この記事では、スキャルピングを行う際に、5分足を使用する理由を説明します。5分足を読む能力を向上させると、トレーディングの成績がより一貫性を持ち、高収益となります。

この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • 過剰トレードを止める
  • トレードのタイミングを改善する
  • より一貫した利益を上げる

5分足スキャルピングとは?

5分足スキャルピングは、非常に短期のトレード機会を見つける為に5分足チャートを使用しています。通常5分足スキャルピングトレードのポジション保有時間は5分~10分であり、10分以上ポジションを保有している場合、エントリーのタイミングが悪かった事を意味します。

理由1

ストレスの軽減

5分足スキャルピングトレードは、通常5分以内に終了するので、スイングトレードを行う時のような、長期ポジションを保有するストレスはありません。ストレスが少ないと、トレーダーの精神状態が改善され、負けトレードの損切りが簡単にできるようになります。

理由2

トレード回数の減少

5分足スキャルピングは、1分足スキャルピングと比較して、利益を上げるために必要なトレード回数が少なくてすみます。5分足スキャルピングの通常の目標は5~10PIPSで、1分足スキャルピングは通常2~5PIPSの目標です。ターゲットがより大きい為、5分足スキャルピングの場合、トレーダーは1分足を使用するトレーダーと比較して同じ量のトレードを行う必要はありません。トレードの回数が少なくなると、トレーダーはルールに従う事が容易になります。
理由3

ダマシが少なくなる

1分足を使用する場合、マーケットが非常に高ボラティリティでない限り、ダマシのトレードサインの可能性が高くなります。5分足を使用する場合、多くのトレード機会がありますが、ダマシのトレードサインの可能性は少ない為、良い長さのローソク足です。ダマシのトレードサインを少なくすると、トレード成績が向上し、ストレスが軽減されます。

私のお気に入りの5分足スキャルピングインジケーターは、10期間の単純移動平均線です。異動平均線を使用すると、トレンドとレンジの両方のトレードマーケットで定期的にトレードの機会を見つける事ができます。

以下は、私が使用する8つのグランビルの移動平均線パターンのリストです。

5分足スキャルピングインジケーターではプライスアクションも重要です。従って、上記の移動平均線パターンを使用する場合、陽線の時だけ買い、陰線の時だけ売る、という簡単なルールを用いています。

マーケットの時間パターンを理解する事は、トレンドまたはレンジ相場、どちらのトレード機会を探すべきかを理解するのに役立ちます。マーケットパターンを見つけるのに役立つ為、私は1日の同じ時間にトレードを行う事をお勧めします。例えば、ロンドンマーケットでは通常、午前8時から最初の1時間はマーケットが大きく動き、午前9時を過ぎると反転します。

サポートとレジスタンストレードの機会を理解する事も、5分足スキャルピングトレードのパフォーマンスに役立ちます。多くのトレーダーがレンジ相場のサポートで買い、レジスタンスで売り、またはレジスタンスを上回ったら買い、サポートを下回ったら売り、と考えていますが、私はその他のトレード機会も探しています。

以下のパターンは、収益性の高いエントリーポイントを生み出す事が出来るため、5分足スキャルピング時に使用する事を検討するべきです。サポート、レジスタンスの手前でトレードする事で、エントリーのタイミングが改善され、マーケットが最初にサポート、あるいはレジスタンスにタッチした最初のトレードを簡単にする事ができます。

5分足スキャルピングを行う際の私の単純なルールは、5PIPSのストップから始めて、マーケットのボラティリティが通常よりも高い場合は少し調整します。マーケットが静かな時間帯では3PIPSのストップで十分ですが、ボラティリティが高い場合は10PIPSのストップが必要です。

最初はターゲットを設定するときにストップの2倍を目指します。トレードが利益になり、最初のストップと同じ額のPIPSの含み益となり、より多くの利益を得る事ができない兆候を示した場合、私は決済します。

5分足スキャルピングの際にトレーリングストップを使用する事は、利益の出ているトレードが損失に転じるのを防ぐために重要です。もし私のトレードが3PIPSの含み益となった場合、私はストップを損益トントンの位置に移動します。

5分足スキャルピングの最も重要なリスク管理ルールは、1日の損失上限ルールと、1日のトレード回数上限ルールを持つ事です。私は1日の損失上限は10PIPS、1日のトレード回数の上限は3回をお勧めします。トレーディングスキルが向上すると、1日で3回以上のトレードが可能になり、1日の損失上限が大きくなります。最初は、疲れて間違いを犯したりしないように、トレード回数を少なくする方が良いでしょう。お金を稼ぎ始める時は、最初に利益を改善するために、1日3回トレードを行い、トレードサイズを増やします。

ヒント 5分足スキャルピングは、利益を上げるためにトレーダーが優れたメンタルコントロールのスキルを持っていることを必要とします。5分足スキャルピングは迅速な決断を必要とするので、トレード中に落ち着いていないとミスをする可能性があります。

トレードを始める前に、時間をかけてリラックスしてトレードに集中することをお勧めします。どのようなトレードをしようとしているのかについて明確なアイデアを持って下さい。そうする事で、機会が訪れた時に準備ができているでしょう。良い計画を立てることで、ストレスが減り、トレード中にリラックスできます。

トレードが終了したら、トレードのストレスをどのように処理したかを分析する必要があります。自問するのに役立つ質問はありますか?

  • 常に冷静でしたか?
  • トレードルールに従う事はできましたか?
  • 何かに怒りを感じましたか?

  • メンタルコントロールの問題がパフォーマンスの低下の原因になっていることを理解したら、問題の修正に集中できます。新しいトレーディングルーチンには数週間の練習が必要ですが、トレーディング時に精神的に強くなる事ができます。

    5分足スキャルピングで利益を上げるには、通貨ペアを慎重に選択する必要があります。5分足スキャルピングで利益を上げるには、高いボラティリティと狭いスプレッドが必要です。私がおすすめする5分足スキャルピング通貨ペアは、ボラティリティが高く、スプレッドが狭いため、GBPJPY、EURJPY、GBPUSDです。ロンドン市場とニューヨーク市場でこれら通貨ペアをトレードするのが最善です。

    USDJPYは多くの日本のトレーダーに人気がありますが、通常の状況では、USDJPYのボラティリティが低いため、5分足スキャルピングは難しい場合があります。USDJPYのボラティリティが高い場合、5分足スキャルピングは可能ですが、毎日ではありません。

    5分足スキャルピングは、収益性があり、楽しいトレード方法です。マーケットの動きは速い為、最初は難しく感じるかもしれません。従って、戦略を構築し、練習をする必要があります。様々な時間帯とマーケットでトレードを試み、成績を確認して、あなたの性格とライフスタイルに最も合ったものを見つけてください。トレードの最も重要な部分はストップロスに従う事である、という事を常に覚えておいてください。

    記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

    FXブログ

    最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

    ご登録ありがとうございます!

    【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

    プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示