ページを選択

資金管理

RISK

トレーダーとして成功する為のfx失敗克服法

目次 fx失敗の理由 1. レバレッジ 2.マーケットの知識不足 3.多すぎる口座残高 4. 資金管理の知識不足 5.メンタルコントロール fx 失敗 借金 fx 失敗 主婦 fx失敗が犯す5つの失敗と修正の仕方 1. fx 失敗を避ける 2. fx 失敗したトレードを後悔しない 3. 計画なしのトレード 4. 過去の損失を補う 5. リベンジトレード fx 失敗を対処する方法 1. いつ損切りするのか簡単なルールを持つ 2. ランダム性を受け入れる 3. 自分を信じる 4. 休憩を取る 5. トレード方法に集中する 6....

どうすれば最適な値に損切りを設定できるのか

損切の重要です トレードで一番重要なのは、自分の決めた損切りルールを守ることであるが、ビギナーにとってはこれがとても難しい。 如何なるトレーダーも。如何なる戦略においても、損切りを設定しないトレードは行うべきではない。 それを怠ると、たった一度のトレードによって、全資金を失うリスクがあるのだ。 どこに損切りを置くべきかを理解することはとても大切だ。自信を持って損切りを置くことが出来るならば、途中でその設定を変更することもなくなり、自分のトレードルールを守ることが出来る。...

ボラティリティ

トレーディングで言うところのボラティリティとはある時間に動く金融商品(例えばドル/円、金、日経225)の値幅の事です。 例えば日経225であれば午前9時から9時半までに平均13ポイント動きます。 価格の動く方向を正しく予見できたからといって必ずしもトレーディングで儲けられるわけでもありません。 あなたが正しく方向を予見できたとしても、その方向に動く前に損切りに合ってしまえば損が残るだけになります。 また、利益確定の目標を大きくしすぎると、その値に届かないうちに反対方向に動いて損失に成ります。 その他にもボラティリティ...

ストップの動かし方

トレードで一番重要なのはポジションのエントリーするタイミング ではなくイグジットするタイミングです。 損失を減らすことはトレード結果とストレスに大きな違いを生みま す。 エントリーしたポジションにまずストップを置く事が損失をコント ロールする鍵になります。しかし多くのトレーダーはストップを一 旦は置きますが損失を回避するためにストップを大きく動かしてし まいます。例えば117.00のドル/ 円ロングでストップを最初に116.85に置いたケースで考えて みます。よくあるのはマーケットの下降につれてストップ注文を1...

なぜトレーダーは損をする

金融マーケットのトレードは大きく儲けるチャンスもありますが、実際には8割以上の人が大きく損をします。 以下に損するトレーダーの典型パターンを示します。 1. トレードでお金を儲けた話しを読んだり聞いたりした。 2. トレードを本、雑誌又はセミナーで学んだ。 3.  証券口座を開設して実際のお金でトレードした。 4. 損失後にもっとトレードを勉強 しようと決心したり、トレードを止めたりした。 5. 再びトレードを始めるも以前と同様に損失となった。 以上のサイクルは多くのトレーダーに繰り返され、大きな損失とストレスにつながっています。...

一日のトレードの終わり時を知る

失敗トレードが週間、或いは月間利益を一日で吹き飛ばし得ることを知っているならば、いつトレードするかではなく、いつトレードを終えるかが如何に重要であるかが理解できるだろう。 継続的なトレードの成功には、自分の戦略と性格を理解すること、それらを通して己をよく知ることこそが、自身のトレード成績を上げ、利益を増やす鍵となるのである。 どのような状況で一日のトレードを終える判断をすべきか、いくつかのヒントを以下に挙げてみよう。 1.普段より長くトレードしている時...

トレード競技会

日経平均の9月29日金曜日午後3時の終値を予測する競技です。 終値に一番近い予測をされた上位3名の方にTurn Tradingのワークブックとステッカーをお送りします。 競技への応募は9月25日、日曜日午前9時までです。
一人につき一回迄の応募です。
皆様奮ってご応募ください。

【免責事項】プロトレーダージャパンの提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示