多くのトレーダーはFXで利益を上げる最も速い方法はたくさんトレードすることだと考えています。この記事では、私たちのプロップトレーダーの多くが1日1回だけトレードするfx戦略を使用し、実際にトレードを改善させている理由を説明します。

1日1回のFX戦略とは何ですか?

1日1回のFX戦略は、1日に1つのポジションのみをトレードしますが、使用できるFXトレードスタイルは数多くあります。 一部のトレーダーは数分以内にポジションを終了し、一部のトレーダーは数時間以内にポジションを終了します。 また、移動平均線、MACD、ボリンジャーバンド、プライスアクションなど、さまざまインジケーターも使用できます。

私の好みは、1回のトレードで5〜10ピップをターゲットとするスキャルピングトレード戦略を使用することです。 スキャルピングトレード戦略では、ほとんどのトレードは5分間しかポジションを持たないはずです。つまり、マーケットを監視するのに必要な時間をとても短くできます。 スキャルピング戦略の利点は、トレードする期間が短いのでルールに従うのが簡単である、という事です。

もう1つのトレード戦略は、デイトレードで、最大数時間ポジションを持ちます。 デイトレードはスキャルピングよりも多くの利益をPipsでもたらす可能性がありますが、ポジションを長く持つほどルールに従うのが難しくなる可能性があります。もし1日1回だけトレードするならば、あなたのトレードが、最初は利益を生み、マーケットが反転して損失に変わる、という事が何度もあるとイライラします。

1日1回のFX戦略のメリットは?

メリット1

ストレスが少ない

トレードが少ないほど、ストレスも少なくなります。 毎日何回もトレードすることは非常にストレスがかかり、トレーダーがミスをする事につながります。 1日1回のFX戦略を使用すると、トレーダーはストレスが少なくなり、トレードルールに従う可能性が高くなります。
メリット2

リベンジトレードがない

負けトレードの後にトレードルールを破ることは、多くのトレーダーにとって大きな問題です。1日に1回しかトレードしない場合、リベンジトレードはできません。 リベンジトレードをやめると、長期的に利益を上げることが容易になります。
メリット3

トレードタイミングの改善

1日に1回しかトレードしない場合、トレードのタイミングは改善されます。最高のトレード機会が来るまで我慢することは、利益を上げるチャンスを増やすでしょう。 多くのトレードよりも、トレード計画に従って正確に1つのトレードを行う方がはるかに簡単です。
メリット4

時間を短縮

1日に1回だけトレードするということは、自由な時間を楽しむ時間がより多くあるという事です。FXトレードの回数が多すぎると、損失を出すためだけに長期間のトレードが行われます。 トレード時間を短縮することは、トレードパフォーマンスの向上に集中することがより簡単になります。

1日1回のFX戦略で大金を稼ぐことはできますか?

トレードでより多くのお金を稼ぐための方法は2つあります。同じポジションサイズでより多くのPipsを稼ぐか、ポジションサイズを大きくするかです。私はより多くのPipsを稼ぐよりもポジションサイズを増やす方が簡単だと思います。FXはレバレッジが高いので、大きなポジションをトレードするのに多額のお金は必要ありません。

トレーダーに対する私の目標は、1日あたり平均5Pipsを稼ぎ、100万通貨のポジションをトレードすることです。毎日5ピップス稼ぐだけでも、毎月の平均月収は週で250,000円です。最初は1万通貨のような小さいポジションから始めて、トレーディングスキルを構築していくことをお勧めします。利益を上げると、トレードするポジションを増やすことができます。

1日1回のFX戦略の例

私が好む戦略は、5分足チャートで10期間の移動平均線を使用する戦略です。移動平均線は、以下に示すグランビルの法則を使用すると、順張りと逆張りの両方のトレード機会を提供します。

私の目標は、1つのトレード機会を探す1時間を選択することです。同じ時間にトレードすることで、トレードのタイミングが向上します。例としては、東京時間の17:00から18:00、または22:00から23:00のトレードで、マーケットのボラティリティが高く、1時間以内に1つの良いトレードを見つける機会が多くなります。

適切なマーケットを選択することは、良いトレード機会を見つけるために重要です。私の現在の好みはGBPJPYまたはGBPUSDのトレードです。以下のチャートに示すように、ボラティリティが高いので、短期間に10Pipsの利益を上げることが可能です。

リスク管理は、1日1回のFX戦略を使用する際に正しく理解することが非常に重要です。多くのトレーダーはストップロスをあまりに大きく設定しているため、リスクリワードが低くなり、長期的に利益を上げることが難しくなっています。私の好みは、通常のトレード条件では10Pipsのターゲットと5Pipsのストップロスを使用することです。

1日1回のFXトレードの例

以下に示すのは、Turn Tradingのプロップトレーダーが実行するトレードの例です。

タイミングが正しければ、約5Pipsのストップロスですばやく利益を得ることができるというのがわかります。

アドバイス

トレード数を増やすよりもポジションサイズを大きくすることで利益を増やす方がはるかに簡単です。多くのトレーダーがトレードを1日1回に減らすことでパフォーマンスを改善するのを見てきました。1日1回、あなたの最高のトレード機会が来るまで我慢してください。これは有益なFXトレード戦略であることがわかるはずです。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示