FXトレードのエントリーポイントを改善する事は長期間に渡り、トレード成績に大きな違いをもたらします。FXエントリーポイントを少し変える事で、トレードの勝率とリスクリワードレシオの改善に繋がります。

この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • 勝ちトレードからより多くの利益を獲得する
  • より低リスクのエントリーポイントを見つける
  • トレード戦略への自信が増す

FXエントリーポイントタイミングの重要性

トレードでお金を生み出すために、他のトレーダーもマーケットについて同じ意見を持つ必要があります。他のトレーダーが買いたいと思うよりも前に、あまりにも早く買いエントリーしてしまうと損失となってしまいます。反対に、他の多くのトレーダーが既に買った後、あまりにも遅れて買いエントリーをしてしまっても、既に含み益を上げているトレーダーの利益確定の売り決済に巻き込まれ、損失となってしまいます。

トレードでお金を生み出すためには、マーケット予測よりもFXエントリータイミングを合わせる方が重要です。例えマーケットを予測したとしても、FXエントリータイミングが良くなければ資金を失います。トレードでお金を生み出すためにも、将来のマーケット予測に焦点を当てるのではなく、FXエントリータイミングの改善に焦点を当てていきます。

FXトレードタイミングを改善する事で、トレードがターゲットにヒットしやすくなります。また、FXエントリータイミングが改善すると、ストップロスを小さくする事ができるようになり、リスクリワードレシオが改善され、お金を稼ぎやすくなります。

エントリーポイントタイミングヒント

ヒント1

シンプルな戦略を持つ

使用するインジケーターを一つに絞る事で、エントリータイミングが改善されます。シンプルな戦略を持つ事は、エントリー時の間違いに気付き易い状況を作り出します。

おすすめは、パラメーターを10に設定した単純移動平均線(SMA)を使用しながら、グランビルのエントリールールでエントリーする事です。

ヒント2

マーケットについていく

マーケットをフォローする簡単なルールは、陽線で買い、陰線で売る事です。プロトレーダー通常、エントリーする際、ローソク足が確定するまで待つ事はありません。これにより、トレードのタイミングを改善する事ができます。開始直後に陽線を見せたローソク足がその後陰線となり、結果損失になる事もありますが、この時の損失は小さなものになるはずです。

エントリーチャンスを見つけたらすぐにエントリーする事が、FXエントリーポイントのタイミングを改善する最良の方法です。このように瞬時に判断を下せるようになることもトレーダーとして、とても重要です。これにはより多くのトレード経験が必要です。良いトレード経験も悪いトレード経験も含め、様々なマーケット状況下でのトレード経験が必要です。

ヒント3

専門家になる

1つ、または2つのマーケットと戦略でトレードする事で、トレードから多くのお金を稼ぐ事ができます。成功したトレーダーは、どういったトレードがお金を生み出すのかを正確に把握しており、最適なFXエントリータイミングで迅速にエントリーする事ができます。

ヒント4

自信を持つ

トレード戦略に自信を持っていると、ルールに従って迅速にエントリーする事ができるようになります。戦略を何度もテストをして改善し、トレードを復習し続ける事で自信を築いていきます。毎日お金を稼げる戦略は存在しない事を受け入れ、時間をかけて結果を判断する事が重要です。

ヒント5

リスクリワードレシオに焦点を当てる

収益性の高いトレードは、高い勝率を得ることだけでなく、リスクリワードレシオもできるだけ高くする必要があります。エントリーポイントを調べるときは、必要なストップの大きさと、収益をどれだけ稼ぐことができるかを計算します。ターゲットをストップロスよりも大きく設定した場合、他のトレーダーも同じトレードをしようとしている可能性があり、それは良いエントリーポイントを意味します。

ヒント6

損失を受け入れる

多くのトレーダーはお金を失うことを恐れているため、マーケットに集中することができません。どんなトレーダーであっても損失となるトレードはありますが、それはトレードの一部です。良いエントリーポイントを見つけることに集中するためにも、損失を受け入れる必要があります。ストレスレベルが下がると、プレッシャーのもとでも、より迅速に意思決定を行えるようになり、エントリーポイントを改善できるようになります。

