ページを選択

fxの正しいやり方を身につければfx 失敗を免れます。プロトレーダーを目指すならfxで失敗して借金を負うような羽目に陥らないことを学びます。殆どのfxブログはお金を無くしたfx 失敗については語らずfx成功を語ります。ミセスワタナベとして語られる日本人主婦はfxの世界で有名ですが、不幸なことにfxで失敗する主婦の方が一般的です。

fx失敗FXトレードの危険の大きさを知らないことに由来します。FXは儲けるチャンスもたくさん提供してくれますが、同じように失敗して損するチャンスも提供します。トレード初心者は短期で運良く儲ける人もいますが殆どの人は失敗します。

初心者fx失敗の理由を列記してみましたので悲惨な結果を避ける参考にしてください。

fx 失敗
fx 失敗 チャート

fx失敗の理由

レバレッジ

レバレッジは「てこの原理」のことで少額資金で大きなトレードをします。ただし高いレバレッジをとることはそれだけ大きなリスクを負うことになります。例えばレバレッジ10倍のトレードで投資対象の価格が10%マイナス方向に動くだけで投資したすべての資金がなくなります。fx失敗はレバレッジをかけることによりハイリスクになったことを理解せずにハイリターンだけに目を向けたことにより起こります。

fx失敗を防ぐ

マーケットの知識不足

マーケットの知識不足は高い確率でfx失敗を招きます。fx失敗を防ぐにはマーケットを勉強して練習する必要があります。マーケットが理解できれば儲ける可能性が高まります。一旦マーケットを理解できればどこでエントリーしてどこでイグジットすれば良いのかわかるようになります。

多すぎる口座残高

初心者はリスクを小さくするために少額の口座残高からトレードを始めます。もし多額の口座残高で始めるとfx失敗につながります。少額の口座残高から始めて練習しスキルがついてから大きなポジションのトレードをするために口座残高を増やします。

資金管理の知識不足

資金管理の知識不足もfx失敗につながります。ポジションを持ったら常にストップを置き、一日の損失限度額に達したらトレードを止めるというトレードルールを守ることは必須です。また100%勝てるトレード戦略はあり得ないのでそれぞれのトレードのリスクは自己資金の1ないし2%以内にして安全にトレードします。

メンタルコントロール

ほとんどのトレーダーは マーケットにいつ入り、いつ出るかというルールは持っているしストップロスの大切さも知っています。しかしfx失敗の最大の原因は実際に持っているポジションで損失がでている時にこれらのルールを守ることができないことにあります。メンタルコントロールを理解して損失を最小限にできるようになればfx失敗の痛みを避けることができます。

マーケットを勉強してデモ環境で練習を始めればfx失敗を経験することなくプロトレーダーになれる確率が高くなります。

それではトレードの成功を祈っています。

fx 失敗 借金

トレードは無くなっても生活に困らないお金でします。80%の人がfx失敗でお金をなくすので借金してトレードをするのはとても危険です。fx 失敗例を一般化して話すと、初めは運良く小さく儲けるが、突然のマーケットの激変で自分のトレードに逆風が吹き、どうしていいかわからなくなり、わからないままトレードを続けて、最初は小さな損失が損を取り戻そうと平常心を無くしてどんどんギャンブルトレードを続け、fxのレバレッジで損失が時間とともに凄い速さで雪だるまが転がるようにどんどん大きくなって、お金をなくしてしまうという典型的なfx失敗となります。

fx 失敗 主婦

主婦がFXトレードで儲けた話しは沢山あって、とても簡単で自分にもできそうで魅力的に映ります。確かにFXで大きく儲ける人もいますが、殆どの主婦は悲惨なfx 失敗に終わります。ベストトレーダーはシンプルにトレードをして損失は小さく抑えるように損切りを早くします。もしあなたが損切りをすばやく行なえないならfx失敗に終わる可能性が高くなります。

fx失敗が犯す5つの失敗と修正の仕方

最初は誰でもfx 失敗を犯しながらトレードのルールを学んでいきます。 ただ、そのfx 失敗で大金をなくして借金を負ったり精神的なダメージを受けて再起不能にならないようにします。それでは勝てないトレーダーが犯しがちな5つのfx 失敗の敗因とその修正の仕方を学びます。

fxで失敗して借金

fx 失敗を避ける

自分のオーダーがfx 失敗に終わるのを恐れてマーケットがストップに近づいてきたらそのプライスで約定しないようにストップを動かし損切り幅を広げてしまうのは、その時点では損切りされずにfx 失敗を避けれたように見えますが、そのままのトレンドが続くとやがては大きなfx 失敗に繋がります。
「全てのトレードはfx 失敗となる可能性がある」ということをしっかりと認めてfx 失敗を受け入れてトレードすればfx 失敗を避ける行動をしなくなります。

fx 失敗したトレードを後悔しない

全てのトレードを完璧なタイミングで行えるトレーダーはいませんいつエントリーしていつイグジットすれば良いのかを正確に事前に知っている人もいません。トレードをしていれば、含み益が無くなりfx失敗に終わることもたびたびです。そしてfx 失敗となったトレードの損失を取り返そうと激しく動くマーケットに直ぐに再エントリーしたい衝動に駆られます。しかし前もってプランしていないトレードはギャンブルトレードになり易くfx 損失につながります。

fxで成功するにはfx 失敗したトレードを後悔しないようにします。まずはfx失敗を忘れて気分を一新するためにPC画面から離れて休憩します。そしてトレードに集中できる時だけトレードします。ーケットは無くならないので気持ちが落ち着いてから再びPCに戻ってもチャンスはいくらでも見つけられます。

