プロトレーダー

トレード記録の分析方法

トレード記録の分析方法

ニコラス グールド 6月 5, 2020 @ 8:43AM
プロトレーダーはすべてのトレードを分析してパフォーマンスを改善していく方法を持っています。アマチュアトレーダーは口座残高の増減ばかりに気を取られてしまうのに対し、プロトレーダーはその他のさまざまなデータにも注目しています。 プロトレーダーはトレード戦略を改善するためトレード結果を綿密に分析していきます。どのトレードに収益性があるのか​​を深く理解することは、プロトレーダー自身の確信を高め、ストレスも軽減させます。...
プロトレーダーになるために最も難しいこと

プロトレーダーになるために最も難しいこと

ニコラス グールド 3月 4, 2020 @ 12:59PM
プロトレーダーになるために最も難しいことは、損失に対処する方法を学ぶことです。どのようなトレーダーであっても必ず損失を被ります。そして資産を失った時、たいていの人は苦しみ、冷静さを保つことができなくなります。人は何かを失うと苦しむようにできています。 プロトレーダーとなって長期的にお金を稼ぐには、その損失とどう向き合い、どう受け入れていくかを学ぶことがとても大切になってきます。...
プロトレーダーになるためのステップ

プロトレーダーになるためのステップ

ニコラス グールド 2月 20, 2020 @ 6:15PM
目次 プロトレーダーになる 異なるタイプのプロトレーダー プロトレーダーはマーケットをどのように見ているか プロップトレーダーが使用する戦略 プロトレーダーの考え方 プロトレーダーは1日何時間働いていますか プロトレーダーが使用するインディケーターとは? プロトレーダー使用する最も人気のインディケーターは? プロトレーダーによって異なるインディケーターを使用するのはなぜ? プロトレーダーはトレードミスをする? プロトレーダーになる...
プロトレーダー意味

プロトレーダー意味

ニコラス グールド 12月 12, 2019 @ 9:09AM
プロトレーダー意味 プロトレーダーの意味は、主な収入を金融市場の取引から得られている人のことを指しています。プロトレーダーは通常、銀行、ヘッジファンド、プロップファーム、商社などの大手金融機関で雇用されています プロトレーダー収入プロのトレーダーが銀行、ヘッジファンドまたは商社で働いている場合、彼らの収入は給与とボーナスベーシスのパフォーマンスで構成されます。また、プロップファームのトレーダーは、基本給がない代わりに、トレードで得られた利益のうち高い割合(50〜80%)を受け取ります。...
プロトレーダーとは

プロトレーダーとは

ニコラス グールド 12月 12, 2019 @ 9:09AM
プロトレーダーとは プロトレーダーとは金融市場の取引から安定した利益を上げる人です。トレーダーの多くは数週間または数か月間、短期的に利益を上げられますが、プロトレーダーとは数年にわたって利益を上げ続けます。それは、プロトレーダーがリスクをコントロールすることに非常に長けているため、大きな損失を避けることができるのです。...
プロトレーダーとアナリストの違い

プロトレーダーとアナリストの違い

ニコラス グールド 12月 12, 2019 @ 9:09AM
トレーダーとアナリストの違い 様々なマーケットプレイヤーを知ることは、マーケットがどのように、なぜ動くのかを理解するために役立ちます。アナリストはマーケットに関する金融メディアの予測を立てるのが仕事のため、日々情報を駆使し自身の予測をメディアに出し続けています。アナリストの情報はマーケット理解の一助となり、それに従ってトレードをしようとしたくもなりますが、時にはその情報がマーケットの目の前の値動きに対する判断に偏りを出したり、リスクに対応する力を乏しくさせる可能性があります。...
プロトレーダーになるためのfx 戦略の立て方

プロトレーダーになるためのfx 戦略の立て方

ニコラス グールド 1月 28, 2020 @ 9:06AM
目次 fx 戦略とは fx 基本戦略 fx 基本戦略の内容   fx 戦術 1. 一定の型を作ってトレードすれば改善点が見えてくる 2. 徹底したリスク管理が行いやすい 3. トレードすべきでない時を知る 4. メンタルコントロールを高める 5.完璧を求めず確率でみる   fx 戦略を構築する必要がある理由 1. 1つのマーケットの専門家となる 2. 毎日同じ時間帯を選んでトレードする 3. ボラティリティを理解する 4. トレンド相場かレンジ相場か 5. バックテスト 6. 利益目標と損切注文はシンプルに...

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示