ページを選択

トレーディングで言うところのボラティリティとはある時間に動く金融商品(例えばドル/円、金、日経225)の値幅の事です。

例えば日経225であれば午前9時から9時半までに平均13ポイント動きます。

価格の動く方向を正しく予見できたからといって必ずしもトレーディングで儲けられるわけでもありません。

あなたが正しく方向を予見できたとしても、その方向に動く前に損切りに合ってしまえば損が残るだけになります。

また、利益確定の目標を大きくしすぎると、その値に届かないうちに反対方向に動いて損失に成ります。

その他にもボラティリティ がとても重要な理由があります:

 

ートレードすべき時間が決まる

もしマーケットがあまりに静かであればトレードチャンスは無いし、あまりに激しく動けばとても難しいトレードになるので避けた方が賢明です。

 

ー トレードのポジションサイズが決まる

トレードのリスクはいつも同じになるようにします。

よってボラティリティ が大きくなったらポジションを小さくして、ボラティリティが小さくなったらポジションを大きくします。

 

ートレーディング戦略とマーケットを自分の性格に合わせる

 

良く動くマーケットが好きなトレーダーもいれば、ゆっくり動くマーケットが好きなトレーダーもいます。性格に合わないマーケットはマーケットの動きそのものがストレスとなり悪い結果を招きます。戦略とマーケットを自分の性格に合わせる事はとても重要です。

 

ボラティリティ はなぜ変化する

 

ボラティリティが何故そして何時変化するのかを理解できれば安定してトレーディングで稼げるようになります。

 

ボラティリティ に影響する要因は:

 

ー経済指標発表

ーニュース

ーマーケットの休日

ー重要な価格の節目

ーグローバルマーケットの状況

 

ボラティリティを理解できる能力を身につける良い方法は一つまたは二つ三つのマーケットにトレードを絞り込む事です。そうすれば何がマーケットを揺り動かしているのか理解できるようになります。

 

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(192ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示