プランなしのトレード

トレードプランを立てるのは多くのトレーダーにとって面倒な仕事です。でもプランの無いビジネスはありません。プランを持たずにビジネスの成功はありません。そしてトレードはビジネスです。ビジネス同様プランを持たないfx成功はありません。プラン無しにPCを立ち上げチャートの値動きを見てすぐにトレードを始めるのはカジノに入ってすぐにスロットマシーンを始めるようなもので、ギャンブル以外の何ものでもありません。トレードをギャンブルでは無くビジネスにするにはプランは欠かせません。

ビジネスの世界でも良いプランができるようになるには経験が必要です。トレードも良いトレードプランができるようになるには経験が必要です。トレードでもプラン、実行、チェック、アクションのPDCAサイクル(Plan,Do,check,Action)が重要です。まずはプランづくりを勉強してプランを作ります。そしてプランに従いデモ口座でトレードをして結果を記録します。そして記録を振り返り改善点を探します。それをプランに反映します。そして又、そのプランに沿って実行するというPDCAサイクルを数週間、或いは数か月繰り返し経験を積み重ねます。この経験の積み重ねがマーケットの観察眼を作り上げ、判断力を養い、トレードプラン立案能力を鍛えます。

fx失敗の損失を取り戻す

経験の浅いトレーダーがfx 失敗の後に怒ったりイライラや失望を感じてそのfx 失敗を早く取り返したいと思うのは自然なことです。でもfx 失敗の後の怒りやイライラや失望の感情は更なる新たなfx 失敗トレードを招き易く、負の連鎖となってより大きなfx 失敗に繋がります。

fx 失敗の後に平静さを欠く怒りやイライラや失望を感じたら、感情のコントロールが出来るようになるまでトレードをしてはいけません。プラン通りの損切りルールに従えば、一回のfx 失敗は許容範囲に収まっていることに納得できるようになることが冷静さを保てるようになる秘訣です。そして冷静さを取り戻す為にfx失敗の後は少し時間を置いてトレードを再開します。

心に平静を保ちながらトレードするばfx成功の確率は高まります。

リベンジトレード

トレードをしていると、自分のポジションが損切り会った直後に反転し、もう少しストップを拡げておけば損切りされなかったのにと、悔しい思いをすることが良くあります。でもプランに従ってトレードを実行した結果なので後悔はしないで、トレード中はプランに従ったトレードの実行に集中します。
人は頭ではわかっても、気持ちは抑えられないことが良くあります。もしどうしても悔しさを抑えられないなら、一旦PCから離れてトレードを忘れます。

そして悔しさからくるリベンジトレードだけは平静になれないので絶対に避けます。

プランに従ったトレードはfx成功につながりリベンジトレードはfx 失敗につながります。

fx 失敗を対処する方法

トレードに100%の勝率はなくfx 失敗はトレードの一部でありコストであることを理解します。そしてコストを最小にするためにfx 失敗の損失を小さなうちに早めに受け入れられるようにし、大きくなり過ぎることのないようにします。勝率50%でも損切りが小さく利益確定が大きければ儲かります。

fx 失敗を免れます

いつ損切りするのか簡単なルールを持つ

トレードを複雑に組み立てると意思決定は難しくなります。ポジションを持つ前に損切りをどこに置くか決めておきます。例えばPipsで決めたり(10pips逆行したら損切り等)、移動平均線等のインジケータの方向転換で決めたり、ポジションを持ってから10分以上経過した時などポジションの保有時間で決めたり、自分のポジションに逆行するニュースが発表された時などに決めたりします。大切なのはあなたがトレードする前に明確なルールを持っていて、いつもそのルールを守れることです。

ランダム性を受け入れる

マーケットは世界中のトレーダーが世界中の政治経済や地政学的リスクに反応して常に動いているので、あなたがその動きに影響を与えることはできません。百戦錬磨のトレーダーも100%の勝率などはあり得ないとfx失敗をプランに織り込んでいます。あなたにできることはマーケットは不確実でランダムに動くことを受け入れることです。そのランダム性を頭に入れながら、必要な分析を行い、プランし、プランに従ってトレードを実行することです。そしてプランに従って損切りになったfx失敗はコストとして受け入れ、次のトレードチャンスを窺うようにします。

