この記事では、FXで負ける人の特徴について説明をします。
しかし、あなたが同じ間違いを犯す必要はありません。FXトレードをする場合、ここで説明する人たちのように行動すると大きな損失を被るリスクが非常に高まります。

この記事であなたのトレードをどのように改善するか

  • 大きな損失につながる間違いを避ける
  • 成功するトレーダーになるために重要なことを理解する
  • トレード中のストレスレベルを下げる

FX負ける人の特徴

自信過剰 自信過剰なFXトレーダーは負ける可能性が高くなります。自信過剰なトレーダーというのは、トレード前にトレード計画を書き留めることを滅多にしません。このことがギャンブルトレードや負けトレードに繋がっています。

プロトレーダーは、損失がトレードの一部であること、謙虚さを保ちながらトレードすることが鍵であることを理解しています。自信過剰であると、ロスカットになるのを避けるためにストップを拡大させ、結果として損失を大きく膨らませてしまうことに繋がります。

悪い規律 トレードを成功させるには、100%トレードルールに従う必要があります。良くない規律を持つFXトレーダーは負けます。それは、1つの悪いトレードが非常に大きな損失をもたらす可能性があるからです。

プロトレーダーはそれぞれ異なるトレード戦略を持っていますが、それだけでなく、高いレベルの自己規律も持っています。トレーダーは、マーケット状況に関係なく、常に自分のルールに従う責任があります。その責任が資金を守ることに直結しています。

自己管理不足 プロトレーダーは、心身の健康に焦点を当てます。十分に休息をし、集中している時にだけトレードをすることは、トレード時に規律を保ちやすくします。

疲れている時やストレスがかかっている時というはFXトレードには向きません。瞬時の判断が鈍るたけでなく、通常では行わないところでポジションをとったり、後々に後悔するようなトレードを行ってしまう可能性が高まるためです。

トレードを行うには、トレードをしていない時も含めた心身の健康がとても重要です。

忍耐力の欠如 忍耐力のないトレーダーは、成功の可能性が低い時にトレードを行い、損失につながります。マーケットは1日24時間動いています。しかし、24時間いつでもトレードチャンスがある訳ではありません。プロトレーダーは、成功するトレード機会の種類を正確に知っています。そして価格がエントリー価格に達するのを辛抱強く待ちます。ポジションを保有している場合、トレーダーは、長期的に利益を上げるために、ターゲットにヒットするまで我慢する必要があります。
他人に頼る プロトレーダーは、独自のトレードシステムを構築します。それは、彼らのスキルと生活スタイルに合わせた戦略を用いてトレードを行い、利益を可能にしています。負ける人は他人のトレードシステムを真似て使おうとしますが、それは大抵、思惑通りに行かずフラストレーションを感じて終わります。自分に適した独自のFXトレーディングシステムを構築することでトレードスキルの向上に繋がります。トレードスキルが向上していくと時間の経過とともに利益が増加します。
興奮しすぎ マーケットは1日24時間動いており、多くのお金を稼いだり失ったりする可能性があるため、トレードはエキサイティングです。トレードで興奮しすぎて過剰トレードをするトレーダーは負ける可能性があります。プロトレーダーは楽しむためにトレードするのではなく、お金を稼ぐためにトレードします。プロトレーダーは集中し続け、落ち着いてトレードサインを待つことができます。
インディケーターが多すぎる FXで負ける人の多くは、より綿密なトレード戦略が利益につながることを期待して、チャート上にさまざまなインディケーターを表示させています。この状態だと、インディケーター毎に示す反応が異なるため、売買のタイミングを決めるのが難しくなります。例えばMACDは「買い」と言っても、ボリンジャーバンドは「売り」と言っている可能性があり、これでは混乱します。こういったときはトレーダー自身の都合の良い方に捉えてトレードを行っているはずです。従うべき、より明確なトレードシグナルを得るため、戦略やインディケーターはシンプルにした方がはるかに優れたトレード結果に恵まれます。
戦略を変更し過ぎる 毎回、利益を上げられる戦略はないため、少なくとも数週間は戦略のパフォーマンスを分析する必要があります。FXで負ける人の特徴は戦略を変え過ぎていることです。仮にあなたの戦略が60%の確率で利益となっている場合、3回勝ちトレードが連続することもあれば、3回負けトレードが連続することも正常です。数回の損失だけで直ぐに戦略をコロコロ変えてしまうと、潜在的な将来の利益を逃すことに繋がります。現在のマーケットと一致するように戦略を微調整することは重要ですが、大きな変更を行うと損失が発生することもよくあります。
リスク管理を忘れる FXで負ける人の多くは、トレーディングで最も重要な統計は勝率だと思っています。FXで負ける人は損失を嫌い、損失を避ける為に出来る事はなんでもします。プロトレーダーは、リスクリワードレシオが勝率よりも重要であることを理解しています。FXで負ける人の多くは、勝率が50%を超えていますが、リスクリワードレシオが0.5未満の為、長期的には収益を上げる事ができません。トレーダーは、リスクリワードレシオを1以上にする事を目指す必要があります。そうすれば、長期的に利益を上げるには50%の勝率しか必要ありません。
マーケットを変え過ぎ FXで負ける人の多くは、マーケットを色々と変え過ぎています。様々なマーケットをチェックしながらトレードをしているトレーダー達は、損失の原因は、トレードスキルの欠如ではなくマーケットのせいだと思っています。

トレードスタイルに合わせて、トレードするマーケットを決定することは重要ですが、頻繁にマーケットは変更しないことが最善です。FXは各マーケット毎に異なる癖があり、利益を上げるためにその癖を理解する必要があります。ボラティリティが高いマーケットもあれば、低いマーケットもあります。トレンドがよく発生するマーケットもあれば、レンジ内にとどまることが多いマーケットもあります。

同じマーケットでトレードすればするほど、そのマーケットをより良く理解でき、トレード結果が向上します。マーケットを頻繁に変えるとそのマーケットの癖を把握することができないためトレード結果の改善は見込めません。

マーケットニュースを無視する マーケットを動かすような経済ニュースは理解することが難しく、負ける人の多くが、トレードを始める前にニュースを確認することを避けます。ニュースを理解することは、今日のマーケットがよく動くのか静かなのかを理解するのに役立ち、また、ターゲットとストップを調整することにも役立ちます。ニュースイベントの影響を理解することは、マーケットのトレンドをフォローしたり、マーケットが反転する機会を見つけたりするのにも役立ちます。

FXトレードで損失を出すことは非常にストレスとなり、口座残高も危険な状態になります。トレードをビジネスのように扱い、負ける人に共通するミスを回避することで、トレードの収益性を高め、ストレスを減らします。

自分自身の損失から学ぶことは、FXトレードのスキルを向上させる最良の方法です。自分のトレード結果の分析ほど自分に適した最良の教本はありません。自分のトレードを振り返ることで自分を知ることができ、トレードへの向き合い方の理解を深めることに繋がります。
プロトレーダーになるには誰しも時間がかかりますが、FXで負ける人のミスを回避すれば、きっとそれは可能になります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示