この記事では異なる時間軸のトレード手法における短期トレードの利点を説明します。

巷には様々なトレード戦略が溢れており、どのようにトレードするか、どのような戦略を使うか、を決めるのはトレーダーにとって簡単な事ではありません。 まず始めに選択し得る主な 3 つの方法とは、短期、中期、長期です。
短期トレードは主に持ったポジションをその日に決済する日計りで決済するデイトレードとも呼ばれています。

中期トレードは時間単位から数日単位でポジションを保有するトレードで、 長期トレードは週単位から年単位で保有するトレードで、ともにスイングトレードと呼ばれます。

メンタルコントロール トレードはお金を失うリスクをとることによってお金を得ることであり、100% お金を稼げる戦略は存在しません。 お金を失うリスクがあるので、トレードの結果は常にストレスとしてトレーダーにのしかかってきます。

いかなるポジションでも、保有していればストレスになり得るので、当然ポジション保有の時間が短ければ受けるストレスも軽減することができます。

マーケット分析 トレードを成功させるには、将来繰り返される可能性を持ったパターンを見つけることです。マーケットが予測に反した動きをするには多くの理由があります。 例えばニュースの発表や大口トレーダーの参入やポジションの解消、あるいは関連するマーケットの大きな変化など様々あります。

デイトレードは、ポジションを保有する時間が短く、また、「トレードをしない」という選択肢もあることから、 予測できない大きな変化が起こり得る際には、 保有するポジションに影響を与えるかもしれないリスクを抑えることができます。

トレードによる利益 デイトレードはリスクが高いと思われがちだが、大抵の場合は「リスク管理不足」と「トレードルールを守れないこと」に起因している場合がほとんどです。デイトレードなら長期トレードに比べてより多くの機会に恵まれ、長期的に見てもより大きな収益の可能性を有しています。

マーケットは価格が動くことによってトレーダーに儲けるチャンスを提供してくれますが、 マーケットの小刻みな値動きを捉えるのか、それとも大きな 値動きを捉えるのかにより、トレードスタイルに違いが生じてきます。 そのトレードスタイルにはスキャルピング、デイトレード、スウィングトレード、ポジショントレードの4つがあります。

どのトレードスタイルでも成功することは可能ですが、自分の性格とライフスタイルに合っていることがとても重要です。 自分の性格とライフサイクルに合ったトレードスタイルを見つけるには、まずはそれぞれを試してみるべきです。

自分の性格とライフサイクルに合ったトレードスタイルが見つかったら、それをマスターするようにします。 トレードスタイルが違えば要求されるスキルも違ってくるので、ひとつのトレードスタイルに集中してスキルをマスターするように努めるのが成功につながります。

スキャルピング

デイトレード

ポジション保有時間 1分から5分
一日のトレード回数 一日当たり3回から100回
主な分析ツール テクニカル分析
チャートの時間軸 1分足と5分足
優位性 保有時間が短いのでストレスとリスクが低くなる
劣位性 トレードの失敗が続くとハイリスクになる

スイングトレード

ポジション保有時間 5分から8時間
一日のトレード回数 一日当たり1回から5回
主な分析ツール テクニカル分析
チャートの時間軸 5分足、15分足と60分足
優位性 寝ている間にニュースで大きく変動する夜間リスクを無くせる
劣位性 マーケットを見続ける必要があり兼業が難しい

ポジショントレード

ポジション保有時間 1日から10日
一日のトレード回数 週当たり1回から5回
主な分析ツール テクニカル分析とファンダメンタル分析
チャートの時間軸 4時間足と日足
優位性 マーケットをずっと見続ける必要がない
劣位性 ニュースでマーケットが一変してトレードが失敗に終わる

アドバイス

どの戦略を選択するかに関係なく、1つのトレードスタイルに固執するのが最善です。2つのトレードスタイルでのトレードは、異なるスキルを必要とするため危険な場合があります。デイトレードで負けポジションがある場合、負けで終了することを避け、トレードをスイングトレードに変更するのは簡単です。2つの戦略を同時にトレードすることによって、利益を拡大し、損失をすばやく解消することは難しくなります。

FXトレードでお金を稼ぐ簡単な方法はありません。プロのトレーダーは、毎日自身の戦略に従うことに重点を置いており、同じトレードスタイルによる長いトレード経験があるため、成功しています。トレード戦略を頻繁に変更して迅速な利益を求めているトレーダーは、大きな損失を被る可能性があります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示

ポジション保有時間 11日から数年
一日のトレード回数 年当たり1回から5回
主な分析ツール ファンダメンタル分析
チャートの時間軸 日足、週足と月足
優位性 長期保有により大きなリターンが得られる
劣位性 ポジション保有期間が長いのでストレスがかかりトレードの機会も少ない