プロップファーム (ハウス)という言葉をご存知でしょうか?プロップ ファームとは Proprietary trading company の略称であり、日本ではプロップファームという呼び方が一般的です。そもそもプロップ・トレーディング Proprietary trading) とは自己勘定で売買するという意味があり、プロップファームとは自己売買で生計を立てる集団といったところです。

金融業界において急成長している勢力のひとつであり、かつ有能なトレーダーにとっては大変人気のある「最終目的地」でもあるこのプロップファームについてご紹介したいと思います。

 

プロップファームの主なポイント

  • トレーダーは、銀行の資金やヘッジファンドの顧客の資金を運用するのではなく、会社にある資金のみを運用します。
  • トレーダーは、トレーディングの損失分を支払うことがない一方で、トレーディングによる収益の50%~80%という非常に大きな報酬を受けとることが可能で、いわゆる完全歩合制の形になります。
  • トレーダーは、顧客の注文を受けるといったことはなく、マーケットに直接発注します。
-プロップファームはトレーダーに自由な裁量権を与えます。そのため、プロップファームのトレーダーは顧客や投資家からのプレッシャーがない環境で、トレーダー自身の裁量により、いつ、どのようにトレードするのかを決めることができます。

-ひとつの会社に多くのトレーダーがいることで多様化が図れるだけでなく、お互いのノウハウを吸収できます。

– 経験豊富で既に巨万の富を得ることができた、いわゆる成功したトレーダーが、まだ若いトレーダーを管理する立場となって、その経験をトレーダーに伝えます。

プロップファームでトレーディングを行うメリットは以下の通りです。

メリット 1

他のトレーダーとトレーディングに関する貴重なアイデアを交わし、競争力のあるトレーディング環境に身を置くことができます。

メリット 2

トレーディングの管理者が決定したリスクマネジメント・ルールに従うことで、多大な損失を被るのを防ぐことができます。

メリット 3

トレーディングの管理者がいることで、トレーディングがただのギャンブルとならずにビジネスの一部として取り扱われます。 また、個人でトレードする場合と比べて、機関投資家並みに低い売買手数料が適用されます。これは一日に何度も取引するトレーダーにとって重要なポイントのひとつでもあります。

メリット 4

資金が会社から提供されるため、上達すれば個人で取引するよりも大きいサイズでのトレーディングが可能となり、さらにプロップ ファームがより利益率の高いトレーダーとして成長できるように手厚くサポートしてくれます。

メリット 5

単純に「楽しい」とも言えます。トレーディングはストレスが多く大変な努力が必要であるとされていますが、プロップ ファームには個性的で上昇志向の強いトレーダーが集まりますので、彼らと一緒に努力を楽しむことができます。

– 銀行に対する規制が強化され、銀行がリスクを取ることを敬遠する一方で、銀行のトレーダーが見切りをつけてプロップ ファームに移っています。

– ヘッジファンドの運営は大変コストがかかり、かつ顧客は資金を引き出すこともありますから、運用資金の流動性枯渇の問題を引き起こす可能性がありますが、会社の資金を運用するプロップ ファームにはそれがありません。
– 技術革新が進む中、新興企業が大企業に挑むことを可能とし、さらには打ち負かすことが可能になりました。そのため、トレーダーの質が重要になります。実力のあるトレーダーこそ、自信の裁量がより発揮できる環境を選び所属してる実情があります。

初心者プロップトレーダープロップファームには、初心者プロップトレーダーにトレードの基本を教えるための教育プログラムがあります。先ず、プロップファームはトレーダーにデモ口座を提供し、パフォーマンスを追跡します。トレーダーがデモ口座で成功すると、リアル口座でのトレードが可能になります。このプロセスを通じて、経験豊富なトレーダーが初心者トレーダーにアドバイスをしたり、励ましをしていきます。どのトレーダーも情報交換をし、アドバイスを得るため、他のトレーダーとの関係性を発展させる機会が設けられています。
経験豊富なプロップトレーダー経験豊富なプロップトレーダーはすでに成功した実績を持っているのでプロップファームはトレーダーに新しい戦略を教えようとしません。プロップファームは、必要に応じてITサポートとメンタルアドバイスを提供し、経験豊富なトレーダーのパフォーマンス向上に焦点を当てています。

