ページを選択

マーケットから一貫性ある利益を得ることは、特別な個人のみが可能であり、専門的なスキルを伴います。 プロトレーダーになるにはトレードの基礎を時間をかけて根気よく学びます。FXプロトレーダーも常に100%勝てるわけではなく、負ける時の損失を最小限にくい止めるプロセスをもつことで長期に儲けをだしています。又、プロトレーダーは自分の性格やライフサイクルに適したトレード戦略を立ててマーケットの変化に適応しています。カリスマトレーダーの物まねをしていると、いつまでたっても自分のトレード戦略をもつことはできません。 私たちはFX/先物プロトレーダーをめざす方に役立つようにブログを定期的に更新しています。

FXプロになるのは難しいですが、時間をかけて正しい教育を受ければ必ず成功できます。私たちのプロトレーダー養成コースであるGYMにはプロトレーダーを養成してきた実績があります。あなたのメールアドレスを登録して最新の情報を受け取って下さい。 日々描写されるプロトレーダーの特性をリスト化していきます。

リスク管理に注力する

トレードシステムがどんなに良くとも、マーケットで毎日お金を稼ぐことは不可能です。収益力のあるトレーダーは、プロトレーダーとしての役割の中で最も重要な部分は、損失のコントロールであるとして理解しています。特に、利益が積み重なったトレードの後にはストップロスのレベルを増加させ、損失を回避しようとしがちですが、これは非常に大きな損失につながります。最高のトレーダーは、素早く損失を取ることに焦点を当てることで、次の収益性の高い取引機会を見つけられます。

規律

トレードはすべての計画に従うべきであり、プレッシャーの下で悪い意思決定を下す感情を許してはいけません。一つのトレードのミスは、日次、週次、月次、年次で積み上げたトレード収益を短期間で失うことにつながります。トレードのルールに従うことで規律を実行することは、トレードの危険性を回避するためのカギです。規律の構築には時間がかかり、ルールに従うことが自然となるよう日々のルーチンワークを構築する必要があります。規律とは、一週間ルールに従うといった意味でなく、そう理解することは間違いだと言えます。規律は、毎日ルールに従うことを何週も年月をかけて繰り返すという意味です。

トレードの優位性

マーケットでの優位性がなければ、長期的にお金を儲ける術がありません。優位性の例としては、マーケットがパニック状態となり適正な価格から大きく剥離した時や、分析によって他のトレーダーより一歩早く、マーケットにエントリー出来る時などが上げられます。 マーケットには多くの収益機会が存在しますが、自分がどのようなトレード戦略を使うかを明確にして、その戦略の成功率を確認する手段を持つということが大切です。 トレードの優位性を構築するには時間がかかり、長期間にわたってマーケットを観察し分析することで形となります。また、マーケットは常に変化するということを知ることが重要です。そうすることで、新しい優位性を探せることができ、必要に応じて戦略を変更する準備が整います。

記録

成功するトレードはビジネス志向のアプローチが必要であり、単にお金を稼ぐだけではギャンブルとなり、破滅につながります。すべてのトレードの記録を維持することは、長期的に一貫性のある収益性を持つカギであり、マーケットでの利益と損失を研究することでその情報から多くを学ぶことができます。トレードの記録は、最初は時間の無駄のように思えますが、徐々に簡単で楽しくなり、どのようにトレードの結果がコントロールできるのかといった学習を始められます。

準備

成功している最高水準のスポーツマンが準備を怠らないのと同じことです。スポーツと同様に、トレードは個人に多くのプレッシャーを与え、最高の準備をしているものにだけ成功が与えられます。トレードの準備とは、トレード計画を持つことであり、必要な分析を行うことと、肉体的にも精神的にトレードする準備ができているという確信を持つことです。

休憩

一部の人々は、プロトレーダーは一日中画面の前に座り、ずっとマーケットを見ていると信じていますが、実際には反対です。プロトレーダーは比較的僅かな時間のみマーケットを見ています。経験豊富な熟練したトレーダーは、お金を稼ぐ機会を正確に知ることができますので、一日中マーケットを見ている必要はありません。エラーなしでストラテジーを実行するために、そして、マーケットに精神的に集中するために、残りの適切な時間を使って休憩を取ることは非常に重要です。

