FXニューヨーク時間とは?

FXニューヨーク時間は、ニューヨークと東京の時差により、多くの日本人がトレードに取り組みやすい時間になるため人気です。FXニューヨーク時間におけるFXマーケットの特徴を見ていきましょう。そして、ここから収益性の高いトレードチャンスを見つけ出していきましょう。

ニューヨーク市場の時間

ニューヨークのトレーダーは通常、ニューヨークの8:00頃(夏の東京時間21:00、冬の東京時間22:00)から積極的にトレードを開始します。 ニューヨークのトレーダーがマーケットに参入するこの時間、ロンドン市場もまだ活発ですが、ニューヨークトレーダーはマーケットに大きな影響を与えます。

ニューヨーク時間の経済指標発表

FXニューヨーク時間の中で最も重要な時間は、米国の経済指標が発表されるときです。米国経済は世界最大であるため他の経済へ大きな影響を与えます。米国の経済指標発表はマーケットに大きな価格変動をもたらす可能性があるのです。

米国のほとんどの経済指標発表はニューヨーク時間の8:30ですが、その他の時間にも経済指標発表があるため、トレードを開始する前は、常に経済指標発表カレンダーを確認することをおすすめします。

経済指標発表時のトレードは素早く大きな利益を得る機会となりますが、反対に大きな損失となる可能性もあるためリスクが非常に高まります。こちらに経済指標発表トレードに使用できる主な戦略を3つ挙げます。

ニュースや経済指標発表を利用した3つのトレード戦略

発表内容をフォローしたエントリー この戦略は発表内容に素早く反応しトレードします。例えば、雇用者数150,000人に対して結果が175,000人と発表されたら、トレーダーはすぐにドル円を買う動きをとります。
発表内容に逆らうエントリー マーケットの動きが過度に反応するという考えのもと、発表結果に反したトレードを行います。例えば、数値が予想よりも良く、マーケットがあまりにも上がった場合に売りを仕掛けます。
発表後の初動を確認してからエントリー 発表が予想を上回っていても、マーケットが動きすぎるとエントリーするのが難しいものです。発表後の大きな初動の動きを確認してマーケットが少し落ち着いてからエントリーをします。

これら3つの戦略すべてを試す必要はありません。この中の戦略1つだけを使用して熟練していくと大きな利益が得られます。

どの経済指標発表に焦点を当てるのかは、経済指標発表それぞれの重要性を理解することです。インターネット上にある経済指標発表カレンダーは指標毎に重要度が明記されていますので、最も重要な経済発表に焦点を当てることができます。

また経済指標発表のときは、過去の同じ経済指標発表時のマーケットがどう動いていたのかを確認することは有益です。プロトレーダーは経済指標が発表された過去の値動きを記録しています。

ニューヨーク株式市場時間

米国の株式市場は世界最大であり、すべての金融市場に大きな影響を与えています。ニューヨーク株式市場時間は、ニューヨーク時間の9:30~16:00(夏の東京時間22:30~翌5:00、冬の東京時間23:30~翌6:00)です。

2021年ニューヨーク市場の冬時間

2020年ニューヨーク市場の冬時間は、2020年11月2日から2021年3月13日までです。東京はニューヨークより14時間先に進んでいて、米国経済指標発表は東京時間の22:30に発表されます。

2021年 ニューヨーク市場の夏時間

2021年ニューヨーク市場の夏時間は、2021年3月14日から2021年11月7日までです。東京はニューヨークより13時間先に進んでいて、米国経済指標発表は東京時間の21:30に発表されます。

FXニューヨーク時間 難しい

誤ったトレードをしている場合、ニューヨーク時間にFXトレードで利益を上げようとすることは困難です。多くの初心者トレーダーは、大きな損失につながる経済指標発表でのトレードを経験の少ない状態で行おうとします。初心者がトレードを始めるとき、米国の経済指標発表の時間を避けることが最善です。トレード経験を積み重ねてから、米国の経済指標発表でのトレードを学んでも遅くはありません。

ニューヨーク時間にトレードが困難になるもう1つの理由は、その時間、東京は深夜となり一日の疲れからミスを犯すリスクが発生します。ストップロスを拡大し含み損のまま我慢している状態は大きな損失につながる可能性があります。トレードを始める前にストップロス決定し拡大させないことが重要です。

適切なトレード戦略があればニューヨーク時間にFXトレードで利益を上げるのは難しくありません。マーケットのボラティリティは高く、高いレベルのトレードスキルを持っているトレーダーには良いトレードチャンスが多くあります。

なぜ連邦準備制度 (FED) が重要なのか ?

