この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • マーケットトレンドに従い利益を増やす
  • トレンドフォローのエントリータイミングを改善する
  • リスクリワードレシオのより高いトレードを探す

押し目買いとは?

押し目買いとは、FXマーケットが上昇トレンドのときに価格がサポートまで下落したときに買うことを言います。押し目買い戦略を使用したトレード例をチャート上で具体的に見ていきましょう。

戻り売りとは?

戻り売りとは、FXマーケットが下降トレンドのときに価格がレジスタンスまで上昇したときに売ることを言います。下のチャートでは、価格が移動平均線に戻ってきたときに売りエントリーをしています。

押し目買いと戻り売りの方法

方法1

トレンドライン

最近の安値を結んでトレンドラインを描くと、価格がトレンドラインに戻ってきたときに押し目買いのサインとして見つけることができます。

エントリーするときは、価格がトレンドラインから再度上昇するまで待ちます。ストップロスはトレンドラインの下に置き、直近高値に付近にターゲットを置くか、またはトレーリングストップで利食いしていきます。

戻り売りのエントリーポイントを探す時は逆の方法が当てはまり、価格がトレンドラインに戻ってきたときにトレンドラインから再度下降するまで待ってから売ります。

方法2

移動平均線

トレンドをフォローする移動平均線パターンが、売りと買い、それぞれに2種類存在します。トレンドラインを描画するための安値を見出す必要がないため、移動平均線はトレンドラインよりも使いやすい場合があります。

押し目買い、または戻り売りのトレードは、成功する時は直ぐに利益になります。長期的に利益を積み上げるため、ストップは小さく、ターゲットは大きく設定します。リスクリワードレシオの良いトレードを行うようにします。

方法3

長期のチャートを分析する

トレードするときは、長期に従う方がはるかに簡単です。例えば、5分足チャートを使用してデイトレードをしている場合、日足チャートのトレンドに従うことが最善です。従って、日足チャートが上昇トレンドならば、デイトレードでは押し目買いに、日足チャートが下降トレンドの場合は戻り売りに注目して下さい。

アドバス

トレンドに従うことは、FXで成功するために重要なトレード戦略です。押し目買いや戻り売りの戦略を使用すると、リスクリワードレシオの高いトレードを見つけ易くなります。エントリーポイントが来るまでエントリーを我慢をして過剰トレードを避けるように努めましょう。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示