米国がプロップファームを設立する筆頭国でしたが、今では世界中にプロップファームがあります。中でもシカゴとニューヨークはプロップファームで有名な場所で、プロップファームが集中する世界最大のマーケットです。シカゴには最大の先物市場の1つ、シカゴ商品取引所(CME)があり、ニューヨークにはニューヨーク証券取引所があります。有名なマーケットに近いことで、プロップファームはより経験豊富で熟練したトレーダーを見つけることができます。また、注文を迅速に実行するため、コンピューターを活用した戦略を使用する場合はマーケットにより近いことが重要となります。

過去10〜20年で、プロップショップはシンガポール、中国、香港、ヨーロッパ、イギリス、および世界中多くの地域で広がりを見せ、一般的になりつつあります。技術の改善により、多くのトレーダーが会社へ出向くことなく、自宅からプロップファームでトレードできるようになりました。
これは、国境を越えて好きなプロップファームのチームに加わることも可能になったことを表します。

プロップファームでは、多くの異なる戦略でトレードが行われており、所属するプロップトレーダーたちは独自の戦略を選べるようになっています。

主なプロップファームの戦略は以下の通りです。

アウトライト取引

アウトライト取引とは、後述のスプレッド取引、アービトラージ取引に対して、買いなら買い、売りなら売りだけを単独で行う取引のことです。

プロップトレーダーは、マーケットを注視しながらマーケットの動きを利用して買ったり売ったりしています。彼らはスキャルピング戦略を用いて1時間に何度も取引するか、スイングトレード戦略を用いて週に数回取引することができます。

プロップファームには、テクニカル分析のみを用いるトレーダーもいますが、多くのプロップファームではニュースイベントを利用した取引に焦点を当てており、これによって短期で大きな利益を上げることが可能です。

プロップファームでは通常、プロップトレーダーに1つまたは少数のマーケットを選択させ、そのマーケットだけに集中できるようにします。

スプレッド取引

プロップファームでは、利益を上げる方法として、あるマーケットと別のマーケットの差(スプレッド)を利用した取引を非常に活発に行っています。

例えば、米国の株式市場が日本の株式市場を上回ると考え、米国のS&P先物を買い、日本の日経225先物を売ります。

マーケット間のスプレッドを利用した取引によって、マーケットの方向を予測する必要がなくなり、2つのマーケットの違いから利益を得ます。

スプレッド取引は、プロップファームが一貫して利益を上げることに貢献しています。

アービトラージ取引

アービトラージ取引は、異なる場所の2つのマーケットで取引し、それらの差を利用するものです。

例えば、日本の先物取引所に上場している金を買い、米国の先物取引所に上場している金を売る、などです。

アービトラージ取引には高いレベルのマーケットに関する知識が必要ですが、この取引によってプロップファームの利益は非常に安定しています。

プロップファームは利益を上げられる見込みのある、あらゆる金融市場でトレードをしています。個人トレーダーと同様にFX、株式、先物などです。プロップファームが個人トレーダーと異なる点は、多くのマーケットでトレードチャンスを探していることです。プロップトレーダーは、トレードの機会を見つけるために、金など有名なマーケットだけではなく、銀などのような小さなマーケットの専門家になることもあります。

最も活発なマーケットでは、ボラティリティがあるので常に簡単にお金を稼げるイメージがありますが、常にそのイメージ通りにいくわけではありません。プロップファームは、個人トレーダーが見つけられないチャンスを探し、彼ら自身の高いレベルのトレーディングスキルを有効利用しようとします。マーケットはニュースによってより速く、そしてより大きく動くため、小さなマーケットは高いリスクを持ちながらも、プロップファームにより大きな利益をもたらしてくれます。

