ページを選択

銀行 トレーダー

銀行の役割は大口顧客の取引の支援です。
手数料ではなく売りたい顧客と買いたい顧客の価格差で儲けます。銀行トレーダーは自分のポジションも持ってトレードもしますが、このとき顧客からの注文情報がトレーディング機会を見つけるのに助けに成ります 。

 

銀行トレーダーは一つか少数のマーケットの専門家に成ります。そして超短期から長期のすべてのトレーディングをします。使う戦略はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を混在させたものを使います。

ヘッジファンド トレーダー

ヘッジファンドトレーダーは通常マーケットで一番大きなトレーダ ーです。 ヘッジファンドは大口投資家から資金を受けて資金管理手数料をもらいます。そして儲けはあらかじめ決められた数式に基づいて投資 家と分け合います。
ヘッジファンドには二つのタイプがあります
ファンダメンタル へッジファンド は数週間とか数ヶ月間の長期間ポジションを保有します。そしてマーケットの需要と供給を分析しながらトレーディング機会を見つけます。

 

テクニカルヘッジファンドは数学モデルを使ってトレーディング機 会を見つけます。 トレードは秒単位から数ヶ月迄トレーディング戦略により異なりま す。

プロップファーム トレーダー

プロップファームはヘッジファンドと似ていますが資金は機関投資 家以外から受けます。 プロップファームは通常へッジファンドよりも短期のトレードをし ます。 プロップファームはトレーダーに給与は支払わずにトレードの儲け の一定割合を成果報酬として支払います。

プロップファームは多くのトレーダーにリスクを分散し、 ファンダメンタル戦略とテクニカル戦略の両方を使いトレードします。 チームで働けてサポートも得られる上に、成果報酬が大きいので、銀行やヘッジファンドで成 功したトレーダーもチームに参加します。

ブローカー

ブローカーは本来仲介業者なので顧客のトレードの仲介手数料で 稼いで自分ではトレードをしません。しかし中には自分でトレードをするブローカーもいますが、こういう業者は顧客からの買い注文に利幅をのせて売って儲けようとするので危険です。自分ではトレードをしないブローカーを選ぶのが良いです。

個人トレーダー

自分の資金でトレードするのでリスクは高いです。トレーディング戦略を持っている人は稀で殆どはチャート分析だけでトレードします。周りからのサポートもなく一人でもがいて儲ける事だけ思ってトレードするので85%の個人とレーダーは損しています。

 

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

FX/先物チャート分析コースを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】プロトレーダージャパンの提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示