ページを選択

損切の重要です

トレードで一番重要なのは、自分の決めた損切りルールを守ることであるが、ビギナーにとってはこれがとても難しい。 如何なるトレーダーも。如何なる戦略においても、損切りを設定しないトレードは行うべきではない。 それを怠ると、たった一度のトレードによって、全資金を失うリスクがあるのだ。

どこに損切りを置くべきかを理解することはとても大切だ。自信を持って損切りを置くことが出来るならば、途中でその設定を変更することもなくなり、自分のトレードルールを守ることが出来る。

上手に損切りする為のヒントを以下に示そう。勿論、常にトレード記録を付けていることが重要である。 それら記録を見直すことで自分の損切りの置き方を分析し、改善を図ることが可能となる。

市場のボラティリティを理解する

トレードを行う時間帯にどれだけの値動きが起こり得るかを把握出来れば、自分の損切り幅もおのずと決めることが出来る。 スキャルピングであれば通常、ポジションを5分以内で決済するので、今後5分間に動くと予測する値動きの半分を損切り幅にする。 例えば、この先5分足で10pips程度の値動きがあると予測した場合、損切り幅は5pipsである。

デイトレであれば、30分の値幅を平均的なレンジとして使い、今後30分で予測する値動きの半分を損切り幅の目安に使うことが可能だ。

今後の値動き幅を予測する為には、過去のデータから今日の値動きが平均的な値動きと比較して、激しいのか、或いは静かなのかを分析することが大事である。 市場に影響を与えるニュースはあるか、ブレイクしたら大きな転換となり得る重要なレジスタンスやサポートがチャート上にあるかどうかを把握することも、今後の値動きの幅を予測する際に役立つであろう。

サポート、レジスタンスを使う

買いポジションに対して売りの損切りを設定する場合、チャート上にサポートレベルを見つけ、その下に損切り設定を入れることを考慮してエントリーのタイミングを計ると良い。 サポートの下に損切りを置けば、サポートで買おうと待っている他のトレーダー達の買い注文がサポート下の損切りの盾となってくれるからだ。 同様に売りでエントリーする場合は、レジスタンスの上に損切りを設定できる様にエントリーのタイミングを考えると良い。

例えば日経225の買い場を探していて、サポートが16750円にあれば、損切りを16745円、或いはそれ以下に設定する。

経過した時間による損切り

レードはメンタルが最も難しく、ポジションを保有すれば常に一定のストレスが掛かって来るのが現実だ。 一定の時間が過ぎても値動きが自分の予測する方向に動かなかったならば、そのポジションは利益を生まないことを意味するので、早く決済し、次の機会を待つべきだ。 スキャルピングなら5分以内に含み益が出なければ、決済して次のトレードチャンスを待つことが望ましい。 自身の戦略とトレード履歴を把握していれば、自分が決済を決断するまでに要する時間がわかる。

テクニカル分析

テクニカル分析は市場がレンジ相場かトレンド相場かを理解する際、とても有効であり、 トレードのタイミングを掴むには相場の状況を理解することが大きな助けとなる。

最も人気の高いインディケーターは移動平均線だ。 移動平均線はとてもシンプルで皆が使っている為、機能しやすい。 値動きが上昇していれば移動平均線はサポートとなるので、移動平均線の下に損切りを置く想定でエントリーのタイミングを計ると良い。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

FX/先物チャート分析コースを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示