自分を信じる

小さな子供も失敗したことが分かるようになると失敗を怖がります。失敗を恐れる気持ちは人間が持つ危険回避の本能です。fx失敗もトレード初心者には受け入れがたく、なかなか損切りができません。失敗を恐れないようになるには成功体験を積んで自信を持てるようになるしかありません。fx失敗もプランに従った損切りを何度も練習して、fx失敗をコストとして受け入れられる気持ちを育み、fx成功の儲けを大きく伸ばしてトータルとしてfx成功といえる儲けを生み出す自信ができて初めてfx失敗の恐怖から逃れることができます。それには正しいPDCAサイクルを踏まえた練習を繰り返すしかありません。トレードはスポーツ同様に正しいトレーニングで練習を積み上げ自信が持てるようになって初めて勝てるようになります。

休憩を取る

fx 失敗の後に、もしあなたがイライラしたり、頭にきたりしていたら、心が落ち着く迄休憩を取って、トレードに集中できるようにします。特にスキャルピング等の短期トレードは、短時間で受ける2-3回の連敗で数日、或いは数週間の利益を失うことがあります。マーケットはどこにも逃げて行かずにトレードの機会を与えてくれます。休憩を取って平常心に戻ったところでトレードするようにします。時には休暇を取ってトレードを忘れて旅にでるのも気持ちをリフレッシュできていいものです。

トレード戦略の実行に集中する

fx 失敗をコントロールできていれば、一回のトレード結果は、あなたのトレード結果全体に大きな影響は与えません。プロトレーダーの様にたくさんのトレードをすれば、一つ一つのトレードで利益が出るかどうかより、自分のトレードルールを守れるか否かがトータルのfx成功に重要だと分かります。すべてのトレードでfx成功の利益を得る必要がないと分かれば、fx失敗の損失も受け入れやすくなり、トレード戦略の実行に集中できるようになります。

fx失敗を分析する

fx 失敗はマーケットと自分の戦略を学ぶ良い機会と考えます。fx 失敗を前向きに捉えて分析すれば、トレーダーとしての能力を向上させ、トレードプロセスを改善できます。
トレードは長期を展望して行うビジネスです。継続的に成功しているトレーダーはリスク管理に優れ、常にマーケットを研究し戦略を考え、トレードプロセスを改善しプロとしてのメンタルコントロールに長けています。

fx 失敗はfx成功の母です。

fx 失敗 3
fx 失敗 4
fx 失敗 5

連敗を乗り越えろ

誰でも負け続ける時はあります。プロとアマの違いは負け続けた時にとる行動です。プロはそれもトレードの一環と考え、負け続けたトレードを振り返りマーケットを分析して戦略を練り直します。アマは負け続けると戦略もリスク管理も無視したギャンブルトレードを行い自暴自棄に陥ったような大きなfx失敗をします。

負け続けの危機を救うのは冷静な心でリスク管理ルールに従うことです。まずはルールに従ってトレードをストップします。そして連敗を振り返り、改善策を見出します。

自分のトレードプランに沿って取引できたか?

答えがノーの場合

もしfx 失敗が自分のトレードプランになかったトレードをした結果なら、その敗因を探ります。敗因を探るにはfx 失敗まとめとしての当fx失敗ブログが参考になります。「fx失敗で犯す5つの敗因と修正の仕方」と「fx 失敗で対処する方法」は敗因とその対策を示してくれると思います。

プランに沿ったトレードの実行にはやる気のエネルギーが必要です。fx 失敗が続くとエネルギーを消耗します。fx 失敗のあとにはエネルギーを充電する休憩が必要です。トレードは心が穏やかで意欲のある時だけするようにします。毎日トレードしなければならないと自分を追い込む必要は全くありません。たまにはトレードを休んでリフレッシュ休暇をとるのもいいものです。

自分の心理状態を理解して、自分のトレードプランを実行できることがfx成功のカギです。プランのロットサイズが大きすぎてプレッシャーを感じ自信が持てないならロットサイズを小さくしてプレッシャーを減らしたり、プランで立てた戦略に沿ってトレードが実行できなくなったら、マーケットの変化に戦略が適応できなくなったか、メンタルコントロールに問題が起きているので、実際のお金を使ったトレードは止めてデモトレードで戦略を確実に実行出来るように練習するようにします。

答えがイエスの場合

もし自分のトレードプランを実行した結果、fx失敗となったのならマーケットと自分の戦略があっていなかったことになります。よってマーケットの変化を見極める必要があります。トレンドが変わったのか、新しいニュースが発表された為か、短期的な変化か長期的な変化かを分析します。分析には自分のトレード記録が役に立ちます。
分析結果は自分のトレード戦略に反映させます。例えば、ボラティリティが上昇したらターゲットとロスの幅を広げたり、反対にボラティリティが減少したらターゲットとロスの幅を狭くします。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(192ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Goold Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示