この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • レバレッジの使用による大きな損失を避ける
  • レバレッジから利益を増やす方法を理解する
  • レバレッジの使用とメンタルコントロールの重要な関係性
ポイント1

週末のニュースリスク

FXマーケットは24時間動いているものの、基本的に月曜日から金曜日まで稼働しています。土日を挟んで翌週、再度マーケットは動き出しますが、その土日の間に大きなニュースが度々起こります。

金曜日にポジションを保有したまま週をまたぐと、土日に大きなニュースが入った場合に、大きな損失をもたらす可能性があります。仮に損切りを設定しても、時にマーケットがそれ以上の大きな値動きを見せ、ストップにヒットしないまま大きく値を下げたり、上げたりすることがあります。損切りを設定していれば大丈夫なこともありますが、必ずしもそのストップがヒットすることがないことを念頭に入れておいてください。月曜日から木曜日までのポジションの持ち越しは、週末をまたぐほど大きな価格変動はありませんが、週末はそのリスクが大きくなります。

ポイント2

使用しているプラットフォームを知る

FXトレードは使用しているプラットフォームやFX会社によって、マーケットの1日の始まりや終わりの時間が異なります。これは各FX会社が、日々システムのリフレッシュを行っているためです。特に週末は多くのプラットフォームは停止しています。そんな中、大きなニュースが入ってくると、ポジションの手仕舞いを直ぐに行いたくても行うことができません。自分の口座状況を確認したり、ポジション調整ができないため、リスク回避のためにも週末には全てのポジションを閉じておいた方が良いでしょう。

ポイント3

週末は振り返りと翌週の準備に費やす必要がある

週末に、1週間行ったトレードをすべて見直す時間を設けると翌週のトレードをどう改善していくのかが見えてきます。日々の振り返りとは別に1週間を改めて振り返ってみると、新たに気付きを得られることがあります。その日は気付けなかったが後になって気付けることもあるのです。

トレード結果だけでなく、ルールに沿って一貫したトレードを行えていたのか、負けが続いてしまった場合は、その損失の原因がどこにあるのかを分析することで、翌週のトレードでは同じ過ちを犯さないように気を付けられるようになります。良いトレード結果となった場合も、その成功ポイントがどういった点にあったのかを理解することで、今後も同じような利益の上げ方をできるようになります。

また、日々の振り返りや週末の振り返りは履歴として残しておきましょう。この履歴はあなたにとってどんな良い本を買うよりも最良の教科書になり得ます。

ポイント4

リラックス

ポジションを建て、利益を得ることがトレードと思っているトレーダーが多くいます。確かにトレードは実践を繰り返すことで上達しますが、ただポジションを建てたり手仕舞いしたりすることだけでは、トレードは上達しません。ポジションを保有している時間は、利益になるのか、それとも損失になるのか、とストレスを抱えるものです。

トレードはメンタルコントロールが重要です。冷静なマーケット判断を瞬時に下せるようにリラックスをし、翌週のトレードに向けてメンタルを整えましょう。日頃の精神状態がトレード結果に影響を与えることが多くあります。週末はプライベートにも時間を割き、好きな本を読んだり、友人と話しをしたり、家族を外食をしたり、とトレード以外の時間も大切にすると良いでしょう。

アドバイス

週末に大きなニュースが入ってきても、プラットフォームが動かないため、ポジションの調整をすることができません。金曜日にはポジションを全て閉じて週末をストレスなく過ごせるように習慣付けていきましょう。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示