ページを選択

シカゴ日経平均先物はシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)というシカゴの先物取引所で取引される日経平均の先物です。日経平均先物は大阪証券取引所(OSE)とシンガポール証券取引所(SGX)でも取引できますがシカゴ・マーカンタイル取引所の取引時間が一番長いです。

シカゴ日経平均先物とは

  • シカゴ先物市場(CME)でトレードする日経平均先物です。

  • シカゴ先物市場は世界中の大口トレーダーが参加する世界最大で最古の先物取引所でシカゴ日経平均先物には世界中のトレーダー向けにUSドルと円の表示があります。

日経225とは

  • 日経225は日経平均株価とも呼ばれ東証1部に上場する約1700銘柄の株式の内の225銘柄を対象にしています。
  • 日本の代表的な株価指標で日本経済や株式市場のバロメーターとなっている。

CMEとは

  • CMEグループはCME,CBOT(シカゴ商品取引所),NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所),COMEX(ニューヨーク商品取引所)の4つの商品取引所を傘下におく先物・オプションなどのデリバティブ市場を提供する企業グループです。
  • CMEは1972年に金融先物取引が発足した歴史的な取引所で手数料が安く世界最大の取引量を誇るプロトレーダーに人気の取引所です。

先物取引とは

  • 先物取引は価格や数値が変動する指数・商品・有価証券を取引時点での約定値段で売買の当事者が予め定められた期日に受け渡し決済する取引である。
  • 先物取引は取引所で取引されるのですべてのトレーダーは取引板をみながら自分の考えるベストプライスでトレードできる。

2017年7月18日の日経225 チャート

2017年8月23日の日経225値幅分析

シカゴ日経平均先物のトレードをはじめるには

シカゴ日経平均先物のトレードをはじめるには日本又は海外の仲買業者の口座を開設します。日本では海外先物取引の競合があまりないので日本の仲買業者 の手数料はかなり割高になります。海外の仲買業者の手数料は安くなりますが日本語サービスがないので英語を話せないと使い勝手が悪いです。シカゴ日経平均先物をトレードするもう一つの方法はGYM会員になってデモ口座でトレードをはじめることです。トレードが上手になれば会社資金を使ってシカゴ日経平均先物トレードができます。

シカゴ日経平均先物トレードの理由

シカゴ日経平均先物のトレード可能な時間は長いです。取引時間はシカゴ時間で午後5時から翌日午後4時までですが、日本時間では夏時間(3月-11月)は 午前7時から翌日午前6時まで、冬時間(11月-3月)は午前8時から翌朝午前7時までです。シカゴ先物取引所の取引時間は大阪先物取引所やシンガポール先物取引所よりも長いのでトレード機会も多くなります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(192ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示