この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • 裁量トレードを改善する方法を理解する
  • 裁量トレードとシステムトレードの違いを理解する
  • 自分に合った最高のトレードスタイルを選択する

裁量トレードとは?

裁量トレードは、人間のトレーダーが収益性の高いFXトレードを見つけるためにいつ売買するかを決定します。裁量トレードの反対は、システムトレードです。システムトレードでは、コンピューターがマーケットにどこで出入りするかを決定します。

ほとんどのトレーダーは自分でマーケットを判断し、システムトレードを100%信用しないので、裁量トレードはFXトレードをする上で最も一般的な方法です。裁量トレードは、ルールに従うのに苦労している一部のトレーダーにとって難しい場合があります。

裁量トレード対システムトレード

裁量トレードとシステムトレードは互いに完全に反対です。多くのトレーダーは裁量トレードのみを強く信じており、他の多くのトレーダーはシステムトレードのみを強く信じています。現実には、裁量トレードを使用する収益性の高いトレーダーも、システムトレードを使用する収益性の高いトレーダーもいるため、どちらも収益性が高くなる可能性があります。

裁量トレードとシステムトレードの強みを組み合わせたトレーダーもたくさんいます。トレーダーは、ヒストリカルデータでトレーディングのアイデアをテストして、収益性があることを確認しますが、トレーディングスキルを使用して、戦略に従うかどうかを決定します。熟練したトレーダーがルールに従うための高いレベルの自己規律を有している場合、裁量トレードとシステムトレードを組み合わせると非常に収益性が高くなります。

トレーダーへの私のおすすめは、裁量トレードとシステムトレードを使ってみて、どちらがより楽しめるかを確認する事です。システムトレードを行う場合、他の誰かのシステムを使用するのではなく、可能であれば独自のシステムを構築するようにすべきです。独自のシステムを構築することは困難ですが、誰かのシステムを使用するよりもトレードスキルが向上し、利益を上げる可能性が高くなります。

裁量トレードヒント

ヒント1

自己規律を向上させる

裁量トレードが難しい主な理由は、FXトレーダーがルールを守れないことです。最初はルールに従うことは不可能に思えるかもしれませんが、交通標識に従うことや時間どおりに仕事をすることなど、日常生活の他の多くのルールに従うことができていることを覚えておく必要があります。トレードの際に良いルーチンを構築することに集中してください。そうすれば、トレードに100%集中でき、ルールに従うことができます。

ヒント2

マーケット経験を得る

裁量トレードで成功するためには、現在のマーケットにトレード戦略を適応させる方法を学ぶ必要があります。トレードの経験が多いほど、トレード戦略をすばやく調整できます。トレーディングスキルを向上させ、マーケットパターンを覚えるためには、トレードノートを記録し続ける事が重要です。

ヒント3

自分を信頼する

裁量トレードを使用するトレーダーにとって最大の問題の1つは、利益を十分伸ばすことができず、十分早い損切りができない事です。リスクリワードレシオが1を超えるように、トレードスキルを信頼することが重要です。利益を上げるために高い勝率は必要ありません。成功する裁量トレーダーは、マーケットの将来を予測せずにリスク管理に焦点を当てます。

ヒント4

ニュースを理解する

裁量トレードの場合、トレード戦略を適応させるために、どのニュースが価格を変動させているのかを理解することをお勧めします。重要なニュースがある場合、市場はトレンド市場である可能性が高くなります。ニュースがない場合、市場はレンジ内にある可能性が高くなります。

トレードを開始する前に5分間ニュースを確認するだけで、トレードパフォーマンスに大きな違いが生まれます。最初はニュースを理解するのは少し難しいかもしれませんが、少し勉強した後は知識が増えます。

ニュースを読むときは、将来を予測したりしないように注意してください。あなたの目標は、裁量トレードのパフォーマンスを改善する為に、ニュースを読んで市場の現在と将来の状況を理解する事です。

裁量トレードメリット

メリット1

すぐに適応できる

システムトレードに対する裁量トレードの主な利点は、現在の市場に適応できることです。熟練した裁量トレーダーは、市場を分析し、トレンド戦略とレンジ戦略のどちらでトレードするか、そして何ピップスのストップとターゲットを設定するかをすばやく決定できます。システムトレードは過去のデータのみに依存しており、市場の状況が変化した場合、現在の市場に適応することは困難です。

メリット2

楽しい

裁量トレード時に利益をもたらすトレードを自分で計画することは非常に満足のいくものです。市場を分析して収益性の高いトレードを見つけるには、スキルとハードワークが必要です。トレーディングスキルを構築し、適切なエントリーを待って、ターゲットがヒットするまで辛抱強く待つという挑戦は楽しいものです。