サポートのネットワーク

プロトレーダーの感情の起伏は非常に激しく一人でトレードを行うのは困難ですが、他のトレーダーと情報交換することは有益です。プロトレーダーは、たいてい仲間に経験のあるトレーダーがいるチームを持ち、情報交換して良い時と悪い時をお互いにサポートします。毎日お金を稼げるトレーダーはいないため、トレードのことを理解している誰かと会話することは大変有益です。最近、特にトレードのコーチングは注目を集めており、個人をサポートする一つの手段として、トレードパフォーマンスを向上させ、ストレスレベルを軽減させています。

経験

トレードのキャリアにおいて、幸運が舞い込んで早期に利益を上げられた場合、トレードは簡単なように見えます。プロトレーダーは異なるマーケットの異なるトレード条件下で長い経験を持っており、マーケットの変化に適応することができる人です。トレードの難しさは、マーケットが変化すると先月儲かったストラテジーが不採算になることもあるということです。成功トレーダーは長期的に一貫して利益を得るために、ストラテジーを変更した経験を持っています。

マーケット知識

プロトレーダーは、通常、トレードをするマーケットの詳細な知識を持っています。必要な知識は、何のニュースが価格に影響を与えるのか、一日の内でマーケットが最も活発なのは何時頃か、マーケットでの主要なトレーダーは誰であるのかといったことです。何のストラテジーが他のトレーダーで人気があるのかといったことは僅かなポイントです。トレードをすることでマーケットの専門家となり、成功トレーダーは知識の乏しいトレーダーから利益を得る可能性が高くなります。

フォーカス

現代の金融市場は、トレード可能な多くの異なるマーケットを提供しています。新たなマーケットを試して利益を得るチャンスを希望することは大変エキサイティングです。しかしプロトレーダーは、すべてのマーケットが困難であることを理解しており、その代わりに、専門家になるために一つあるいは少数のマーケットに焦点を当てています。トレーダーは、少数のマーケットに焦点を当ているだけでなく、スキルレベルを増加させるために少数のチャンスに焦点を当てています。トレードはプレッシャーの下で迅速かつ冷静に行動するゲームです。フォーカスすることで、トレーダーはベストの行動をします。

fx プロになるには

プロトレーダーとアマチュアトレーダーは異なる視点で市場を見ている。 アマチュアの場合、市場はテクニカルの傾向に従っていると考えている為、本を読み、ニュースを追いかける。 一方でプロトレーダーは長年の経験から市場がどちらに向かうかを感覚的に理解することが出来るのだが、残念ながら本に書くようには簡単に説明できないのである。

金融市場の値動きはトレーダーが行う売買の結果である。 どちらの側がより積極的なのかによって、上昇や下降が決定づけられる。 買い方がより高い価格を払うつもりがあるならば、価格は上昇し、売り方はより高い値で売りたいと望むので更なる上昇へと加速するのである。 同様に、価格が下落するであろうと売り方が売りを急げば、買い方はより低い価格での買いを期待して値が下がるだろう。

プロトレーダーは誰が市場をコントロールし、どのような注文が引き金となって価格がいつ動くのかを理解している。 もし日経225先物で現在値が16950であれば、売り方の損切り買い注文が17010により多くあることが理解できるので、市場が17010より更に上昇しそうな場面において17000の前に買ったほがいい。 実際にそれらの注文を見る必要などはなく、レジスタンス付近で上昇の値動きが止まるのか、或いは売り方の売りと損切り買いとのバランス(強弱)が不充分で、レジスタンスを超えて上昇を続ける可能性があるのか、経験を積み重ねることで見て取れる様になるのである。

fxプロトレーダー

市場のセンチメントは、市場に存在する注文を理解することと関係している。 センチメントとは市場の大衆が価格をどう見ていて、どの方向へ動くと考えているかを示している。 一般的に上昇局面では、大半のトレーダーが市場価格は上がると見ており、下落局面では同様に下がると見られていることを示している。 そしてプロも市場のセンチメントを考慮してトレードを行っているのだが、その視点は異なり、上昇の勢いが強ければ売りのチャンスを狙っているのだ。 なぜなら多くのトレーダーがロング(買い)ポジションを持ち過ぎていて、更なる買いは少ない上に、ロング(買い)ポジションの保有者達が利益確定売りを始めるであろうことから、価格は急激に下がる可能性があり、下落の局面が訪れると見るからだ。 市場のセンチメントに関する情報は、新聞やインターネット、市場レポートやラジオ、テレビなどから得ることが出来る。 また、トレーダーのブログ等は他の市場参加者が価格をどう見ているかを知る為にも役に立つだろう。

