ページを選択

FX 取引時間

  • FXマーケットは個人にもプロにも人気の24時間トレードできるマーケットです。
  • マーケットは月曜から金曜までオープンしており土日はクローズします。
  • マーケットデータを勉強してトレードに一番適した時間を理解する事が重要です。
  • この記事ではトレード成績を良くする為のトレードにベストな時間を分析する方法を説明します。

三大マーケット

  • アジア:東京、シンガポール、シドニー

    (北半球の夏 6:00 – 15:00、北半球の冬 7:00 – 16:00)

  • ヨーロッパ:フランクフルト、ロンドン

    (北半球の夏 15:00 – 21:00
    北半球の冬 16:00 – 22:00)

  • US: ニューヨーク

    (北半球の夏 21:00 – 6:00 北半球の冬 22:00 – 7:00)

以下のチャートは主要通貨ペアについての一日の異なる時間の平均ボラティリティを示しています。

分析レポートは30分おきの平均ボラティリティを計算しています。又月曜から金曜迄の一週間のボラティリティもチャートで表示してあるので簡単に比較できます。

USD/JPY
EUR/USD
EUR/JPY

なぜfx取引時間を理解する事が重要か

  • 一日を通してのボラティリティを良く理解できればトレードに最適な時間がわかるようになります。例えばユーロ/ドルがアジア時間でとても静かな動きをしていれば、ヨーロッパ時間になってからユーロ/ドルをトレードします。
  • 長い時間マーケットの動きをみている必要はありません。マーケットのボラティリティを分析して一日に一番良く動く時間に集中してトレードします。
  • さらにボラティリティを理解できればより効果的なストップロスとターゲットの設定ができるようになって成績が良くなります。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

FX/先物チャート分析コースを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示