レンジブレイクを利用したトレードは多くのトレーダーに人気の戦略ですが、利益を上げることが難しい場合も多くあります。この記事では、レンジブレイクトレードを改善するための様々なヒントを紹介します。

この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • より収益性の高いレンジブレイクトレードのエントリーポイントを見つける
  • レンジブレイクのだましを避ける
  • レンジブレイクトレードに最適なマーケットを選ぶ

レンジブレイクとは?

レンジブレイクとはマーケットが横ばいから、直近高値を上抜く、あるいは直近安値を下抜くことをきっかけにトレンドが発生するマーケット状況を指します。レンジブレイクは大きな値動きに繋がる可能性があり、その結果、収益性の高いトレードチャンスが生まれます。

レンジブレイク戦略の使い方

レンジブレイクはトレンドに従う戦略のため、勝率が50%を超えることは滅多にありませんが、高いリスクリワードレシオを達成することが可能です。レンジブレイク戦略でトレードする際は利食いを我慢して可能な限り利益を伸ばし、損切りを素早くすることが重要です。

エントリーサイン1

高値または安値のブレイク

マーケットが直近高値を上回った時に買い、直近安値を下回った時に売ります。この戦略は、強いトレンドが出ているマーケットでとても儲かる可能性が有りますが、マーケットにトレンドが発生する前にストップ注文にヒットする可能性も高まります。
エントリーサイン2

ブレイクの前にエントリーする

この戦略では、マーケットが高値を上回る前に買い、安値を下回る前に売ります。マーケットがブレイクするとき、この戦略にはエントリーポイントの利点があります。そして、より小さなストップが必要です。このエントリー戦略を使用すると、グランビルの法則パターンを使用できる可能性が高くなります。

エントリーサイン3

ブレイクを確認してからエントリー

マーケットはレジスタンスを上回りサポートを下回りましたが、ブレイクアウトを試すために再び戻ってきました。マーケットに再びトレンドが発生した場合、これはレンジブレイクトレードを狙った低リスクとなる良いエントリーチャンスになります。

レンジブレイクでトレードするタイミング

タイミング1

1日の活動時間

マーケットに強いトレンドが発生する可能性が高い時間帯を理解することが重要です。

ほとんどのマーケットは、市場オープン直後のボラティリティが最も高くなり、レンジブレイクのトレードチャンスが多くなる傾向があります。

タイミング2

移動平均線サイン

グランビルの法則のトレンドフォローパターンを使用すると、レンジブレイクトレードを成功させる可能性が高まります。移動平均線はトレーダーに最も人気のあるインジケーターであるため、他の多くのトレーダーも移動平均線サインを使用したレンジブレイクアウトでトレードしようとします。ブレイクアウトだけでなく、移動平均線をチャートに表示させてグランビルの法則も併用すると、レンジブレイクトレードをより成功させることに繋がります。

タイミング3

長期チャートのトレンド

長期足のチャートが強いトレンドを示している場合、短期足のチャートも強いトレンドを示す可能性が高まります。例えば、5分足のチャートを使用するデイトレーダーの場合、日足チャートに強いトレンドがあるかどうかを確認することをお勧めします。長期足のチャートが強いトレンドを示している場合、レンジブレイクトレードに自信を持つことができます。

タイミング4

ニュース

ニュースとは経済発表や要人発言だけでなく、コロナウィルスなど経済、世界に影響を与えるもの全般です。
ニュースがあるときはレンジブレイクを狙ったトレードが行いやすくなりますが、ニュースがないときはボラティリティがないため、レンジブレイクを狙うことは困難になります。

 

レンジブレイクでトレードすべきでないとき

理由1

マーケットの休日

FXマーケットは毎日変動しますが、トレードしている時間帯にマーケットの休日がある場合、レンジブレイク戦略を使用しないようにします。マーケットが休日の場合、通常、ボラティリティは低くなり、レンジブレイクで収益を上げる可能性は低くなります。例えば、東京市場が休日の場合、ロンドン市場またはニューヨーク市場でのみレンジブレイク戦略を使用します。ロンドン市場、もしくはニューヨーク市場が休日の場合、その時間帯はレンジブレイク戦略を避けることが最善です。