多くのプロップファームに人気のあるマーケットは先物です。先物市場は、商品、株価指数、債券、外国為替、その他多くのマーケットでトレードする機会を提供してくれます。先物は1つの取引所で取引されるため、トレーダーは複数のマーケットでトレードをしたいたとしても、すべての取引量を1か所で確認することができます。これは、マーケットに直接アクセスできるため、マーケットへの出入りが容易になることを表しています。

プロップファームもFX取引をしますが、多くのプロップファームは先物または株式市場に焦点を合わせることを好むため、多くをFXでトレードしません。ほとんどのプロップファームは、米国株をメインにトレードしています。プロップファームがより大きなポジションを取り、より高い収益を上げることができるようなレバレッジレベルの高い先物は魅力的です。

プロップファームは、プロップトレーダーがマーケットにアクセスするための最良の条件を提供します。プロップトレーダーがトレードに100%集中できるよう、トレード以外の証券会社のアカウント管理やビジネス、IT関連などの業務をプロップファーム側が管理しています。
アウトライト取引

アウトライト取引とは、後述のスプレッド取引、アービトラージ取引に対して、買いなら買い、売りなら売りだけを単独で行う取引のことです。

プロップトレーダーは、マーケットを注視しながらマーケットの動きを利用して買ったり売ったりしています。彼らはスキャルピング戦略を用いて1時間に何度も取引するか、スイングトレード戦略を用いて週に数回取引することができます。

プロップファームには、テクニカル分析のみを用いるトレーダーもいますが、多くのプロップファームではニュースイベントを利用した取引に焦点を当てており、これによって短期で大きな利益を上げることが可能です。

プロップファームでは通常、プロップトレーダーに1つまたは少数のマーケットを選択させ、そのマーケットだけに集中できるようにします。

スプレッド取引

プロップファームでは、利益を上げる方法として、あるマーケットと別のマーケットの差(スプレッド)を利用した取引を非常に活発に行っています。

例えば、米国の株式市場が日本の株式市場を上回ると考え、米国のS&P先物を買い、日本の日経225先物を売ります。

マーケット間のスプレッドを利用した取引によって、マーケットの方向を予測する必要がなくなり、2つのマーケットの違いから利益を得ます。

スプレッド取引は、プロップファームが一貫して利益を上げることに貢献しています。

アービトラージ取引

アービトラージ取引は、異なる場所の2つのマーケットで取引し、それらの差を利用するものです。

例えば、日本の先物取引所に上場している金を買い、米国の先物取引所に上場している金を売る、などです。

アービトラージ取引には高いレベルのマーケットに関する知識が必要ですが、この取引によってプロップファームの利益は非常に安定しています。

プロップファームで働くには二通りあり、それぞれ応募プロセスは異なります。

初心者トレーダー

プロップ ファームが募集している求人欄に応募し、採用面接時にトレーディングに対する強い意欲を伝えます。無事、選考を通過した後は、最初のステップとしてトレーニング・プログラムを開始します。トレーニングを終えた後はデモ口座での取引を開始し、収益性が高まったと認められた場合、次のステップでリアルマネーでのトレードを行います。

経験豊富なトレーダー

自分のアカウントでのトレードが認められています。銀行、ブローカー及びヘッジファンドでのトラックレコードを面接時に提示し、一貫性と規律あるトレーディングを行う旨の誓約を交わします。


– 通常、トレーダーは、トレーディングで得た収益から取引プラットフォームのコストやトレーディング・デスクのコスト、売買手数料等を差し引いたトレーディング収益分の50%~80%が毎月支払われることになります。

– プロップトレーダーには決まった報酬や基本給はなく、トレード成果に応じた金額を受け取ります。そのため、銀行やヘッジファンドよりも、トレードで得られた収益をより多く自分のものにすることができます。凄腕トレーダーになれば普通のサラリーマンより大きな報酬を手に入れることもできます。

プロップファームの主な焦点は、リスクを管理し、マーケットで何が起こっても会社が生き残ることを確認することです。プロップファーム内では、トレーダーは各々異なるマーケットで異なる戦略でトレードしています。これは、プロップファームのリスク分散に役立ちます。プロップファームはプロップトレーダーが独自の戦略を構築することに信頼を寄せています。