ヒント7

事前に計画する

適切なタイミングでエントリーするには、十分な準備が必要です。適切なタイミングでトレードができるように、待っているチャンスを正確に知る必要があります。トレード前にエントリーポイントルールを書き留めておくと、トレードのパフォーマンスに大きな違いが生まれます。

ヒント8

遅いより早いほうがいい

損失を怖れてエントリーが遅くなってしまうことは大きな問題です。エントリーが遅すぎると、ターゲットにヒットするのが難しくなります。チャンスを見つけたら直ぐエントリーし、小さなストップを置きます。仮に小さなストップがヒットした場合でも、損失は小さく限られているため、再びいつでもトレードすることができ、次のトレードで利益を上げる機会を得ることが出来る可能性が広がります。

悪いFXエントリーポイントタイミングの例

例1 移動平均線から大きなギャップがあると思っていたとしても、逆張り買いエントリーが早すぎてしまいました。買いエントリーは、マーケットが陰線を示していた時に行われました。マーケットの下落が止まり、陽線が表示されるまで買いエントリーを待つ必要があります。
例2 トレーダーはマーケットがサポートを下回った時に売りましたが、ここは移動平均線から大きなギャップがあり、既に売られ過ぎの状態でした。マーケットとサポートのギャップが小さい内に、サポートのブレイク前にエントリーする必要がありました。
例3 マーケットが静かで横ばいの為、トレード機会はありませんでした。トレンドがなかったため、マーケットが移動平均線に戻ったタイミングでの買いエントリーは損失をもたらしました。
例4 トレーダーは陰線で正しく売りましたが、移動平均線からのギャップが直近の値動きと比べて小さすぎました。
例5 エントリーが早すぎました。マーケットが移動平均線を上抜いた時が、買いエントリーのチャンスです。下降トレンドの移動平均線ブレイク前に買うことは危険です。
例6 マーケットは既に安値から大幅に上昇しているため、このエントリーポイントは遅すぎます。移動平均線から大きなギャップがあるところで、トレンドとは逆方向にトレードする場合、マーケットが反転し始めたらすぐにエントリーするべきです。
例7 マーケットは下降トレンドですが、売りエントリーを行うには陰線を待つ必要があります。

良いFXエントリーポイントタイミングの例

例1 トレーダーは、 マーケットの上昇が止まるまで我慢し、5分足チャートが陰線を示した時に素早く売りエントリーをしました。
例2 マーケットが移動平均線に戻り、陰線を形成したタイミングで売り、下降トレンドに従いました。
例3 マーケットが移動平均線を上抜いた時、下降トレンドが終わったと見て、トレーダーは素早くエントリーしました。
例4 マーケットが移動平均線を2回目に上回った時、トレーダーは上昇トレンドに従って正しく素早く買いエントリーしました。

FXエントリーポイントがない時はどうすればいいのか?

トレーダーにとって最大の問題の1つは、適切なFXエントリーポイントに対する忍耐力です。あまりにも早くマーケットにエントリーして損失をもたらすことは非常に苛立たしいことです。

FXエントリーポイントが分からない場合は、エントリーしないでください。なかなかエントリー出来ず、エントリーの我慢ができなくなってきた時は、誤ったトレード判断を避けるため、一度マーケットを見るのをやめるのが最善です。

FXで利益を上げるためにたくさんトレードする必要はありません。トレード開始前に決定したFXエントリーポイントまで我慢してください。トレードチャンスがない場合、通常は損失が発生するため、トレード戦略を変更しないでください。こういった時に変更したトレード戦略は利益をもたらす可能性は低いものです。

FXは毎日トレードチャンスが訪れる訳ではない事を理解しましょう。

アドバイス

FXエントリーポイントのタイミングが良い事は、トレードを成功させるための最も重要な要素の一つです。シンプルなトレードシステムの専門家になる事に焦点を当てる事で、あなたのトレード成績は時間と共に改善するでしょう。チャートにエントリーポイントと決済ポイントを保存し、定期的にそれらを確認する事でエントリーポイントが改善され、安定した成績にも繋がります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示