ページを選択

機関投資家は個人投資家と違い大きな資金を運用するので、そのトレードがマーケットを動かします。個人投資家の使う一般的なテクニカル分析とは異なるロジックでトレードしてマーケットを動かすので、機関投資家の大口トレードによるマーケットの動きを騙しと呼びます。

一般的なテクニカル分析の手法では、レンジ相場ではサポートで買いレジスタンスで売ります。 トレンド相場ではサポートを下に抜けたら売り、レジスタンスを上に抜けたら買います。 しかし、この一般的なテクニカル分析を用いてトレードすると騙しに会ってトレードが失敗に終わることが多々あります。

以下は、プロのトレーダーがトレードのセットアップ時に使う騙しに気をつける為の確認ポイントです。

確認ポイント1:レジスタンスで価格は押し戻されるか

チェック

移動平均線のチャートが上昇トレンドの時は最初の利食い目標の目安は直近の高値にし、損切りは直近の安値を目安にして移動平均線にタッチする付近でエントリー(新規買い)します。 マーケットがレジスタンスを勢いよくブレイクしたら利食いせずに目標を上げます。もし勢いが弱いと判断したら、その時点で直ちに決済します。

確認の理由

上昇トレンドが騙しによるものかマーケット全体で動いているのかを確認します。大口トレーダーは節目の価格が突破されるか、それとも押し戻されるのかを常にチェックしています。節目を一気に抜ければトレンドが発生したと考えて他の大口トレーダーも勢いに加わり一気に価格を押し上げます。勢いがなければ、その後は上昇と下降のせめぎ合いになります。

確認ポイント2:ブレイクは一過性の騙しかそれともトレンドか

チェック

レジスタンスを上抜けた後、再びレジスタンスに戻ったところで再び反転して上昇するのを確認して買いポジションを建てます。

確認の理由

マーケットがレジスタンスを上抜けて急上昇すると売りポジションを持っているトレーダーは上昇トレンドが続いて含み損が大きくなるのを恐れて手仕舞することを考えます。上昇トレンドから下降に転じて前のレジスタンス辺りに戻ったポイントが手仕舞の目安になります。売りポジションの決済は買いポジションの勢力に上乗せの買いの勢いとなるので一気に下降から上昇に反転します。この時点で前のレジスタンスは新たなサポートに変化します。

確認ポイント3:レジスタンスは突破できるか

チェック

レジスタンスで2度押し戻されていますが、下値が切り上がってきているので3度目でレジスタンスを突破できるか様子を見ます。

確認の理由

プロのトレーダーは、少しずつマーケットを動かしレジスタンスがブレイクされてトレンドが発生しないかを見ています。

確認ポイント4:直近の安値のブレイクは一過性の騙しか

確認の理由

マーケットが移動平均線から大きく乖離したのは大口投資家が大量の売りを行なった結果です。その強い下げをチャンスと見なす別の大口投資家が買いをいれて価格はサポートで反発しました。それを見て下げに賭けている大口投資家が再度大量の売りをいれてマーケットはサポートを下抜けました。それを見て買いに賭けている大口投資家が再度買いをいれて価格は上昇しました。この売と買いが交差する時間経過を受けて移動平均は下がり乖離が縮小してきます。これにより大きな乖離による買いの理由は次第に薄れて行きます。

チェック

マーケットが移動平均線から大きく乖離して下落し、サポートで跳ね返った後、再度売り込まれてサポートを下に抜けてから反発してサポートに戻ったら買いをエントリーします。その後又、売り勢力に押し戻されたらサポートで反発できるか確認します。反発できれば再度買いをエントリーします。

確認ポイント5:大きなトレンドになりそうか

チェック

マーケットが大きなニュースや大口投資家の注文によって、普段よりも大きく動いた後、押し目をつけるポイントを探ります。このポイントは新たなレジスタンスになります。

確認の理由

マーケットが大きく一方向に動くと多くの逆張りトレーダーは手仕舞いをします。逆張りトレーダーの手仕舞はトレンドに沿った投資をする順張りトレーダーへの加勢となりトレンドの勢いは更に加速されます。よってレジスタンスと思われた価格は容易に突破されて更に上昇していきます。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(192ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示