トレーダーとして成功するということは、どの市場で取引するか、どのインジケーターを使うかではなく、結局のところ、自分がどう市場に対して取り組むかが重要だ。 トレードとは専門的な職業なのであり、その中でトップになれたのなら、当然、経済的に大きな見返りが得られるのだ。 

プロトレーダーの行いから、トレードプランを実行する為に必要なストレス軽減の秘訣や価値観を紐解いてみよう。 自分自身の市場に対する取り組み方と比較して、何が異なるのかを理解し、プロトレーダーの仲間入りを果たすべく、改善に取り組んでほしい。

成功を思い描く

もし「自分はトレードではお金を稼ぐことが出来ない」と思っているのなら、あなたは実際にトレードで稼ぐことは出来ないだろう。 トレードで成功するには、事前にどのセットアップでトレードするかを準備した上で、利益確定目標に価格が達するまで辛抱強く待つこと、手遅れにならないうちに損切りを実行することが要求される。  トレードで利益を得るのだという強い信念が無ければ、自分のトレードルールを破りたくなるし、大きな損失と失望を招くギャンブルトレードに陥ってしまうのである。

トレードの前に、トレードプランを完璧に実行し、利益目標に価格が達するイメージを頭の中に思い浮かべるようにしよう。 トレード技術を上達させる過程を急いではいけない。 時間をかけて経験を積めば、自分は必ずプロトレーダーになれる、と信じるのである。 自信を持てない者に成功するチャンスは、ない。

自分に言い聞かせる

常に失敗や損失のリスクと隣り合わせのトレードは、欲求不満になりやすい。 しかし、値動きがどうなろうと自分のトレードプランを実行すれば、長期的視点で利益を得られる、と自分を強く信じ続けるべきだ。 自分に何を言い続けられるかは自分の成績に多大な影響を与える。 もし、自分が自分の決めた損切りを守れないのなら、損切りすべき時に実行しないだろう。 自分はいつもエントリーが遅いと感じていれば、また次も遅すぎるエントリーとなる公算が高くなるのだ。

トレードにおいて自信とは、時間をかけてすべきことを繰り返し行うことで築くものであり、自分に対して前向きに声を掛け続けられれば、驚くほどの上達がトレード成績に表れることに気付くはずだ。 

前向きな独り言の例を挙げると、「自分はトレードルールを毎日守り続けられる」、「自分は利益目標に価格が達するまで忍耐強く待つことが出来る」、「自分はプロトレーダーになる為のスキルを構築することが出来る」などである。

的を絞れ

巷には多く数の市場とストラテジーが溢れ、全てのトレーダーが独自の手法を持っている。 
その中で勝てるトレーダーと負けるトレーダーの大きな違いとは、いかに的を絞ることが出来ているかにある。 勝てるトレーダーは、金融取引の限られた一部分に的を絞り、そこで熟練者となる。 自らの手で戦略を見つけ、理解を深め、市場状況の変化に対応する術を身に付けるのだ。 トレード中は今日の市場の状況に集中すべく、他の一切の事柄を頭から切り離す集中力を磨こう。

気が散る要素を全てシャットアウト出来れば、値動きのパターンを見つける能力が高まり、トレードが上達し、更には“自分のトレードプランを守る”ことが簡単になるだろう。

精神的に強くなる

誰もお金を失いたくはない。 プロもそれに違いは無い。 今日の値動きにどれだけイライラさせられたとしても、強い精神力を培って常にトレードプランを実行し、確実に損失を抑えることに意識を集中させよう。 2-3日、或いは1-2週の連敗は、長期スパンで見ればごく普通のことなのだ。 取り返そうと躍起になってギャンブルトレードに走るのではなく、淡々と戦略の調整を検討して現在の市場に対応する術を探し出そう。 

トレードを楽しむ

巨額のお金を得ることはトレードに魅せられる理由の一つであるが、お金を稼ぐことだけではプロトレーダーになる為の充分なモチベーションとは言えない。 常に変化する値動きへの挑戦や、運命を自らの手で変える可能性そのものも、トレードを楽しむ理由のひとつと言える。 

トレードの挑戦を楽しめるようになれば、たとえ上手くいかない日であっても、スキルを高めることに集中すべきだと考えて現状を受け入れやすくなり、トレード成績も改善させることができるだろう。

