ページを選択

なぜマーケットの状態が変化するのでしょうか?

マーケットニュースです! マーケットは常にfxニュースの影響で動いているのです。

重要なポイント

FX初心者が聞くととてもびっくりすることですが、ひとつの手法だけでトレードに勝ち続けるのは難しいです。 FX初心者は、いつも完璧なチャート分析手法を探していますが、そのような方法があるならばトレードはさぞかし簡単になることと思います。 しかし、残念ながらマーケットの状態はいつも変化しています。 従って、プロトレーダーは長い経験に基づき、自分の戦略をマーケットに合わせて常に調整し続けています。

例えば以下のチャートを見てください。

fx ニューズ

1月はマーケットが横ばいだったので、逆張り戦略はよく稼げたかもしれません。 FX初心者は、1月に稼げていれば嬉しいので、もっと大きいトレードをしたいと思っていたかもしれません。 ところが、1月の終わりに日銀が重要な発表をしました。 それによってマーケットはトレンド相場になりました。 逆張り戦略のままでいたら大きく損失をだしたかもしれません。

ニュースを読む

  • ニュースは長期間にわたってマーケットを動かします。
  • 予期せぬニュースは短期間に激しくマーケットを揺らします。
  • すべてのトレーダーにとってニュースがマーケットに与える影響を理解できるようになることは安全にトレードから利益をあげるために必須の要件です。

それではマーケットに影響を与える主なニュース カテゴリーを見て行きます。

経済発表

ー 経済が上向くと通常金利は上がります。よって強い経済を示す経済発表はその国の通貨を引き上げます。

ー インフレが進行するとその国の金利が上昇する可能性が高くなります。

ー 強い経済は企業の利益上昇が見込まれ株価指数を上昇させます。

特定マーケットに関する発表

ー 受給データーの発表

ー 企業の財務諸表の発表

中央銀行政策発表

ー 公定金利や金融政策の変更

ー 経済展望

ー 金融政策展望

政治

ー 政府の変更

ー 経済に影響を与える政府政策変更

ー 経済成長を損なう国家間紛争

世界的な不測の事態

ー 世界の安定や成長に影響を与える不測の事態;例、自然災害、戦争

チェック

経済発表と要人発言があるときはマーケットが速く動くので、発表の前には必ず保有するポジションを手じまいします。 発表の後、マーケットが落ち着くのを待ってから状況を判断しましょう。 順張り、逆張り、どちらの戦略がよいか、などです。

チェックリストタイトル

  • fxニュースが予想外の内容だと、ボラティリティが大きくなるので、損切りと利食いの幅を大きくする必要があります。
  • あまりにも動きが激しい場合は、しばらく待つほうが良いでしょう。
  • 損切りと利食い幅の調整だけでなく、戦略の調整が必要かもしれないからです。 例えば移動平均からのギャップがもっと大きい必要がある、又はサポートとレジスタンス付近の値動きではダマシに注意する必要がある、などが挙げられます。
  • 発表の影響があまり無い様であれば、発表前の戦略を使うことができるでしょう。 指標発表以外にもfxニュースはあります。 各国の経済状況、戦争、金融政策や、そのマーケット独自の特性などです。

どうやってニュースを得れば良いのでしょうか?

  • 今日では、多様な無料のオンラインサービスがあります。
  • 通信会社 https://www.bloomberg.co.jp/
  • ブログ (他の人の見解を読むことができます)
  • Twitter (多くの会社やトレーダ―がニュースを発信しています。 フォロワーになれば、ニュースを早く入手できます。)
  • 証券会社 (無料と有料レポート)
  • メールマガ (有料、無料のメルマガがあります。)

公定金利の影響

  • USの公定金利が1%から1.5%に引き上げられて日本の金利が据え置かれたままならUSドルの需要が高まりUSドル/円は高くなると予想する。

経済展望の影響

  • 強い経済だと金利は高くなります。よって強い経済発表があるとその国の通貨は上がります。
  • インフレが進むとその国の公定歩合が上がる可能性が高くなります。

どうやって判断すれば良いのでしょうか?

  • ニュースを判断するには経験が必要です。
  • ニュースとマーケットを毎日見ることで少しずつ分かるようになります。
  • 以前の発表の時にはどんな影響があったか、などの経験値を積んでいきます。
  • 1つか2つのマーケットの専門家になれば、より的確に判断が出来る様になります。
  • 数多くのマーケットを充分理解し、的確に判断することはとても難しいといえます。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

FX/先物チャート分析コースを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示