ページを選択

資金管理

RISK

トレードで儲ける資金管理

チェック トレードの資金管理と投資の資金管理は違います。投資は資産の値上がりを期待して資金を投入しますが、トレードは資産の値動きの鞘(価格差)取りに資金を投入します。その為、投資の資金管理は投資対象を分散することでリスクを低減させますが、トレードの資金管理は対象を絞り込んで資金をリスクにさらす時間をできるだけ短くしてリスクを低減させます。...

ポジションサイズの決め方

適正なポジションサイズを持つことはトレードの最も重要な決めごとの一つです。損ばかりしているトレーダーの多くはサイズを適正な大きさに保てず、ついついギャンブルトレードつながり大きな損失を出してしまいます。 適切なポジションサイズ ルールを確実に守るにはシンプルなルールが必要です。簡単に覚えて確実に守れるシンプルなルールは一回のトレードでリスクに晒す資金を資金全体の1から2%以内にすることです。 例えばポジションサイズ 初期資金:100万円 トレード毎リスク:1% トレード毎損失:1万円 ロット当たりのティック値:1000円...

リスクリワード

リスクリワードレシオはトレード全体で儲かっているのか損しているのか一目で理解するための比率です。 リスク/レワードレシオは1以上であれば利益が損失を上回っていることを示し、1未満であれば損失が利益を上回っていることになります。 多くのトレーダーは勝率を良くすることを考えてリスクリワードレシオのことは忘れてしまいます。マーケットの動きをいつも正しく読むことはとても難しいことです。...

リスク管理とは?

リスク管理とは? リスク管理は損失をコントロールして利益を最大化するプロセスです。 誰でもロングポジション(買い)またはショートポジション(売り)を持てます。 ポジションを持つ時にどこで決済するかを考えていなくても大金を稼いだり損したりできます。しかしこれではギャンブルでありリスクがありすぎます。 正しいアプローチは損失を限定する為のストップ注文を置くことです。いくらまでなら損失を許容できるかを前もって決めて、その値段にきたら自動的に決済させて損失を限定させるのがストップ注文です。損切りともいいます。...

どこにストップとターゲットを置くのか?

マーケットはレジスタンスを超えて上昇したり、サポートを下回って下落したりすることはあまり有りません。 レジスタンスとサポートを理解できればターゲットを何処に置きストップロスを何処に置けば良いのか分かるようになります。 ロングポジション(買い) ストップをサポートの下に置きます ターゲットをレジスタンスの下に置きます ショートポジション(売り) ストップをレジスタンスの上に置きます ターゲットをサポートの下に置きます...

トレードと投資

トレードと投資の違いを理解できれば、何のためにマーケットに入のか目標を明確にできます。 トレードとは? トレードはマーケットの出入りを短期に繰り返して儲ける活動的な戦略で、これをする人をトレーダーと呼びます。 投資とは? 投資は成長を期待してじっくりと値上がりを待つ受け身の戦略で 、これをする人を投資家と言います。 なぜトレードするのか? トレードはうまいタイミングでトレードできれば短期間に大きく稼ぐことができ、とても魅力的です。でも正しいスキルを身につけずにトレードすると大金を瞬時に失い、とてもリスクが高いです。...

トレードとギャンブル

マーケットから利益を得るにはトレードとギャンブルの違いを理解して正しい心構えを持つことが重要です。 トレーダー - トレード戦略を常に研究する。 - トレード結果を毎日振り返る。 - 努力が成功を導くと信じている。 - リスク管理のルールを持っているので損失限度額を知っている。 - 常に感情をコントロールできる。 - トレードはビジネスと理解している。 ギャンブラー - 戦略はなく場当たり的に動く。 - トレード結果は振り返らない。 - 運が良ければ成功できると信じている。 - トレードをストップすべき損失限度額を知らない。 -...

fx失敗を繰り返さないために

目次 fx失敗の理由 1. レバレッジ 2.マーケットの知識不足 3.多すぎる口座残高 4. 資金管理の知識不足 5.メンタルコントロール fx 失敗 借金 fx 失敗 主婦 fx失敗が犯す5つの失敗と修正の仕方 1. fx 失敗を避ける 2. fx 失敗したトレードを後悔しない 3. 計画なしのトレード 4. 過去の損失を補う 5. リベンジトレード fx 失敗を対処する方法 1. いつ損切りするのか簡単なルールを持つ 2. ランダム性を受け入れる 3. 自分を信じる 4. 休憩を取る 5. トレード方法に集中する 6....

どうすれば最適な値に損切りを設定できるのか

損切の重要です トレードで一番重要なのは、自分の決めた損切りルールを守ることであるが、ビギナーにとってはこれがとても難しい。 如何なるトレーダーも。如何なる戦略においても、損切りを設定しないトレードは行うべきではない。 それを怠ると、たった一度のトレードによって、全資金を失うリスクがあるのだ。 どこに損切りを置くべきかを理解することはとても大切だ。自信を持って損切りを置くことが出来るならば、途中でその設定を変更することもなくなり、自分のトレードルールを守ることが出来る。...

ボラティリティ

トレーディングで言うところのボラティリティとはある時間に動く金融商品(例えばドル/円、金、日経225)の値幅の事です。 例えば日経225であれば午前9時から9時半までに平均13ポイント動きます。 価格の動く方向を正しく予見できたからといって必ずしもトレーディングで儲けられるわけでもありません。 あなたが正しく方向を予見できたとしても、その方向に動く前に損切りに合ってしまえば損が残るだけになります。 また、利益確定の目標を大きくしすぎると、その値に届かないうちに反対方向に動いて損失に成ります。 その他にもボラティリティ...

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示