FXロンドン時間とは?

世界最大のFX市場はロンドンにあります。 FXロンドン時間は、現地時間7時~17時までです。ロンドン時間の7時は、夏は日本時間の15時、冬は日本時間の16時です。ロンドン時間の17時は、夏は日本時間の25時、冬は日本時間の26時です。

ロンドン時間にFXトレードができるようにすべての主要銀行にはトレーディングデスクがあります。トレーダーにとって、ロンドン時間は多くのトレード機会を得られるため、トレードするには最適なマーケットです。

FXロンドン時間パターン

トレーダーは、東京市場の終値とニューヨーク市場の始値を取引できるため、ロンドン時間のFXトレードは有益であり、マーケット全体を理解することができます。東京市場とニューヨーク市場を理解することは、この2つのマーケット間のトレードパターンを使いロンドン時間をトレードできるということです。

パターンの例としては、東京市場でのFX価格の上昇が挙げられます。それはロンドン時間もマーケットが上昇するか否か、データを分析することで、東京市場とロンドン市場の間にパターンがあるかどうかをすばやく確認できます。過去にパターンの確率が60%を超える場合、そのパターンを用いてトレードすることは役立ちます。

東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間それぞれのマーケット間のパターンを知る手助けとして、人気のあるFX、CFD市場を分析するレポートを毎日作成しています。これらのパターンは、その日の中で一番良い時間が何時で、どこで売り、どこで買うか、最善のチャンスを探し理解するのにとても役立ちます。

ロンドン時間にトレードに適したFXマーケットは?

ロンドン時間でトレードするには適切なマーケットを選択することが重要です。多くの日本人トレーダーはドル円をトレードしていますが、その他のマーケットにもより多くのトレードチャンスがあります。ポンドドルとポンド円は、ボラティリティが高く、日中のトレンドが強いため、トレードに最適なマーケットのうちの2つです。

ユーロドルとユーロ円は、通常のポンドよりもボラティリティは低くなりますが、保有時間の短くないゆったりとしたトレードを行う場合、良いトレードチャンスをもたらします。

スイスフラン、トルコリラ、南アフリカランドなどの世界的に活発ではないマーケットのトレードは、ボラティリティが高く魅力的です。これらのマーケットのスプレッドは非常に高く、また値動きが予測しにくい可能性もあるため、日中帯のトレードにはあまり適していません。

ロンドン時間の経済発表

ロンドン時間、トレーダーはマーケットの動きをよく理解するために、さまざまなニュースや発表を知る必要があります。ロンドンの朝はイギリスやヨーロッパ経済に絡む経済発表があるので、めったに大きな値動きは引き起こされないものの予想される結果に備えてマーケットを見ている必要があります。

イングランド銀行(BOE)と欧州中央銀行(ECB)による発表は、すべてのトレーダーにとって重要です。 BOEとECBの発表は、ポンドとユーロだけでなく、たとえば、円、金、株式市場など他のマーケットにも影響を与える可能性があります。

ロンドン時間の13時30分にはアメリカの経済指標が定期的に発表されます。それはBOEとECBの発表とは別で、通常、その日の最も重要な経済的発となります。

経済発表が良いトレードチャンスをもたらす可能性はありますが、経済発表でトレードする際には戦略を立てることが重要です。戦略もなく経済発表を理解していない場合は、経済発表の前にポジションを一度手仕舞いし、経済発表後少なくとも5分以上待ってからトレードを再開することをお勧めします。

2020年ロンドン市場の冬時間

2019年10月28日~2020年3月28日。東京とロンドンの時差は9時間です。例)ロンドン時間の8:00は、東京時間の17:00です。

2020年ロンドン市場の夏時間

2020年3月29日~2020年10月25日。東京とロンドンの時差は8時間です。例)ロンドンオープン8:00は、東京時間の16:00です。

ロンドン株式市場時間

ロンドン株式市場時間 ロンドン株式市場と呼ばれるロンドン証券取引所(LSE)のトレード時間は、ロンドン時間の8:00~16:30です。ロンドン株式市場は金融市場のリスク選好の表れであるため、外国為替にとって重要な市場です。ロンドン株式市場が大幅に上昇した場合、ポンドドル、ユーロドル、ドル円などのマーケットが上昇すると予想できます。

ロンドン市場の休み

ロンドン市場が休みの日、ボラティリティははるかに低くなりトレードが難くなります。事前にロンドン市場の休日を知っておくことが大切です。トレード機会は限られているため、ロンドン市場の休日にはトレードしないことをおすすめします。そして翌日にトレードすることが望ましいでしょう。

