裁量トレードには直ぐに戦略を調整し、実践に移せるメリットがあります。そして、この裁量トレードを良いトレード結果に結び付けるためには経験が必要です。ほとんどのトレーダーが仕事をしながらトレードを行っています。そんな限られた時間の中でいかにして時間を生み出し、トレード経験をより多く積んでいくのか、これがトレーダーにとって鍵となります。

方法1

学習

どんな事柄であっても知識がない場合、優位に立つことはできません。FXトレードも例外ではありません。トレードを実践に移す前に、FXトレードの基本的な知識を入れておく必要があります。知識の無い状態でトレードを行うのは無防備です。損失を避けるためにも正しい知識を入れましょう。
FXトレードは、本やインターネット、セミナーなど様々な場所で学ぶことができます。しかし、知識を入れるばかりで知識の定着を確認する作業ができない場合が多くあります。知識は一方的に入れるだけでは利用できず、正しい理解に結び付いているのかをテストすることが重要です。

方法2

トレード

FXトレードの基礎知識が入ったら、トレードを行います。入金されているリアル口座ではなく、デモ口座でトレード練習を始めます。トレード練習もそこそこにリアルトレードを勧める考えもありますが、大切な資金を守る技術も無しに実践トレードをすることは、本来、大変危険な行為です。
先ずはデモ口座でプラットフォームに慣れることから始めてください。チャートの調整の仕方を理解したり、エントリー、決済ボタンの場所を確認したり等、プラットフォームの仕様を理解するためにも色々クリックしてみます。プラットフォームの仕様が大まかに理解したところで、戦略を使用しながらデモトレードを始めます。
デモトレードで重要なことは、使用する戦略を自分に的したものに調整することです。一つの戦略であっても、トレーダーの性格や生活スタイルに合わせて調整が必要になります。稼げるトレーダーと同じ戦略を使用しても稼げない理由が、ここにあります。

方法3

練習

FXは、マーケットが24時間開いているため、いつでもトレードが出来る、ということが魅力の一つですが、そうは言っても週末や年末のマーケットは閉じています。また、ボラティリティのある時間帯やない時間帯もあるため、「トレードに適した時間」という視点で見ると、FXトレードはある程度限られたものであることが理解できます。
多くのトレーダーは、早く稼げるようになりたい、もっと稼げるようになりたい、と成長を急いでいます。これを実現させるためには、トレード経験をより多く増やすことに尽きます。しかし、ここで問題が生じてしまうのが、トレードできる時間が限られている、ということです。
ヒストリカルデータを使用したチャートでは、時間や曜日を問わず、いつでもトレード練習を繰り返し行うことができます。好きな時間に、空いた時間にいつでもトレード練習を重ねることでトレードの経験が向上します。
FXは、ただトレードを行うのではなく、一つの時間帯に焦点を当て、その時間帯のトレードを繰り返すことで経験値が上がります。例えば、ユーヨーク市場オープン時の21時から23時までの2時間にドル円に焦点を当ててトレード練習を繰り返します。ヒストリカルデータの日にちを変えて、同じ時間帯のトレードを繰り返すことで、その時間帯のマーケットの癖も理解できるようになり、そのマーケットのその時間帯のトレードに精通するようになります。
ヒストリカルデータを使用したトレード練習は、一つのトレード戦略をより自分に適したものに調整することに大きく役立ちます。

方法4

レベル

多くのFXトレーダーに共通した悩みの一つに、リスクリワードレシオが悪い、という事が挙げられます。リスクリワードレシオが悪いということは、平均利益よりも平均損失の方が大きいため、口座資金が増えず、減っていっている現実があります。お金を稼ぐために始めたFXトレードが、大切な資金を失うきっかけにしてしまっています。リスクリワードレシオが理解できるようになると、平均損失よりも平均利益を大きくすれば良い事が分かります。しかし、頭では理解していても、実行出来ているトレーダーも決して多くはありません。
Turn Tradeのメニューの一つ、「レベル」では、レべル毎に課せられた目標を達成しながら進めます。FXトレード練習をゲーム感覚で行うことが可能です。リスクリワードレシオの改善に焦点をあてたトレード練習を行いたい場合、得に適しています。リスクリワードレシオがより高くなるトレードを目指してレベルをクリアしていきましょう。そして、このメニューで繰り返し練習を積み、実際のマーケットでも、リスクリワードレシオを意識したエントリーを常に行うようにしていってください。こうすることで、長期的なトレード結果の改善が見込まれるはずです。

方法5

ドリル

トレード計画を立てつつも、実際に計画通りにトレードを行うという事はとても難しいものです。トレード計画に沿ったトレードを確実に行う事は、成功するトレーダーに近付くという事です。トレード計画通りにエントリーが出来ていない場合、その瞬間にアドバイスを得る事ができると、その誤りに気付け、計画に沿わないトレードを回避できるようになります。トレード後の振り返りでも計画通りにトレードができたか否かを分析する事はできますが、エントリーのタイミングにその過ちを正してくれる環境は、トレーダーにとって大きな気付き、成長を促すものとなります。トレード計画通りのトレードを常に行えるトレーダーになり、安定した成績を残せるようになっていきましょう。
メニュー「ドリル」では、練習したい戦略を事前に決め、ヒストリカルデータ上でその戦略を使用したトレード練習を繰り返します。その戦略に適さないエントリーになっている時は、警告が表示されます。そこで本当にエントリーするか否かを決定してトレードを継続できるため、エントリーしようと思った自分のタイミングが実際の計画とどのように異なるのか、客観的に瞬時に理解できるようになり、トレード改善をより早く、より適切に行えるようになります。

アドバイス

より多くの良いトレード練習を繰り返し、トレーダーとしての成長を一層早めていきましょう。
いつでも自分のタイミングに合わせてトレード練習を繰り返したい方はこちらのリンクより詳細をご覧ください。

Turn Trade

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示