ページを選択

システムトレードはあらかじめ売買ルールを設定してシステム的にトレードする方法で、規則的にトレードできることでトレード成績の向上を目指します。 システムトレードには人間の判断を全く介さずに事前に組み込んだプログラムがトレードする全自動もありますが、人間の裁量であらかじめ決めておいたトレードルールに従い手作業でトレードすることもシステムトレードに含まれます。 システムトレードではトレードのタイミングを決めるのにテクニカル分析指標を使います。

 

 

  • 移動平均線
  • RSI
  • MACD
  • ボリンジャーバンド

マーケットプライスとテクニカル分析指標を表示できるトレードプラットフォームを準備します。トレードプラットフォームの中には利益のバックテストができるものもあります。

バックテストができるとトレードするマーケットで一番儲かる指標を見つけることができます。

見つけた指標はデモ口座で試します。実際にトレードシステムを実行すると色々な問題が見えてきます。

デモ口座で良い実績が得られたら実際のお金を使ってトレードします。

マーケットは常に変化しているので儲け続けるにはシステムの調整が欠かせません。

 

システムトレードでは感情を排します。個人投資家にとって感情が最も扱いづらい代物です。投資家は損失を被った場合うまく決定できずに結論を先延ばししてしまい、それが大きな損失へとつながります。一方システムトレードは事前に設定したトレードルールに従いシステマティックにトレードするので感情の入り込む余地をなくせます。

システムトレードは時間の節約になります。一旦有効なシステムトレードが構築できれば、後は最適化を図るだけでトレードで悪戦苦闘する必要はなくなります。

システムトレード 検証

システムトレードの成績は過去データを使って予測できます。システムトレードの変数を色々と変えて過去データを使いトレード成績の良い組み合わせを発見することができます。検証を重ねることにより自分の作ったシステムトレードに確信がもてるようになります。

 

システムの構築は紙を使って手作業でするのではなくコンピューターを使った方が良いです。ほとんどのトレーダーにはソフトウェアを勉強してシステムを構築するのは難しいので、まずはトレードプラットフォームを決めてバックテスト方法とトレードルールのプログラミング方法を学習します。実際のお金を使ってのトレードはデモ口座でシステムトレードの成績を十分に確認してから行ないます。

過去のデーターを分析すればマーケットの理解の助けになりますが、必ずしも未来も同じように動くとは限りません。マーケットは世界の変化につれて常に動いていることを理解することがとても重要です。

システムトレードを始める時には手数料やスプレッドなどのコストと取引成立率に関連するスリッページを考慮してトレード戦略を策定します。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

FX/先物チャート分析コースを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示