FED とは何か? 連邦準備制度(FED)は、米国の中央銀行システムです。FED は 1913 年に創設され、連邦準備制度が制定されました。金融政策の実施、銀行制度の監督と規制、金融システムの安定性の維持、預金機関、米国政府、外国の公的機関への金融サービスの提供がその任務です。
フェデラル・ファンド金利がなぜ重要か? フェデラル・ファンド金利は銀行間の翌日物貸付に適用される金利で、金融部門における短期貸付のベースとなります。将来の金利動向の予測と相まって、住宅や自動車を買うために貸し付けている金額、住宅ローンに支払っている金額、銀行が預金を支払っている金額に影響を及ぼすような長期金利にも影響します。それはまた、外国企業や政府の借り入れにも大きな影響を与えます。
金利の決定方法 政府の経済担当が物価の安定と流動性を確保するための政策を策定します。この方針は、国内経済の資金供給が大きすぎない(価格が上昇する)、小さすぎない(価格が下がる)ように定期的にチェックされます。米国金利は連邦公開市場委員会(以下FOMC)によって決定され、FOMC は連邦準備制度理事会の理事 7 名の各地域の連邦準備銀行総裁 5 名から構成されています。 FOMC は金融政策や金利の短期的な方向性を決定するため、年に 8 回開催されます。
FOMC 議事録とは? (FOMC)議事録は、公開される約 3 週間前に開催された FOMCの議事録の要旨のことです。この議事録は金融政策に関するFOMCの立場に関する詳細な洞察を提供するので、通貨トレーダーは将来の金利決定の結果に関する手がかりをこの議事録から慎重に検討します。
なぜ FED が重要なのか? 米国は世界最大の経済国であり、世界に大きな影響を与えています。米国の金利が変わるかどうかは、世界に大きな影響を与えます。金利の低下は潜在的に経済成長を刺激し、世界経済の成長を手助けし、金利の上昇は潜在的に成長を鈍化させる作用があります。米国金利の予期せぬ変更や、FED 理事会のメンバーが将来の金利動向についてコメントする際、すべての金融マーケットでは大きな動きをみせます。
FOMC 金利発表時のトレード方法 FOMC 金利発表前にポジションを保持することは、もしもあなたが正しい場合には非常に有益なのですが、いつでもストップオーダーを確実に執行できるようにしておく必要があります。ストップオーダーの価格に達しても、金利発表時はマーケットが非常に迅速に動いているため、不利な価格で執行されることがあります。 FOMC 金利発表を予測することは非常に難しいので、ほとんどの短期トレーダーにとっては、発表前にポジションがないことが最善でしょう。

マーケットは、金利発表または FOMC 議長やメンバーのコメントに対して非常に迅速に動くので、発表後すぐにトレードすることは非常に危険です。マーケットのボラティリティが低下し安全にトレードできるようになるまで待つのがベターですが、発表内容によってはマーケットが落ち着くまで 5 分以上かかることもあります。

FOMC 金利発表を利用したトレードで稼げるようになるには、ニュースを綿密に追跡し、過去の金利発表時の反応などを研究して戦略を立てることが重要です。マーケットには多くの機会がありますので、無理に FOMC 発表時にトレードする必要はありません。 FOMC 発表時にトレードする場合は、戦略を立案し、リスク管理計画に従うなど十分に注意してください。

ニューヨークセッションを理解する

市場をさまざまなセッションに分割すると、マーケットがどのように、なぜ動くのかを理解できるようになります。さまざまなセッションの知識を向上させ、成功するトレード戦略を構築します。

ニューヨーク市場オープン 個人トレーダーは、FXよりも株式市場のトレードに重点を置いているため、FXには株式市場のような公式なニューヨーク市場のオープンはありません。FXを扱う銀行トレーダーの多くはロンドンにいますが、米国にはマーケットに影響を与える可能性のある大規模なヘッジファンドがあります。

米国の大手トレーダーのほとんどは、ニューヨーク時間の7:30頃(東京夏時間20:30、東京冬時間21:30)からトレードチャンスを探し始めます。米国のトレーダーは、前日のトレードが終了したときから現在のマーケットまでどのように動いたかを分析し、今日のトレードを決定します。

