トレンドラインは、多くのトレーダーがトレードチャンスを見つけるために使用する、人気のプライスアクションのインディケーターです。 トレンドラインの知識を増やすことは、順張りと逆張りの両方のトレードチャンスを見つけるのに役立ちます。

この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • 収益性の高い順張りトレードの機会を見つける
  • 順張りトレードの手仕舞いを改善する
  • 高勝率の逆張りトレードの機会を見つける

トレンドとは?

トレンドラインは、高値、または安値に引くラインを指します。トレーダー毎に引くラインになるため、トレーダーによって意識するトレンドラインに差が生じます。しかし目の前のマーケットの値動きがどういう状態であるのかを明確に示している線である、という認識は共通です。トレンドラインは、トレードのエントリーや決済ポイントを見つ出すための価格変動の方向性と速度を示しています。

以下のチャートに示されているのは上昇トレンドラインです。
価格の下落が終わり、上昇していく中で、少し価格を下げ、更にそれ以上の上昇が続いています。上昇トレンドの安値同士を結んだ線が、上昇トレンドラインとなり、サポートラインとしても機能していることが分かります。

下のチャートは下降トレンドが示されています。下降トレンドもずっと下げ続けているのではなく、下がっては少し上がりまた下がって、を繰り返しています。少し上がった高値同士を結んだ線が、下降トレンドラインとなり、サポートラインとしても機能していることが分かります。

トレンドラインの引き方

トレンドラインを描くときは、2つのボトムまたはトップを結んだラインを描きます。市場が3回目にラインに触れると、トレンドが確認されます。触れるトップまたはボトムが多いほど、トレンドラインは強くなります。

1分足から月足まで、どのチャートでもトレンドラインを描くことができます。より期間の長いチャートのトレンドラインの方がより重要です。それは、より多くのトレーダーが長期足のチャートを使用しているからです。以下は、1分足の上昇トレンドラインと月足の上昇トレンドラインです。

一部のトレーダーは、100バーのような線を描くためには、チャート上に一定量のデータが必要であると言いますが、各トレーダーは、使用するデータ量について独自の見解を持っています。すべてのトレーダーは、より多くのデータと、トレンドラインにタッチする回数が増えるほど、そのトレンドラインが重要だと同意できます。

トレンドライン戦略

トレンドラインで使用できる戦略には、順張りと逆張りの2種類があります。

トレンドフォロー戦略は、マーケットが上昇トレンドラインに戻ったときに買い、下降トレンドラインに戻ったときに売る戦略です。

トレンドフォロー戦略は、マーケットが上昇トレンドラインに戻ったときに買い、下降トレンドラインに戻ったときに売る戦略です。

高度なトレード戦略は、トレンドが小休止した後のトレンドに従います。 たとえば、マーケットが上昇トレンドラインを下抜けしますが、その後上昇トレンドラインを上回ってトレンドが再開します。 上昇トレンドラインが続くことで、非常に収益性の高いトレード機会が生まれます。

トレンドフォロー戦略を使用する場合、トレンドが終了したら手仕舞いします。一部のトレーダーは、2つのトレンドラインを使用してチャネルラインを描画し、利食いに使用します。

逆張りトレードの機会に集中するトレーダーは、マーケットが上昇トレンドラインを下抜いた時に売り、下降トレンドラインを上抜いた時に買います。

トレンドライントレーディングヒント

ヒント1

常にマーケットをフォローする

トレードタイミングを改善する簡単なルールは、陽線で買い、陰線で売ることです。このルールは、多くの潜在的な負けトレードを防ぎます。マーケットが上昇トレンドに戻ったら、マーケットが再び上昇するまで待ってから買います。
ヒント2

常にストップを使用する

100%の確率でお金を稼げるトレンドラインはないため、ストップロスを使用する必要があります。通常、トレードが成功するとすぐに収益が得られるため、小さなストップを使用する必要があります。 損失を出した後、リベンジトレードを回避するために少し休憩を取ります。
ヒント3

利益を伸ばすのは重要

トレンドフォローは通常、勝率が長いので、リスクリワードレシオを1以上にすることが重要です。高いリスクリワードレシオを達成するには、トレードが利益を出した時、その利益を伸ばす為に辛抱する必要があります。

アドバス

トレンドラインは、すべてのトレーダーが理解すべき重要なトレードコンセプトです。 トレード時にトレンドラインを探す事はしますが、私はトレンドラインではなく移動平均を使用する方が簡単なので、移動平均線を使用するのが気に入っています。トレンドラインを使って実験し、トレーディングパフォーマンスを向上させ、何がうまくいくかを確認してください。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示