FXロンドン時間だまし

ロンドン時間は他の時間帯よりだましの機会が高くなります。だましとは、チャート上の買いポイント、もしくは売りのポイントを価格が突き抜けてくることが引き金となり、その後すぐに反転し戻ってくる場合をいいます。たとえば、価格がサポートを下回り、弱気に見えますが、その後すぐにサポートを上回るといった動きです。だましは収益性の高いトレードを見つけるのが難しく、イライラしてしまう可能性があります。

7:00~8:00(ヨーロッパ夏時間は東京時間15:00~16:00、ヨーロッパ冬時間は東京時間16:00~17:00)のロンドン時間は、市場が始まったばかりでボラティリティが低くだましの可能性が高まります。8:00を過ぎると強いトレンドが出てくる可能性が高まり、ロンドン時間のトレードに適してきます。

FXロンドン時間とニューヨーク時間、どちらでトレードする方が良い?

FXトレードをする上で、ロンドン時間とニューヨーク時間2つの市場を比較する場合、それぞれのマーケットの性質が異なることを理解する必要があります。たいていのトレーダーはFX市場が24時間営業のため、24時間同じ戦略を用いてトレードできると考えています。

ロンドン時間もニューヨーク時間もともに良いトレードチャンスがありますが、その市場の専門家になるため、どちらか1つの市場に絞ることが最善です。ロンドン時間とニューヨーク時間の両方をトレードしようとすると、ロンドン時間中に機能した戦略がニューヨーク時間中に機能しなくなったりしてイライラする可能性があるためです。

ロンドン時間中にFXトレードする理由 ロンドン時間はアジア時間の動きにトレーダーが反応してその日のポジションを置くため、ロンドン時間8:00の市場オープン時は最もアクティブな時間帯となります。英国とEUの経済発表がロンドン時間にありますが、大規模なマーケットニュースはほとんどありません。この時間帯の重要なマーケットニュースやイベントは、政治家や英国、EU中央銀行総裁よる発表です。

ロンドンのセッションが開かれると強いトレンドが生まれ、トレンドフォローすることが有益になる可能性があります。ロンドン時間10:00以降は市場オープンの動きに対してトレンドが逆転し、この時間もまた良好なトレード機会が得られます。

ニューヨーク時間中にFXトレードする理由 ニューヨーク時間中、FX市場は米国の経済指標に大きな影響を受けます。米国の経済発表は大きなトレードチャンスをもたらしますが、トレーダーは利益を上げるため適した戦略と経験値を持っている必要があります。

米国の株式市場の動きは、FX市場に大きな影響を与える可能性があるため、ダウとS&Pの動きを理解することをおすすめします。この時間、日本は夜になっていて一日の仕事の疲れやトレードの疲れなどが溜まっている時間でもあります。どのトレーダーもニューヨーク時間中に疲れた状態でトレードしないように注意する必要があります。

概要 ロンドン時間はFXトレードするのには最適な時間帯です。定期的なマーケットの値動きと、そこから選択できる多くの異なるマーケットがあります。日本人トレーダーは、ロンドン市場オープン時間に的を絞り、1〜2時間だけマーケットに集中して良いトレードチャンスを見つけることができるため、ロンドン市場はトレードするのに適しています。

さまざまなFX市場のボラティリティの比較

ロンドン時間中、FX市場ごとのボラティリティがどのように違い、どのような状態になっているのかを知ることは、自分に適したマーケットを選択するのに役立ちます。また、ボラティリティをよりよく理解すると、使用すべきターゲットpipsとストップpipsの理解が進み、リスク管理の改善に役立ちます。

まず、日本人トレーダーにとって最も人気のあるFXロンドン市場のボラティリティを比較してみましょう。

この時間は、ポンド円とポンドドルがロンドン時間中に高いボラティリティを有し、ドル円が最も低いボラティリティとなります。デイトレードでは、ボラティリティが高いほどトレードチャンスを見つけやすく、1を超えるリスクリワードを獲得しやすくなります(損失よりも利益が大きくなる状態)。

デイトレードの場合、通常、ストップを30分間の平均レンジの30%に設定します。したがって、30分間の平均レンジが15pipsの場合、5pipsのストップを使用します。ターゲットの設定は、通常、ストップの2倍に設定し、トレード中に調整します。マーケット状況に応じて、リスクリワードレシオを1に維持するためにターゲットを5pipsに減らすこともしますが、ストップを広げることはしません。