時間毎のマーケットパターンを分析することで、ニューヨーク市場が今までのマーケットに従うか、もしくは動きを反転させるかを理解できるようになります。各FX通貨ペアには異なるパターンがあり、1~2個に絞ったマーケットに焦点を当ててトレードすることは、そのマーケットのパターンをより深く理解し、専門性が得られるようになり、トレードに役立ちます。

ニューヨークの経済発表 セッションの中で最も重要な時間は経済発表です。経済発表が予想と比較してどのようになるのか、世界中のトレーダーが注目しています。

経済発表は、大きな利益もしくは大きな損失をもたらす可能性があるため、トレードを成功させるためには十分考え抜かれた戦略を立てる必要があります。

経済発表トレードの主要な3つの戦略

戦略1 初動に従う

戦略1 多くのコンピューターが経済発表でトレードしマーケットを非常に不安定にしているため、この戦略は難しい場合があります。ボラティリティが大幅に増加した場合、何pipsのストップとターゲットを使うべきかを判断することは難しく、経験が必要です。

戦略2 初動の反転を利用したトレード

戦略2 マーケットは経済発表に過剰反応する可能性があり、逆張り戦略は瞬時に利益をもたらします。経済発表に続く逆張り戦略でトレードする場合、マーケットが大きく動く可能性があるため、小さなストップロス注文が必要です。また、過剰なトレードを避け、連敗による膨らむ損失を回避します。

戦略3トレンドフォロー

戦略3 経済発表による初期のボラティリティが落ち着いた後のトレンドフォローは非常に有益です。しかしこのトレード戦略は、マーケットがボラティリティを失った状態になるため、成功するには忍耐が必要です。
ニューヨークの正午 通常このセッションではFX関連ニュースはほとんどなく、米国株式市場が注目され、FX市場は方向性を模索します。重要な経済発表から続く強いトレンドが残っている場合はトレードできますが、通常のボラティリティはそれほど高くない時間となるため、小さなターゲットと小さなストップが最適です。
ニューヨーク市場クローズ これは1日の中で最も静かな時間で、滅多に良いトレードチャンスはありません。トレード自体も多く行われていないため、価格がサポートを下抜けたり、レジスタンスを上抜けたりすると、取引量が少ないからこそマーケットに与える影響が大きくなり、大きな値動きが生じる可能性があります。熟練し忍耐強いトレーダーの場合、有益なトレードを見つけることもできますが、通常このセッションでのトレードは避けるのが望ましいでしょう。

ニューヨークの休日にFXトレードを行うべきか?

シンプルに答えはノーです。ニューヨークの休日のニューヨーク時間中にFXトレードをするメリットはありません。東京時間とロンドン時間にFXトレードすることはできますが、ニューヨーク市場休日となる、東京時間21:00以降はFXトレードしないことが最善です。

なぜ?
市場が休日となる場合、その日のマーケットの状態は通常のマーケットと大きく異なります。そのため、通常の戦略で利益を上げることができない可能性があります。

たとえば、価格が移動平均線より20pips高い場合、逆張り戦略で売りトレードをしようとするかもしれません。ニューヨークの休日のマーケットが静かな場合、このようなトレードチャンス自体が生まれない可能性があります。一部のトレーダーは、休日でもトレードできるように戦略を調整しようとしますが、そもそも戦略の調整を練習できる休日も少なく、これは困難となります。

通常、ニューヨークの休日はボラティリティが低く、価格がターゲットに到達するまで時間がかかります。価格がターゲットに到達するまで辛抱強く待ち続けることは大変なことです。マーケットの状況が通常と異なりトレードが難しくなるため、こういう日はトレードをせず、リラックスした方が良いでしょう。また、最近のトレードパフォーマンスの分析とトレードを改善する計画に時間を使うことは最善です。

FXニューヨーク魅了的通貨とは?

スキャルピング、デイトレーディング、スイングトレーディングのいずれのトレードスタイルを使用している場合でも、FXニューヨーク時間のような、常に動きのあるFXマーケットを選択することが重要です。ボラティリティの高いFXマーケットでは、収益性の高いトレード機会を見つけやすくなります。

日本のトレーダーがトレードするのに適した最もアクティブなFXマーケットは、ポンド円、ポンドドル、ユーロ円です。これらのマーケットはボラティリティが高く、定期的に強いトレンドがあります。多くのトレーダーがドル円のトレードに関心を持っていますが、通常、マーケットは静かでトレード機会はほとんどありません。ドル円のトレーダーにとっては、日本時間中にトレードするか、長期トレードをする方が良いです。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示