行程に集中する

毎日、毎回、稼ぎ続けることは現実不可能であり、がっかりすることがあるのは当たり前だ。 全ての準備を正しく行い、良いトレードチャンスを見つけても、結果は損失で終わることもある。  

ひとつの結果よりプロセスが重要なのだ。 誰でも一回のラッキートレードを掴むことは可能であるが、次第に運は尽き、確固たる手順を持たない者はギャンブルトレードに陥ることだろう。 長期的視点で利益を得られるよう、常にトレードの見直しを行い、それを元に準備や戦略の改善を図ることに努めるべきなのである。  

言い訳しない

いつエントリーし、いつ決済するかを決めるのは唯一トレーダー自身であり、決断は大きな責任を伴う。 勝つ為には自らの運命をコントロール出来るということを楽しみ、負けても市場や他人のせいにしてはいけない。 責任転嫁をしてもトレードの問題を解決することは出来ない。 解決策は自分と向き合い、自らの手で探し出さなければならないのだ。

自分で出来ることをする

市場の値動きの方向は、誰にも予測がつかずそれをコントロールすることは誰にも出来ない。 従って、コントロールし得る事柄(トレード前の準備、注文と決済の入れ方、分析の仕方など)に集中すべきなのである。 自分でコントロール出来ない事を心配するのは時間と労力の無駄なのだから、トレード上達の為に時間を有効に使う方が望ましい。

熟練には練習が必要

誰しもが幸運なトレードで簡単に利益を得ることがある。 しかし長期に渡るトレードの収益性は高度なトレード技術を持つことでしか得られず、その技術を習得するのには時間を要するのだ。 プロトレーダーも皆、最初はデモトレードで練習を積むことに集中し、後に少額トレードへ移る段階を踏み、資金を無駄にリスクに曝さないのである。 一旦、継続して利益を得るのに必要とされるスキルが身についたならば、より積極的に大きな資金で取引することが出来るだろう。 

強みを活かし、弱みを抑える

皆、それぞれに長所があり、短所があり、トレードにおいてもそれは当てはまる。 市場はトレーダーの短所を見抜くのが得意だ。 トレードするうえで自分が何に強く、何が弱いかを理解出来れば、その弱点が露出する方法を避けることが出来るだろう。 短期の決断力に優れているなら、ボラティリティの高い市場が適している。 また、辛抱強さに欠けるなら、値動きの遅い市場で利益をえることは難しい。 自分のトレードにおける強みや弱点を知る方法は、トレード記録とトレード日誌を付け、それを週毎に見直して、トレードの上達を図ることである。

修正を怠らない

如何なる市場の状況においても一生涯利益を取り続けられるような完璧な戦略があるならば、誰もが見つけたいと思うことだろう。 しかし、そんなものは存在しないのだ。 常に変化を続ける市場に対応し、トレード戦略を修正し続けなければならないのである。

確固たる習慣を持つ

トレードで長く成功し続けるには、鍛錬がとても重要である。 トレード行程に確固たる習慣を持ち、同じことを日々繰り返せばトレードルールも守りやすくなる。 確固たる習慣をつくり上げればそれが自分のトレードに対する自信に繋がり、ストレスを軽減することが出来るのでトレードプランを実行しやすくなるのである。

自己管理

高い自己管理能力こそがトレードで利益を得る為に最も必要とされる能力だ。 市場は魅力的で誘惑が多く、損切り幅を広げたら含み損が利益に変わることなどもある。 トレードルールとは、少しずつ破っていくうちに大きな損失を生み、気づけば資金を大きく減らしてしまうといったことも往々にして起こり得るのだ。 持つべき高い自己管理能力は、そう簡単に得られるものではないものの、最も重要なスキルの一つであることは充分に理解していなければならない。

重圧の中で穏やかさを保つ

値動きが激しい時にトレードプランを実行するのは、当然、プレッシャーのかかる作業である。 活況な市場はトレードで利益を上げるチャンスが高いと考え、そのプレッシャーを楽しむ術を持とう。 

忍耐力

トレードで利益を得るのには時間を要する。 上手くなったと思えば損失を受けてがっかりすることの繰り返しだろう。 全てのトレードで利益を得られることは無く、長期的な視点で結果を見続けるべきなのだと、充分に理解しなければならない。 今日明日で簡単に身につく技術ではないのだから、その事実をしっかりと受け止めて、日々鍛錬しよう。 それに値するだけの成功は努力の先にあるのだから。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(192ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示