ロンドン時間の実際のメンバーのFXトレード

GYMおよびプロップメンバーの多くは、ロンドンセッション中に一番多くトレードをしています。弊社トレーダー達の最大の課題は、良いトレードチャンスではないときにトレードし過ぎてしまわないようにすることです。ロンドンセッション中は通常、ボラティリティが高まりますが、マーケットが静かなときはトレードをしない選択も必要です。

ロンドンセッション中のそれぞれの時間の違いを理解することは、初心者トレーダーに必要な挑戦です。毎日同じ時間にトレードすることによって成功するトレードを見つけ出せるようになります。その時間のマーケット理解を深め、1日に1〜2時間のトレードに集中することが望ましいでしょう。

トレーダー1 1回目のトレードはロンドンオープンの動きに合わせてトレードをし、ターゲットまで価格が到達するのを待って成功させました。2番目と3番目のトレードのエントリーポイントは良かったものの、自信のなさからすぐに利益を確定してしまいました。このトレーダーの場合は、含み益となっているときにもっと忍耐強くいられるよう取り組む必要があります。
トレーダー2 ロンドンオープン前にトレードを始めるというミスを犯しました。ロンドン市場オープン前のマーケットは静かな状態です。この時間にエントリーしてしまったことでタイミングが悪くなり最初の3つのトレードは損失となってしまいました。その後、最後のトレードはロンドン市場オープンとなる東京時間16:00に行っていましたが、思惑とは反対にマーケットが動き、大きな損失となってしまいました。ロンドンオープンと同時にマーケットはトレンドを出し始め、既に3回損失となっていたこともあり、この状況に失望したこのトレーダーは最後のトレードでは直ぐに損失を認めることができず、結果として大きな損失となってしまいました。このトレーダーの場合は、負けトレードの後は​​休息を取り、損失となるトレードをより迅速に手仕舞いする必要があります。
トレーダー3 ルールを順守し良い一日を過ごしていました。1回目の買いエントリーは、価格がサポートに再度到達するのに合わせて成功させました。2回目のトレードでは新たに上昇トレンドに沿って行おうとしましたが、上昇の勢いが弱まっていることに気づいたためすぐに手仕舞いをし利益を上げました。最後のトレードでは、トレーリングストップを使用してわずかな損失で終了し、高いレベルのトレーディングスキルを示しています。
トレーダー4 最初のトレードのエントリーポイントは正しく、移動平均線と乖離した陰線で売りました。逆張りトレードは通常、すぐに利益となりますが、マーケットが下落しなくなった時点で直ぐに手仕舞いする必要がありました。戻しが少なく、わずかな利益であってもトレードを終了させ、逆張りの際は利益を伸ばそうとしてはいけません。2回目と3回目のトレードは上昇トレンドに乗って成功しましたが、いずれもエントリーが少し遅くれ、利益が少なくなってしまいました。
トレーダー5 マーケットのトレンドに沿うことができず、3回のトレードで損失を出してしまいました。デイトレードの場合、トレンドの勢いに乗ることは非常に重要です。買いエントリーでは5分足チャートに陽線が出ている場合にのみエントリーします。また、5分足チャートに陰線が出ているときは売りエントリーにする必要があります。このトレーダーは、5分足チャートに陰線が表示されているにも関わらず買いでポジションを建てています。デイトレードではマーケットの短期的な方向に従った方がはるかに簡単です。

ロンドンセッションを理解する

ロンドン市場の影響によってFX市場の動向は大きく変化するため、ロンドン市場の時間帯毎のセッションを理解することは重要です。

ロンドンオープン ロンドン時間7:00~10:00(東京夏時間15:00~18:00、東京冬時間16:00~19:00)

株式市場と異なり、FX市場に開かれた公式のロンドン市場はありませんが、ロンドンのほとんどのFXトレーダーはロンドン時間の7:00~8:00にトレードを行います。ロンドン時間8:00に開かれるロンドンの株式市場で動向が不安定になると、FX市場にとってもその動向が重要になることがあります。

多くの日本人トレーダーは、あまりに早くマーケットに参入し、ロンドン市場で損失を出すことがあります。マーケットのボラティリティは、ロンドン時間の7:00から急激に増加する傾向があります。すでにポジションを保有しているときにロンドンオープンとなり、マーケットが急に思惑と違う方向に動き出すと、損失を確定させることが困難になります。

