ユーロドル、または一部の人が呼ぶように、ユーロは世界で最も活発に取引されている通貨です。

欧州連合は27か国から成り立っています。 27か国のうち19か国が通貨としてユーロを使用しています。
ユーロは2002年に取引を始めたばかりの新しい通貨です。ドイツはヨーロッパの中で一番大きな経済大国で、アメリカとは別にユーロドルの動きへ大きな影響及ぼします。

【ECB】

ECBは、欧州連合のすべての加盟国の金利を決定する欧州中央銀行の略です。欧州連合の利息の動向は、ユーロドルの動きに非常に大きな影響を与えます。

金利が高いとユーロドルは上昇し、金利が低いとユーロドルは下落します。欧州経済は苦戦しており、長期間にわたって欧州の金利は非常に低くなっています。

欧州連合の金利を決定するため、ECBは6週間ごとに会合を開いています。近年の金利は非常に低く、金利の動きはほとんどありません。金利政策の変更が発表されるとECB総裁は記者会見を開き、欧州経済と欧州の金融政策に関する現在の見解を説明します。

金融政策は、西ヨーロッパ時間13:45に発表されます(ヨーロッパ夏時間4月〜10月は日本時間20:45、ヨーロッパ冬時間11月〜3月は日本時間21:45)。

ECB総裁の記者会見は、西ヨーロッパ時間14:30に始まります(ヨーロッパ夏時間4月~10月は日本時間21:30、ヨーロッパ冬時間11月~3月は日本時間22:30)。

金融政策発表、ECB総裁の記者会見、ともに、ユーロドルを象徴する最も重要な時間となります。

【経済データ】

米国の経済発表は欧州の経済発表よりも重要ですが、欧州の経済発表も同様に注視することが重要です。

ユーロドルの重要な経済発表にはこのようなものがあります。

ー ユーロ・ZEW景況感指数 01月
ー ドイツ・ZEW景況感指数 01月
ー ドイツ・Ifo景況感指数 01月

ー アメリカ・雇用統計 01月
ー アメリカ・ISM非製造業景気指数 01月
ー アメリカ・ISM製造業景気指数 01月
ー アメリカ・実質GDP(速報値) 第4四半期
ー アメリカ・FRB政策金利(FOMC) 01月
ー アメリカ・小売売上高 12月

【最も活発なマーケット】
いつトレードチャンスを探すべきかを理解するため、一日を通してユーロドルのボラティリティを理解することが重要です。

こちらは、ある一日の30分間の平均レンジ(高値安値)から割り出した分析です。

ユーロドルのボラティリティは、他のFX通貨ペアやや石油のような他の市場に比べてそれほど高くないため、ユーロドルの短期トレードは困難です。ユーロドルをスキャルピングのような非常に短い時間、ポジションの保有時間が5分未満でトレードする場合、利益を得られる機会は稀であるため決済まで我慢する必要があります。

ユーロドルの最近のボラティリティは低く、マーケットのトレンドもほとんどないため、テクニカル分析を使用するのが難しい場合があります。マーケットがトレンドを作り始めてからトレードする方が良いでしょう。

ユーロドルは、1時間以上ポジションを保有する意思のあるトレードに適しています。ユーロドルでより長いポジションを保有することは、1以上のリスクリワードが得られ、より良いトレードを見つけることができます。

FEDは米国の中央銀行であり、ユーロドルに最も重要な影響力を持ちます。
米国の公式金利の変化は、金利に関するユーロドルのコメントに大きな影響を与える可能性がありますが、経済もユーロドルに大きな変動をもたらす可能性があります。

すべてのFXトレーダーは、経済カレンダーを定期的にチェックすることにより、いつFEDの会合や当局者によるスピーチがあるかを知る必要があります。FEDのアナウンスがあると、ボラティリティが非常に高くなる可能性があるため、大きな損失を回避する準備をするのが最善です。初心者のFXトレーダーは、市場が非常に不安定な場合はトレードを避け、FEDのアナウンスメントでトレードする前に市場についてさらに学ぶ必要があります。

ユーロドルは、短期的にレンジトレード戦略でトレードしたいトレーダーにとってトレードに適した市場です。ボラティリティは高くなく、市場の動きは通常非常に遅いため、市場は初心者トレーダーに適しています。

収益性の高いトレード機会を見つけるには辛抱強く待つ必要があるため、ユーロドルはイライラする可能性があります。市場に参入したら、ターゲットが達成されるまでに時間がかかるため、落ち着いて利益を伸ばすことができることが重要です。

ユーロドルは、数日間ポジションを保持するスウィングトレーダーに最適です。ユーロドルのスプレッドが小さいため、デイトレードの機会がありますが、小さな目標を設定し、損失を小さく保つ必要があります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示