トレーリングストップとは?

トレーリングストップは、保有ポジションの含み益の増加に伴い、ストップを小さく狭めていくストップロス注文のことを言います。

ロングポジションを保有しながらトレーリングストップを使用する場合、マーケットが上昇するのに連れてストップロス注文を引き上げていきます。

反対に、ショートポジションを保有しながらトレーリングストップを使用する場合、マーケットが下降するのに連れてストップロス注文を引き下げていきます。

たとえば、100.00で買いエントリーをし、ストップロス注文を99.00に設定したとします。マーケットが100.50に上昇するのに合わせて、ストップロス注文を99.50に引き上げます。マーケットが101.00まで上昇し続けた場合、ストップロス注文を100.00、この場合は建値にまで引き上げることができ、もしもマーケットが下落してきても損失を抑えることが可能となります。

トレーリングストップの利点

利点1

リスクリワードレシオの改善

損切り幅を小さくすることでリスクリワードレシオが改善できます。リスクリワードレシオが改善するほど利益を出しやすくなるため、必要な勝率は低くて済みます。

プロトレーダーはたいてい、少なくとも1以上のリスクリワードレシオを追求しているため、利益を出すために高い勝率を求めません。勝率よりもリスクリワードレシオに着目してトレードを見ているのです。損失をコントロールすること、これがFXトレードには重要です。

利点2

利益を伸ばすことが容易になる

マーケットに強いトレンドが出ている時はターゲットをどこに置こうかと悩むかもしれません。そこでトレーリングストップを用いると、利益を伸ばすことが容易となり、タイミング良く大きなトレンドを掴むことが出来れば、長時間トレンドをフォローし続けていくことができます。

利点3

ストレスの軽減

利益の出ているトレードが損失へ転じることはとても悔しいものです。苛立ちを感じているときは、悪いトレードを行いやすくし、大きな損失が出やすいものです。そこでトレーリングストップを適切に用いると、利益の出ているトレードが損失に変わることを避けることができるため、トレードにかかるストレスの度合いを軽減させることができます。

利点4

もっとトレードチャンス

多くのトレーダーは負けポジションを長く持ちすぎます。より良いトレード機会を見つけることができるように、負けポジションを素早く決済するのは良い考えです。

トレーリングストップを使用することで、すぐに利益を生むトレードを終了します。負けトレードを素早く終了することにより、再びトレードすることができ、次のトレードはより成功する可能性があります。

トレーリングストップ使い方

トレードをするときはいつも、エントリーしたらすぐに損切りを置きます。ひとたびマーケットがあなたの思惑通りの方向へ動いたなら、損切り幅を徐々に小さくしていくべきです。 トレードをする前に損切りラインをどのように移動させていくか計画しておくことをお勧めします。これによりトレードは容易に改善されます。

注文方法は プラットフォームにより異なります。MT4ではチャート上でマウスのドラッグにより簡単に損切りラインを狭めることができます。他のプラットフォームでは手動で注文を変更する必要があり、少し時間がかかる場合があります。

最初に損切り幅を減らし始める利幅を決めます。たとえば50pipsの利がのっている状態から損切り幅を30pips減らします。以降10pips順行すればさらに10pips減らしていくことができます。

トレーリングストップ注意点

損切りラインを動かすのを早すぎないようにする

  • トレードするたびに完璧なエントリータイミングで入ることはむずかしいため、 トレーリングストップを あまりにも早く用いると損失につながる可能性があります。 損切りラインを素早く動かしながら最小限に損失を抑えることは魅力的ですが、トレードが利益につながる時間を確保することが重要です。
  • 私は5〜10pipsを稼ごうとするデイトレードにおいて、 利益につなげるために、通常は少なくとも1〜2分待ってからトレーリングストップを用います。大きな利幅を狙うデイトレダーやスイングトレーダーにおいては、もっと長く待つことをお勧めします。

トレーリングストップの例

以下は、トレーリングストップを適切に用いているトレーダーの例です。

トレーダーは上昇トレンドにおいて移動平均線にちょうどタッチしたとき、109.25円で買いました。最初の損切りラインは移動平均線の下に置きました。価格が上がったので損切りラインを上げましたが、依然として移動平均線がサポートとして機能するように、その下に保ちました。

市場が大きく動く可能性があると考え、利益を伸ばしたいのでターゲットは設定しませんでした。そして価格が移動平均線を下回ったとき、トレーリングストップにヒットして、トレーダーに大きな利益をもたらしました。

トレーリングストップ手動のほうがいい

MT4などの一部のプラットフォームで自動トレーリングストップを使用する事は可能ですが、私は手動トレーリングストップの使用をお勧めします。自動トレーリングストップを使用する場合、トレードが10Pipsなどの設定した額を稼ぐと、その後余分なPipsを稼ぐたびにストップは1Pipsずつ減少します。ストップを自動的に減らすために使用できる様々な設定があります。

自動トレーリングストップは、ルールに従うのをより簡単にし、マーケットを注意深く監視する必要がありません。これはスイングトレードに適しています。デイトレード時、あなたは通常マーケットを注意深く見ている為、手動トレーリングストップを使用できます。

自動トレーリングストップはサポートとレジスタンスを分析しません。その為、ストップの移動が速すぎる場合があります。ロングポジションを保有していて、ストップロスを減らしたい場合、ストップにヒットする可能性を減らすため、ストップをサポートの下に維持します。マーケットが上昇トレンドにある場合、ストップを移動平均線より低く保ちたいはずです。自動トレーリングストップの場合、ストップが移動平均線より早く移動しすぎる事があり、その結果収益性の高いポジションをあまりに早く決済してしまう事につながります。

アドバイス

最後のアドバイス

損切りラインを動かし始めるタイミングを習得するには時間がかかりますが、練習とトレードの振り返りを通じてスキルが向上します。トレーリングストップにヒットした後に、価格が当初に設定していた利益確定ラインにまで到達したときにはイライラすることがあります。しかし長期的にみると、トレーリングストップが、あなたのトレード成績に改善をもたらすのでお勧めします。

成績を振り返ることで、自分のトレードを改善する方法を理解できます。 各週の終わりに成績を改善するため、損切りラインを違ったやり方で 変更したかどうかなどを確認する必要があります。

トレーリングストップを使用するのに完璧な方法はありませんが、上手に用いれば、メリットはコストを上回るはずです。 損失を小さく抑えれば、長期的に利益を上げるのがずっと簡単になります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示