ページを選択

テクニカル分析とは

テクニカル分析は過去の値動きを分析して将来の値段を予測する手法です。テクニカル分析は多くのトレーダーに人気がありますが、なぜそれが機能するのかを理解することが大事です。 多くのトレーダーがマーケットの入り方と出方のアイデアを探しています。

 

テクニカル分析とは

 

トレード初心者にはテクニカル分析は理解し易く自信を深めてくれます。多くのトレーダーがマーケットの入り方と出方のアイデアを探しています。トレード初心者にはテクニカル分析は理解し易く自信を深めてくれます。 テクニカル分析は沢山のトレーダーがテクニカル分析使っていることで重要性が増します。マーケットは売るトレーダーと買うトレーダーがいることにより値段が動きます。多くのトレーダーが特定のテクニカル分析を信頼してトレードすることで、そのインディケーターは価値あるものになります。同じインディケーターを見て売りが買いより多くなれば値段は下がるし、その逆なら上がります。

インディケーターにはリアルタイムの値段の趨勢がトレーダーの合意として表現されます。例えば多くのトレーダーが日経平均が2万円に到達したら売ろうと思っていればチャートは2万円を超えて上がっていくのは困難になります。 テクニカル分析とは過去の価格データを使って未来の価格動向を予測する手法です。取引量も予測精度向上に使用するトレーダーもいます。

テクニカル分析は長期にトレンドを形成するような影響力の強いニュースが発表された時にも、短期の分析をしてトレードチャンスを見つけることができます。

テクニカル分析の仮説

テクニカル分析は何故機能するのか

テクニカル分析は多くのトレーダーに人気がありますが、なぜそれが機能するのかを理解することが大事です。 テクニカル分析は過去の値動きを分析して将来の値段を予測する手法です。

多くのトレーダーがマーケットの入り方と出方のアイデアを探しています。トレード初心者にはテクニカル分析は理解し易く自信を深めてくれます。多くのトレーダー はお互いのトレードアイデアを話し合っています。

もし多くのトレーダーが同じテクニカル分析のサインを信じたら将来的にも同じように繰り返されるパターン形成の可能性が高まります。 例えばより多くのトレーダーがマーケットが移動平均より上にあがったら買おうと考えていたら売りより買いが勢いを増します。そして買い勢力の注文が価格を押し上げて行きます。

テクニカル分析は長期にトレンドを形成するような影響力の強いニュースが発表された時にも、短期の分析をしてトレードチャンスを見つけることができます。

テクニカル分析の仮説

マーケットは過去から未来へと繰り返すパターンがあり、そのパターンを見つけて売買のシグナルを発見しようとするのがテクニカル分析です。例えば価格が近間の平均より上にあれば下がるより上がる場合が多いです。トレーダーはこのようにマーケットパターンを研究して稼ぎます。マーケットパターンはトレーディングが短期か中期か長期かに拘らず存在するものと考えています。

テクニカル分析を使う人はマーケットは常にニュースや新しい情報を価格に織り込み反映しているのでニュースの真偽を問う必要は無く、ニュースを織り込んだ価格変動にいかに反応するかに集中します。

テクニカル分析の使い方

テクニカル分析はどんなマーケットにも使えます。テクニカル分析には色々なインディケーターを使った沢山の手法がありますが、どれも順張りか逆張りかを示そうとするものです。

順張り

もしマーケットが上げて始まればそれは買いのチャンスです。

例えば下がっていたマーケットが移動平均に戻ってきたら買いのチャンスです。

マーケットが以前の重要な高値を超えたら強い上昇傾向であり買いのチャンスです。

 

逆張り

マーケットがずっと上昇してきたらトレーダーは売りのチャンスを探します。

例えばマーケットが下がったところから一気に上昇してきて移動平均との乖離が大きくなったらそれは更に上昇するよりは下がる兆候なので売りのチャンスを探します。

ボリンジャーバンドを使った場合は下位バンドを下抜けてから戻ってきたらそれは買いのチャンスです。

テクニカル分析 種類

テクニカル分析種類には大きく二つあります。

トレンド系のインディケーター

マーケットの上昇または下落が続く中で先行きも同じ方向性が保たれるか否かを判断するインディケーターです。トレンド系のインディケーター の例として移動平均、ブレークアウトインディケーターそれにMACDがあります。

レンジ系のインディケーター

マーケットの方向がいつ反転するかを判断するインディケーターです。 レンジ系のインディケーター にはボリンジャーバンド、移動平均それにRSIがあります。

 

テクニカル分析 fx

  • FXマーケットではテクニカル分析は非常に人気がありますが、定常的に利益をあげるにはテクニカル分析だけではたりません。マーケットニュースに良く注意を払い現状をトレンド相場かレンジ相場か判断して適切なテクニカル分析を使います。

テクニカル分析 株

  • 株マーケットでは特定のニュースはFXよりも重要です。個別株はニュースで大きく動くのでテクニカル分析に頼るだけでは危険です。

テクニカル分析 先物

  • 先物マーケットは短期に動くのでテクニカル分析を使ってうまく利益をあげることができます。それぞれの先物マーケットはそれぞれが特徴のある動きをするので先物マーケットに合わせて異なる戦略をもつことが大事です。

