トレーダーとアナリストの違い

様々なマーケットプレイヤーを知ることは、マーケットがどのように、なぜ動くのかを理解するために役立ちます。アナリストはマーケットに関する金融メディアの予測を立てるのが仕事のため、日々情報を駆使し自身の予測をメディアに出し続けています。アナリストの情報はマーケット理解の一助となり、それに従ってトレードをしようとしたくもなりますが、時にはその情報がマーケットの目の前の値動きに対する判断に偏りを出したり、リスクに対応する力を乏しくさせる可能性があります。

アナリストの予測だけでマーケット判断をするのは損失の可能性が高まります。トレーディングは予測するものでははなく、損失をいかに抑えることができるかにかかっています。

アナリストとプロトレーダーの違いを理解してみましょう。まず理解しなければならないことは、トレーディングは未来を予測するだけでなく、リスク管理に徹することも重要だということです。いつ利益を確定し、いつ損失を認めるかを明確にすることは、いつエントリーするかを決めることよりも重要です。

アナリスト

  • アナリストは、ファンダメンタル分析やテクニカル分析を通じて、将来の価格の方向性を予測しようとします。アナリストの目標は、 彼らが働くブローカーや銀行でより多くのトレーダーが自身の出したレポートを参考にトレードするようにすることです。アナリストは、法律によってトレードを行うことができないため、マーケットの予測は行いますが、自身の分析に基づいてポジションを保有することはありません。
  • アナリストの焦点は、未来を予測し、顧客の間で人気を得ることです。彼らは、マーケットデータを分析するのに多くの時間を費やしているため、一見マーケットについてとても精通しているように見えます。また、彼らは未来を予測することの難しさを理解しているため

プロトレーダー

  • マーケットは予測することが難しく、プロトレーダーは常にトレーディング機会を探し続けています。マーケットを理解するため、プロトレーダーはファンダメンタル分析をし、アナリストのレポートを読んでさまざまな意見を得るかもしれません。
  • しかし、プロトレーダーがアナリストと異なるところは、プロトレーダーはトレードでお金を稼ぐということです。アナリストはレポートを書いてお金を稼いでいますから、ここが両者の大きな違いとなっています。プロトレーダーの仕事は、トレード機会を探すことです。平均損失よりも平均利益が大きくなる方が良いので、仮に予測が 50%だったとしてもリスクリワードを良くするだけで稼げるようになります。そのため高い予測をする必要はないのです。プロトレーダーはチャンスに集中します。予測よりも利益をどれだけだけのばせるか、損失をどれだけ小さくできるのかの判断が重要です。

より成功したトレーダーになるためのアドバイスマーケットの未来を予測することは困難ではありますが、それがトレードで一番重要な部分ではありません。アナリストの意見を聞くことはマーケットが動いている理由を理解するのに役立つものの、その予測の確率がどれだけ高いかという保証はありません。

マーケットを予測するより大切なことは、リスク管理に焦点を当てたトレードを成功させ、自身に合った限られたいくつかの戦略の専門家になることです。プロトレーダーの目標はあくまで収益を上げることであり、情報過多はトレーディングにおいての判断を狂わせ、意思決定を困難にする可能性があります。トレーディングを行うにあたっては判断をシンプルに保ち続け、リスクリワードが良くなる安定的なトレード結果を生み出す戦略に従うことが最良なのです。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示