通常、オープン時には2つのトレードチャンスがあります。

一つ目のトレードチャンスは、マーケットの初動に追随しトレンドに沿ったトレードを行うことです。これはマーケットが素早く動いて難しいのですが、小さなストップロスを使うことでトレードを成功させることができます。価格は直近の値動きと比較すると移動平均線から乖離する可能性があります。マーケットのボラティリティはロンドン時間7:00から高まり、移動平均線から5~10ポイント離れるとその乖離は大きすぎてしまうため、こそからトレンドに乗ることはできません。

2つ目のトレードチャンスは逆張り戦略です。通常、オープンの初動後、利益確定注文がマーケットに入り、価格は反対方向に動きます。価格が移動平均線から大きく乖離している場合は逆張りトレードを行い、価格が移動平均線に戻るまで、もしくは値動きが止まるまで待ちます。

どちらのトレード戦略にも成功の可能性はありますが、マーケットのトレンドが継続して損失を大きくする可能性も含んでいるため、小さなストップロスを持つことが重要です。また、逆張りトレードの小さな連敗を避けるため、損失後は休憩することも重要です。時間を置くことで冷静にマーケットを見直すことができるようになります。

ロンドンの正午 ロンドン時間10:00~13:30(東京夏時間18:00~21:30、東京冬時間19:00~22:30)

このセッションでは、ロンドンのトレーダーがニューヨーク市場オープン前に休憩を取るため、マーケットのボラティリティが低下します。このセッション中は順張りと逆張り両方のトレードチャンスが生まれ、トレード戦略決定の前にマーケット分析を改めて行う必要があります。

この時間のボラティリティはセッションの終わりに向けて減少する傾向があり、徐々にマーケットは横方向に移動しトレードが困難になります。トレードすることばかりではなく、トレードチャンスまで忍耐強く待つことが重要です。

ロンドンの午後 ロンドン時間12:30〜15:00(東京夏時間21:30〜24:00、東京冬時間22:30〜25:00)

ロンドンの午後のセッションの注目は米国の経済指標発表です。経済発表の基本はリスク軽減のため発表前にポジションを手仕舞うことです。

ほとんどのトレーダーにとって、経済指標時の値動きの速さや急激なトレンド転換によるトレードは困難です。経済指標でトレードする場合は、価格が大きく動いた後の戻しのトレードを練習してスキルを磨く必要があります。

政治家が米国の株式市場の動きに焦点を当てたマーケットの話をしていない限り、経済指標発表のマーケットの方向性は継続します。また、米国株式市場が大きく動くとFXマーケットリスクも変化させます。たとえば、米国株式市場が大幅に上昇した場合、ドル円、ポンド円、ポンドドルなどをはじめとしたその他の通貨ペアのリスクも上昇します。

ロンドンクローズ ロンドン時間15:00~18:00(東京夏時間24:00~27:00、東京冬時間25:00~28:00)

このセッションの始まった時にFX市場が大きく動いたり、米国株式市場が活発なときというのは、マーケットが依然として不安定な状態です。このセッションは通常静かで、他のセッションよりもトレードが難しくなる傾向があります。また、この時間は日本の深夜です。損失を拡大させたり、損失につながるトレードミスをし易い時間とも言えます。ライフスタイルによって他のセッションをトレードできない場合は、トレードチャンスが巡ってくるまで耐え、損失を避けるためにルールを厳守する必要があります。

ロンドンの休日にFXトレードをすべきではない理由

休日のトレードはマーケットの状態が通常とは異なり困難な場合があります。通常機能しているトレード戦略も、マーケットが休日の場合は機能しません。たとえば、ロンドンオープン時に発生するトレンドに続く戦略も、マーケットが閉まっている場合は、その戦略の使用ができなくなります。このようにマーケットが変化したときに利益を上げるためには、容易ではないトレード戦略の変更が必要となります。

通常、ロンドン市場の休日はマーケットのボラティリティが低くなるため、トレードチャンスがなくなります。マーケットが静かなときに適切なトレードチャンスまで耐えてエントリーするのは難しく、トレードに適さないところでトレードを行ってしまう可能性が高まります。

このような日にはロンドン市場でのトレードを避け、トレードを休むことをおすすめします。トレードにはストレスが多く、定期的に休憩することでトレードルールを守り続けられるようになるため、重要です。休憩を取らない場合は、トレードの代わりに今までのトレードを分析し、改善する方法を探すことに時間を費やすことが最善です。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示