上昇のサインです。

理由

デートレーダーのチャンスを見つける一般的な方法です。

MAタッチ高値狙い

説明

上昇トレンドでマーケットが一旦下がって移動平均線にタッチしたら、そこから反転して直近の高値を超えて上昇するサインです。

理由

移動平均線がサポートラインとなりそこで反発して直近の高値を狙う動きになります。

前の高値で買い

説明

マーケットが前のレジスタンスに戻ったら買いの良いチャンスです。

理由

前の高値(レジスタンス)で売ったトレーダーは前の高値に戻ると含み損がなくなりホッとして買い戻します。買い勢力で上がってきた所に買戻しが加わるので前のレジスタンスは買いの良いチャンスになります。

三角持ち合い試し買い

説明

マーケットの安値が切り上がっていくのは強いマーケットを示していて直近の高値に戻る可能性は高いです。

理由

何度も繰り返して高値にタッチすれば、その繰り返しの可能性は高くなります。

高値リトライ買い

説明

高値を更新しながら続く上昇トレンドでは次の高値の前は買いで入る良いチャンスです。

理由

皆の注目する節目の高値は大量の売り買いが交錯するので注意します。

順張り売り

順張り売り

説明

順張り戦略は大きな利益をもたらしますがターゲットに到着するまで辛抱強く待たなくてはいけません。また順張り戦略は大きな利益を得られる回数は少なく、小さな損失の回数が多いことを理解します。

MAクロス2回目売り

説明

移動平均線を割って下降(MAクロス)し、その後移動平均線より上に上昇して再度移動平均線を割って下降(MAクロス2回目)したら売りのサインです。

理由

多くのトレーダーが前のMAクロスにロングポジション(買いポジション)を持っているのでMAクロスを抜けて下がればロングポジションの決済が入ってさらに価格の下落が見込まれるので売りサインとなります。

MAタッチ売り

説明

トレンドに沿った一般的なトレード戦略でトレンドが下向いて移動平均線にタッチ(MAタッチ)したら売ります。

理由

移動平均線の下向きは多くのトレーダーの売り意欲の表れです。

安値手前売り

説明

直近の安値の前で売ります。

理由

直近の安値に近付いたら安値を割って売り勢力が勢いづくのを見越して売ります。

安値割れ売り

説明

直近の安値を割ったら売りに勢いがついたと考え売ります。

理由

直近安値に買いポジションを持っているトレーダーは直近安値を割ったら決済し、売り勢力を更に勢いづかすと考えて売ります。

ニュースの直後売り

説明

悪いニュース発表はマーケットを勢いよく下降させます。

理由

他のトレーダーより早くニュース発表に反応すればそれだけ利益が大きくなります。しかし実際のマーケットで実行するのは難しいです。

ニュースの後で売り

説明

ニュース発表後の急落後にいったん上げてから、再度急落の値を追う動きは売りの良いチャンスです。

理由

ニュース発表を受けてニュースを分析するアルゴリズムが高速トレードで値を大きく下げた後、別のテクニカル分析のアルゴリズムが下がりすぎを修正する高速トレードをします。それからトレーダーがニュースを分析してトレードをしますが、じわじわと下げていけば、それは機械がつけた安値をトレーダーが狙っている売りの良いチャンスです。

ブレークアウト売り

説明

ある期間の安値を超えて下がればそれは更なる下降のサインです。

理由

デートレーダーのチャンスを見つける一般的な方法です。

MAタッチ安値狙い

説明

下降トレンドでマーケットが一旦上がって移動平均線にタッチしたら、そこから反転して直近の安値を割って下降するサインです。

理由

移動平均線がレジスタンスとなりそこで反発して直近の安値を狙う動きになります。

前の安値で売り

説明

マーケットが前のサポートに戻ったら売りの良いチャンスです。

理由

前の安値(サポート)で買ったトレーダーは前の安値に戻ると含み損がなくなりホッとして決済します。売り勢力で下がってきた所に決済が加わるので前のサポートは売りの良いチャンスになります。

三角持ち合い試し売り

説明

マーケットの高値が切り下がっていくのは強いマーケットを示していて直近の安値に戻る可能性は高いです。

理由

何度も繰り返して安値にタッチすれば、その繰り返しの可能性は高くなります。

安値リトライ売り

説明

安値を更新しながら続く下降トレンドでは次の安値の前は売りで入る良いチャンスです。

理由

皆の注目する節目の安値は大量の売り買いが交錯するので注意します。

逆張り買い

逆張り買い

説明

トレンドに逆らう逆張りは危険ですが損失をうまくコントロールできれば利益を出せる戦略です。一般に逆張り戦略のポジション保有時間は順張り戦略より短くなります。逆張り戦略は含み損が始まると急激に損が膨らむのでイグジットを素早くします。

MAクロス買い

説明

移動平均線を下から上に突き上げれば直近の下降トレンドの終わりを告げるサインです。

理由

移動平均線はほとんどのトレーダーが使っており移動平均線を下から上にクロスする動きは下降トレンドが反転して上昇に転じる買いのサインとなります。

MAギャップ買い

説明

マーケットが移動平均線から大きく乖離して下げたら反転を狙った逆張りの買いのサインです。

理由

マーケットには売り手と買い手がいます。マーケットが移動平均線より大きく乖離して下げたら移動平均線への反転を狙った買いが入ります。その移動平均線への反転を狙った買い勢力の動きを見越して逆張りの買いを入れます。