裁量トレードデメリット

デメリット1

時間がかかります

裁量トレードでは、人間のトレーダーが市場の分析と監視に多くの時間を費やす必要があります。システムトレードはトレードシステムを構築するのに時間がかかりますが、その後トレーダーはコンピュータにトレードを実行させることができます。裁量トレード時に、市場を長時間見続けるのは簡単で、損失を出すとイライラすることがあります。
デメリット2

ルールに従うのが難しい

裁量トレードは高度な自己規律を必要とするため、損失を避けるためにトレード中にルールを変更する誘惑があります。多くのトレーダーは優れた裁量トレードのアイデアを持っていますが、トレードの際にミスをする事でパフォーマンスが低下します。裁量トレード時は、精神的に強く、ルールを100%守る必要があります。トレード終了後にトレードルールを調整するのは可能ですが、トレード中にルールを変更することは危険です。

ポイント 裁量トレードをするトレーダーは、優れたトレード戦略だけでなく、メンタルコントロール戦略も必要です。プレッシャーのもとでルールに従うことは多くのトレーダーにとって難しいので、トレーディングの際に落ち着いて集中する方法を計画する必要があります。

十分に休息し、利益を上げる意欲があるときにのみトレードするのが最善です。裁量トレードでは、トレーダーがトレード機会を活かす為に十分な準備が必要です。裁量トレード時にコントロールを失い始めたら、すぐにトレードを停止する必要があります。

優れた裁量トレーダーは、トレーディングのパフォーマンスを見直し、戦略を改善するだけでなく、メンタルコントロールを改善する方法を見つけることに費やします。精神的に強くなるには時間がかかりますが、時間をかけて集中する事で、誰もがそれを行うことができます。

裁量トレード資金管理

裁量トレードでは、長期にわたって利益を上げる為に明確なリスク管理ルールを持つ事が非常に重要です。明確なルールがなければ、裁量トレードはギャンブルになり、非常にストレスになる可能性があります。

毎日、トレードを始める前に以下について決定する必要があります。

資金管理ルール

  • 何ポイントのターゲットにするか
  • 何ポイントのストップにするか
  • 何回トレードするか
  • 1日のストップロス
  • 1日の利益目標

これらのルールを紙またはオンラインで書き留めるとルールに従う可能性が高まります。裁量トレードでお金を稼ぐ場合、短期から長期まで、さまざまな方法がありますが、損失を管理して、利益を拡大できるリスク管理計画が必要です。

裁量トレードメンタルコントロール

裁量トレードでは、トレーダーはプレッシャーのもとでルールを守り、間違いをしないようにします。多くのトレーダーは、適切な裁量トレードプランを持っていますが、ルールに従うことが難しく、損失につながります。

裁量トレードのパフォーマンスを分析することにより、ストレスの原因とトレードルールに従わない原因を理解できます。多くのトレーダーは、仕事での困難な一日の後の疲れた状態でのトレードに問題があるため、毎日トレードするべきではありません。

別の例は、損失後、次のトレードでトレード計画に従わず、より多くの損失をもたらす場合です。良い戦略は、損失の後で少し休憩を取ることです。そうすれば、再びトレードする前に、より落ち着くことができます。

成功する裁量トレードには、メンタルコントロールプランがあり、トレード中常に落ち着くようにします。プロのトレーダーは、強力なメンタルコントロールがトレードの最も重要な部分の1つであることを理解しています。

裁量トレードで 勝てない理由

裁量トレードで勝てないのは、トレーダーがトレードルールに従わないことが主な理由です。お金を失うことへの恐れは、多くのトレーダーがトレード中にルールを頻繁に変更することを意味します。トレード開始前にトレードルールを決定し、結果に関係なくそれに従うことが重要です。

損失を回避するためにトレード中にトレードルールを変更することは非常に魅力的ですが、大きな損失を回避するためにストップロスルールに従うのが最善です。分析の結果が損失になった場合は、トレードを停止して戦略を確認するのが最善です。戦略を一晩確認した後、翌日新しい戦略でトレードを開始できます。

アドバイス

私の好みは裁量トレードを使用することですが、過去のデータで自分のトレーディングのアイデアをテストできるように、システムトレードから学んだスキルを使用することも検討します。トレードの難しい部分は、マーケットが常に変化しているため、裁量トレードを使用する熟練したトレーダーは、通常、システムトレードを使用するトレーダーよりも利益を上げることができるということです。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示