プロップファームは、プロップトレーダーがリスク管理ルールに従うようにすることへ焦点を当てています。主なリスク管理ルールは、プロップトレーダーの一日の最大損失額です。プロップトレーダーが日毎のストップロスルールに従わない場合、プロップファームでのトレードができなくなる可能性が高まります。

プロップファームは、トレーダーがお互いに話し合ってトレードのアイデアを交換し、お互いをサポートすることを奨励しますが、しかしこれは難しい場合もあります。多くのトレーダーは、単独でトレードをし、自分のトレードに集中することを好むためです。そのため、各プロップトレーダーにはトレードを監視し、うまくいかないときにアドバイスをしてくれるマネージャーが割り当てられます。

プロップファームは、チーム育成だけでなく、様々なマーケットや戦略にリスクを分散できる新しいトレーダーを常に探しています。また、トレーダーが100%トレードに集中できる環境を提供することに重点を置き、ブローカーとITサポートとのやり取りも管理します。

以下は、プロップファームがトレーダーを雇うときに求めるスキルのリストです。

リスク管理スキル

プロップファームは会社のために大きな利益を上げることができるトレーダーを望んでいますが、それ以上にプロップファームはリスク制御に最も焦点を当て、リスク管理のできるトレーダーを求めています。プロップファームの所有者は金融市場において非常に長い経験を持っているため、値動きが予想をはるかに上回る可能性が常に潜んでいることを理解しています。プロップファームはすべてのトレードリスクを負い、多くのトレーダーを雇用するため、各トレーダーが必要に応じて損失を出せるように準備しています。

プロップファームは、すべてのトレーダーがリスク管理ルールに従事できるようサポートをするリスクマネージャーを採用しています。リスクマネージャーはプロップファームのバックアップ計画を行います。プロップファームがプロップトレーダーを信頼して常に安全にトレードを任せられるということは非常に重要です。ギャンブルを楽しむトレーダーは、プロップファームでは歓迎されません。

変化する能力

マーケットは常に変化しており、過去3か月間利益を上げてきた戦略はもはや利益をもたらさない可能性があり、戦略を変更する必要があります。トレーダーはマーケットが動いている理由を常に理解し、今日のマーケットに戦略を適合させる必要があります。プロップファーム内ではトレーダー毎に異なる戦略を持っていますが、成功しているトレーダーは、変化するマーケットに合わせて戦略を調整できる人です。

高いモチベーション

トレーディングはストレスの多い仕事になる可能性があるため、プロップファームでは成功する意欲の高いトレーダーを探しています。トレーダーは毎日お金を稼げる訳ではないので、損失になった場合、そこから回復できる高いレベルのモチベーションを保持することが重要です。また、プロップファームは単にお金を得ることだけではなく、成功したトレーダーになるべくして動機付けられたトレーダーを探します。トレードを楽しむトレーダーは、長期的に成功する可能性がはるかに高くなります。

私たちのプロップファームは2015年に日本で設立しました。自己資金をリスクにさらすこと無く、会社資金でトレードしたいトレーダーに機会を提供しています。会社資金を運用する、というプロ意識を持ち、チャートに向かう姿勢は今までの個人トレーダーとは違ったものとなるでしょう。

通常のプロップファームは経験豊かで、ごく僅かな先鋭トレーダーだけに的を絞って求人していますが、Turn Tradingはどなたにも門戸を開いています。というのも、世界的には認知されているプロップファームを日本にも広めたい、という思いがあるからです。海外では「トレーダー 」という職業は、多くの人が憧れる職業のうちの一つです。日本にもそういった雰囲気が広まって欲しいのです。

採用条件は、GYMに入会してルール厳守でトレードし、良い成績をあげることだけです。プロップファームがどういった組織なのか、ぜひ体感してみてください。そしてTurnTradingで安定的に稼げるトレーダーへと成長し、会社の利益だけでなく、あなたの人生もが一層明るく開かれたものとなりますように。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示