テクニカル分析の迷信

どんなマーケット状況でも、いつでも儲けることのできる魔法のインディケーターが存在するとのテクニカル分析の迷信があります。でも魔法のインディケーターなどありません。マーケットの現状に合わせてテクニカル分析を調整するしかありません。テクニカル分析を正しく使うにはマーケットニュースでマーケットがなぜ動いているのを理解し、ボラティリティーの大きさを把握する必要があります。

テクニカル分析は無意味

ある人はテクニカル分析は無意味でニュースだけがマーケットの価格を動かしていると言います。確かにニュースで長期に価格は動きますが、テクニカル分析で短期に現れるパターンを見つけて儲ける方法もあります。ニュースが乏しいマーケットでも上げ下げは繰り返され売りや買いのチャンスを提供してくれます。テクニカル分析はこういうマーケットで役に立ちます。もしマーケットが移動平均をクロスして上げたら、沢山の移動平均を見ているトレーダーは売るより買いの注文を入れ結果としてマーケットは上昇します。

テクニカル分析 おすすめ

私のテクニカル分析 おすすめは良く理解しているシンプルな分析手法です。シンプルな分析手法はマーケットの変化に対応して戦略を変更するのも簡単にできます。簡単にテクニカル分析ができれば、その分メンタルコントロールと資金管理に注意を向けることができトレードの成功率もあがります。

テクニカル分析最新

テクニカル分析最新情報では負けトレーダーになる主な敗因はメンタルコントロールとリスク管理の欠如により自分のトレード戦略に沿ったトレードをしていないことにあることが分かってきました。テクニカル分析に強くなることも大事ですが自分の戦略に自信を持って従える経験を積むことも重要です。

テクニカル分析の長所

 

 

理解が簡単

テクニカル分析はルールが明確なので多くのトレーダーに利用され ています。 例えばマーケットが10日移動平均線を抜けて上昇した ら買うといったぐあいです。 チャートを見ればどこで買って、どこ で売れば良いのかトレーディング戦略を明瞭にできます。

エントリーシグナルが明確

テクニカル分析はどこで買って、どこで売れば良いのか 数値ではっきりとわかります。 良いテクニカル分析は繰り返して現 れるマーケットパターンをうまく捉えた比較的簡単なルールで示さ れます。 悪いテクニカル分析は複雑で理解しがたい買いと売りのシ グナルをだします。

多くのマーケットに適用可能

あるマーケットでうまくいった戦略を他のマーケットに試すことも 価格データさえあれば簡単にできます。

うまくいった戦略を他のマ ーケットで試す事はリスク分散の観点からも、儲けるチャンスを拡 げる観点からも大きな利点になります。

素早い実行

ニュースやレポートをじっくりと時間をかけて読んだり見たりしな くてはならないファンダメンタル分析に比べて、テクニカル分析は とても素早く実行できるし、状況によっては自動化もできます。

分析に要する時間が短いので他のマーケットでトレードもできるし、 リスク管理メンタルコントロールにより多くの時間も割けます。

戦略の最適解発掘

テクニカル分析は価格の動きのパターンに焦点をあてるので、過去 データーを使って簡単に戦略の有効性を試すことができます。

また 短時間でテストできるので多くの異なる戦略を試して、どの戦略が 一番チャンスをくれるのかを探し出す事もできます。
そしてパラメ ーターを色々と変更して試す事により戦略の利益性も向上できます 。

テクニカル分析の短所

 

未来は過去の延長という確信

過去データーを使って沢山の戦略を試せるので過去に於いて最も儲けることができた戦略を見つけだす事ができます。

例えば百の 戦略を試せば二三つは見つけられます。
しかし、 それは過去のデータを使った時にうまくいったものであり、未来で もうまくいくとは限りません。
確信をもって未来でもうまくいくと思 い込んでリスク管理の手を抜くととても痛いめにあいます。

変化しつづけるチャートパターン

 マーケットはパターンを繰り返しますが、そのパターンは常に変化 しているのでトレーディングで長期に儲けるのは難しくなります。

例えば強いトレンド相場で単純移動平均でとても儲ったとして、マ ーケットがレンジ相場に突入した時に同じ単純移動平均戦略を使っ ていると大損します。

正反対のシグナルをだす異なるインディケーター

トレーダーは長期に利益をもたらす複雑で正しい組み合 わせのインディケーターがこの世にあるはずだと想っています。

難しい数学を使った複雑な理論を理解できたら常勝のトレーダーに成れる気がします。
でも複雑に構築した戦略が必ずしもうまく働くわけではありません。
色々なインディケーターを同じチャートに表示すると、 どれを見てトレードすればよいのか分からなくなります。
例えば移動平均は売りのサインをだしてRSIが買いを示したら、 どうしていいか分からなくなり、それは損失につながります。

魔法のインディケーター神話

損ばかりしているトレーダーは、正しいインディケーターを見つける事ができたなら儲ける事ができて問題はすべて解決できると信じて います。

しかし ほとんどのトレーダーの損失はリスク管理の甘さとトレード中のストレス に負けたミストレードに起因します。
すべてのマーケットでいつでも利益をあげられる完璧なインデ ィケーターなどはありません。
大事なのは二三のマーケットパターンに習熟して、チャートを見ながらパターンを使うべき時と使わざるべき時の判断ができるようになる事です。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(192ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示