理由2

移動平均線からの大幅なギャップ

マーケットがレンジブレイクで急速に動き、移動平均線から大きなギャップが生まれた場合、収益性の高いトレードが出来る可能性は低くなります。移動平均線からの大きなギャップは、マーケットが移動平均線に戻る可能性を高め、レンジブレイク戦略を使用した場合に損失をもたらします。

理由3

マーケットが静かな時

マーケットが最もアクティブな時間帯を理解する事が重要です。ほとんどのマーケットで、ボラティリティはオープン直後の最初の2時間で最も高まります。また、マーケットにボラティリティがあると、強力なトレンドが発生し、収益性の高いレンジブレイクが発生する可能性が高まります。反対にマーケットにボラティリティがなく、静かな場合、多くのトレードは損失になってしまうため、レンジブレイク戦略でのトレードはしない事が最善です。

理由4

経済発表

経済発表時のトレードは非常に収益性が高い反面、大きなリスクも伴います。レンジブレイク戦略をトレードする時は、経済発表時のトレード経験がない限り、避けることが最善です。ほとんどのトレーダーにとって、経済発表でレンジブレイク戦略を使用することは大きな損失につながる可能性があります。

レンジブレイクが最も収益性が高いとき

ポイント マーケットがレンジ内にある時間が長いほど、レンジブレイクが収益を上げる可能性が高くなります。マーケットが長い間レンジ内にあると、多くの人がレンジトレードを行っているため、レジスタンスで売り、サポートで買うトレードを行っています。そこに大きな注文が入り、初めてレンジをブレイクすると、レンジトレードの多くの負けポジションが損切となります。多くのストップロス注文がマーケットに入ることで、レンジブレイクのエントリーはより収益性が高まります。

マーケットに強いブレイクアウトが発生する可能性が高いかどうかを理解することはトレードをする際に役立ちます。マーケットが10日間の高値を上回った場合、これは3日間の高値ブレイクよりも重要です。マーケットが高値を上回った場合、もしくは高値にタッチした回数が多いほどブレイクアウトはより収益性が高くなります。

FXレンジブレイクメンタルコントロール

ヒント FXレンジブレイクは通常、勝率は低いものの、損失と比較して大きな利益を得られます。勝率が低いため、2、3連敗してしまうと、この戦略に従い続けることが難しくなる場合があります。次のトレードで大きな利益になる可能性があるため、仮に損失になったとしても、この戦略に従い続ける強いメンタルが必要です。

レンジブレイク戦略を理解し、この戦略を使用したトレード経験が長くなればなるほど、トレードルールに従うことが容易になります。レンジブレイク戦略を使用する場合は、短期的な損失を受け入れ、利益目標が達成されるまで我慢することが非常に重要です。

1回1回のトレード結果ではなく、トレーディングパフォーマンスを長期的に見ていくと、ストレスレベルを下げやすくなります。利益の後に興奮したり、損失の後に落ち込んだりを繰り返していると疲れてしまいます。短期的なトレード結果を心配するのではなく、トレード戦略の改善に焦点を当てていきます。

FXレンジブレイク資金管理

FXレンジブレイクは通常50%以下の低い勝率であるため、資金管理が非常に重要です。レンジブレイク戦略の目標は、平均利益を平均損失の少なくとも2倍にすることです。

 

大きな利益を期待して、その分大きなストップロスを設定してしまいがちですが、普通、収益性の高いレンジブレイクトレードはあっという間に利益となるため、小さなストップを設定することをお勧めします。低い勝率であっても長期的に利益を上げるためには、マーケットがターゲットにヒットするまで辛抱強く待つ必要があります。

 

どのレンジであっても、同じポジションサイズでトレードをすると、結果の一貫性が向上します。また、トレンドが強い場合は、収益性の高いポジションに追加することも有益です。例えば、マーケットがレジスタンスをブレイクした時に1ロットで買い、マーケットがそのまま上昇し続ける場合に、更に1ロット買い足します。

アドバイス

レンジブレイク戦略は、スキャルピングからスイングトレードまで、様々なタイプのトレーディングに有益です。レンジブレイクのトレードを成功させるには、十分な準備をして、常にトレードルールに従う必要があります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示