FXは24時間稼働しているマーケットのため、多くのトレーダーは24時間トレードチャンスがあると考えています。しかし、マーケットを1日24時間監視することはできないため、ドル円が活発になる時間を知ることはトレードに最適な時間を理解することに繋がります。

こちらはドル円のさまざまな時間を分析したものです。時間毎にそれぞれ異なった癖があります。つまりデイトレードをする際、時間帯によって戦略を変えていく必要があります。

ドル円の時間帯【傾向1:東京プレオープン6:00〜9:00】

傾向1:東京プレオープン6:00〜9:00 このセッションはニュースがあったり、サポートやレジスタンス、ストップのブレイクを引き金にときどき大きく動きくことがあります。時には(たとえば1週間に1回など)いいトレードチャンスを提示することがあります。しかし、時折ボラティリティが非常に高くなることもあり、リスク管理計画に従うことがとても重要になります。ターゲットは大きく、ストップは小さく設定します。

ドル円の時間帯【傾向2:東京オープン9:00〜10:30 】

傾向2:東京オープン9:00〜10:30 通常最もトレードチャンスが生まれ、また日中帯の時間では最も不安定な時間帯でもあります。9:00を過ぎると、オープンと同じ方向にトレンドフォローのトレードチャンスが発生する可能性があります。10:00以降はオープン時のポジションが決済されるため、逆張りトレードのチャンスとなります。

ドル円の時間帯 【傾向3:東京の日中からクローズ10:30〜15:00 】

傾向3:東京の日中からクロース10:30〜15:00 通常、トレードチャンスはなく、マーケットも静かでレンジになっていることがほとんどです。この時間帯はボラティリティがないのでトレードには向いていません。
しかし、時に中央銀行総裁や首相の発言などがあり、マーケットが動くきっかけとなることもあります。この値動きも夜のニューヨーク時間と比べるとそんなに動かない傾向にありますので、無理にトレードを行わなくても大丈夫です。

ドル円の時間帯 【傾向4:ロンドンオープン15:00~18:00 】

傾向4:ロンドンオープン15:00~18:00 この時間のFX市場はヨーロッパと英国の通貨市場のトレードに焦点を当てていますが、ヨーロッパのトレーダーにもドル円は人気のマーケットであるため、トレードチャンスが生まれます。しかし最近のドル円は静かなため、毎日ロンドンオープンにトレードチャンスがあるとは限りません。

ドル円の時間帯 【傾向5:ロンドンの日中18:00~21:00 】

傾向5:ロンドンの日中18:00~21:00 マーケットは米国トレーダーが参入してくるのを待って静かになるので、通常この時間帯のマーケットにはほとんどトレンドは生まれず狭いレンジで取引されます。このセッション中はドル円のトレードを避け、ニューヨーク市場のオープンを待つのが得策です。

ドル円の時間帯【傾向6:ニューヨークオープン21:00~23:00 】

傾向6:ニューヨークオープン21:00~23:00 通常、米国の経済発表は最もマーケットに影響を与え不安定となるため、いいトレードチャンスをもたらします。反対に非常に大きな損失につながる可能性もあるため、経済発表を理解し、明確な戦略を立てることが重要です。

ドル円の時間帯 【傾向7:ニューヨーク市場とロンドン市場のクローズ23:00〜翌6:00】

傾向7:ニューヨーク市場とロンドン市場のクローズ23:00〜翌6:00 通常、米国の株式市場が上昇するとドル円は上昇し、マーケットは米国の株式市場をきっかけにトレンドを発生させます。このセッションは日本人トレーダーにとって危険で注意が必要な時間帯です。この時間帯は深夜であったりトレード疲れやリベンジトレード、含み損を抱えてる可能性があるためです。オーバートレードとなる前に、いつトレードを終了するか決めておくことは大切です。

ドル円トレードの最適な時間

東京オープンはドル円マーケットが一番活発であり、強いトレンドが発生する可能性があるため、トレードするのに最適な時間です。

東京オープンは最も不安定な時間でもありますが、毎日大きな値動きを保証するものでもありません。マーケットが静かな場合はトレードせず、ロンドンオープンか翌日まで待ってトレードするのが最善です。

ドル円トレードに適さない時間

ドル円トレードに最も適さない時間は日中からクローズまでのセッションです。この時間帯のボラティリティはとても少なくヨーロッパオープンまで待つ方がはるかに良いでしょう。

東京プレオープンのトレードもまた、大きな損失につながる可能性があります。マーケットが東京オープン時に大きな値動きと急な反転にあった場合、ポジションを閉じるのが難しくなってしまうためです。
ポジションを建てたら、ストップロスを設定し、そのストップロスに必ず従い大きな損失に繋がらないようにしましょう。

何時間トレードしたらいい?

アドバス 1日中さまざまな時間にトレードする必要はありません。毎日ひとつふたつの異なる時間帯にトレードをして、その時間帯の専門になる方が賢明です。ドル円は時間帯によってそれぞれ異なる動き方をするので1日を通してその都度戦略を変更していくことは困難です。 1日の内、ひとつふたつ異なる時間帯にのみトレードすることは、新鮮な気持ちを持ちながら集中してパフォーマンスを向上させることができます。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示