安値で買い

説明

直近の安値での買いを入れるのはトレーダーに最も一般的な逆張りの買い戦略です。

理由

上昇トレンドで直近の安値に下がったら戻りを期待した逆張り買いの良いサインです。

安値の後買い

説明

安値は多くの買い手に強い逆張りの買いサインとなります。

理由

サポート以下に売り込んだトレーダーはマーケットが逆転すると慌てて買戻すのでマーケットを押し上げる買い手に変わり買い勢力の勢いが増します。

ボリンジャー買い

説明

マーケットが偏差値で株の動きを示すボリンジャーバンドを下回ってから反転して上げに転じたら逆張りの買いのサインです。

理由

ボリンジャーバンドはマーケットがバンド以内に入いる確率を標準偏差で表しているのでバンドより外に動けば、それは普通でない状況と考えます。普通でない状況は移動平均線に戻ろうとして反転します。

ニュースギャップ買い

説明

ニュースの発表は短時間でマーケットを大きく上昇させます。

理由

ニュースの発表はマーケットにパニックを引き起こすのでトレーダーが短時間で儲けるチャンスになります。

短長MAクロス買い

説明

短期移動平均線が下降から上昇に転じて 長期移動平均線を突き破ったら逆張りの買いのサインです。

理由

ゴールデンクロスと呼ばれるトレーダーに最も有名な買いシグナルの一つです。

ブレーク騙し買い

説明

マーケットがある時間帯の安値を突き破って下落してから安値以上に反転して戻ったら騙しのブレークで逆張りの買いのチャンスです。

理由

トレーダーには安値以下に売り込んですぐにそのポジションを買い戻すことがあり、その買戻しでマーケットは上がります。

ギャップ騙し買い

説明

移動平均線から大きく乖離して下げたら逆張りの買いのチャンスです。

理由

マーケットが移動平均線から大きく乖離すると反転を狙ったトレードが多く入ります。

MACDクロス買い

説明

MACDがシグナルを下から上に突き破ると買いのサインです。

理由

MACDがシグナルを下から上に突き破るのをゴールデンクロスといい、多くのトレーダーの買いのサインになるのでマーケットは上昇します。

RSIの30買い

説明

RSIが30以下は売られ過ぎの状態を示します。RSIが30以下になって30以上に戻れば反転した逆張りのサインになります。

理由

RSIを使うトレーダーもかなりいるので逆張りサインに使うのは有効です。

逆張り売り

逆張り売り

説明

トレンドに逆らう逆張りは危険ですが損失をうまくコントロールできれば利益を出せる戦略です。一般に逆張り戦略のポジション保有時間は順張り戦略より短くなります。逆張り戦略は含み損が始まると急激に損が膨らむのでイグジットを素早くします。

MAクロス売り

説明

移動平均線を上から下に突き抜ければ直近の上昇トレンドの終わりを告げるサインです。

理由

移動平均線はほとんどのトレーダーが使っており移動平均線を上から下にクロスする動きは上昇トレンドが反転して下降に転じる売りのサインとなります。

MAギャップ売り

説明

マーケットが移動平均線から大きく乖離して上げたら反転を狙った逆張りの売りのサインです。

理由

マーケットには売り手と買い手がいます。マーケットが移動平均線より大きく乖離して上げたら移動平均線への反転を狙った売りが入ります。その移動平均線への反転を狙った売り勢力の動きを見越して逆張りの売りを入れます。

高値で売り

説明

直近の高値での売りを入れるのはトレーダーに最も一般的な逆張りの売り戦略です。

理由

下降トレンドで直近の高値に上がったら戻りを期待した逆張り売りの良いサインです。

高値の後売り

説明

高値は多くの売り手に強い逆張りの売りサインとなります。

理由

レジスタンス以上に買い込んだトレーダーはマーケットが逆転すると慌てて決済するのでマーケットを押し下げる売り手に変わり売り勢力の勢いが増します。

ボリンジャー売り

説明

マーケットが偏差値で株の動きを示すボリンジャーバンドを上回ってから反転して下げに転じたら逆張りの売りのサインです。

理由

ボリンジャーバンドはマーケットがバンド以内に入る確率を標準偏差で表しているのでバンドより外に動けば、それは普通でない状況と考えます。普通でない状況は移動平均線に戻ろうとして反転します。

ニュースギャップ売り

説明

ニュースの発表は短時間でマーケットを大きく下降させます。

理由

ニュースの発表はマーケットにパニックを引き起こすのでトレーダーが短時間で儲けるチャンスになります。

短長MAクロス売り

説明

短期移動平均線が上昇から下降に転じて長期移動平均線を突き抜けたら逆張りの売りのサインです。

理由

デッドクロスと呼ばれるトレーダーに最も有名な売りシグナルの一つです。

ブレーク騙し売り

説明

マーケットがある時間帯の高値を突き破って上昇してから高値以上に反転して戻ったら騙しのブレイクで逆張りの売りのチャンスです。

理由

トレーダーには高値以上に買い込んですぐにそのポジションを決済することがあり、その決済でマーケットは下がります。

ギャップ騙し売り

説明

移動平均線から大きく乖離して上げたら逆張りの売りのチャンスです。

理由

マーケットが移動平均線から大きく乖離すると反転を狙ったトレードが多く入ります。

順張り戦略は大きな利益を生み出してくれる。

MACDクロス売り

説明

MACDがシグナルを上から下に突き抜けると売りのサインです。

理由

MACDがシグナルを上から下に突き抜けるのをデッドクロスといい、多くのトレーダーの売りのサインになるのでマーケットは下降します。

RSIの70売り

説明

RSIが70以上は買われ過ぎの状態を示します。RSIが70以上になって70以下に戻れば反転した逆張りのサインになります。

理由

RSIを使うトレーダーもかなりいるので逆張りサインに使うのは有効です。

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示