fx 戦略とは

 

プロトレーダーは何らかのfx 戦略を持っています。一度fx 戦略の立て方を理解すれば自分に合ったfx 戦略を構築できるようになります。fxには沢山の稼ぎ方がありますが、トレーダー毎に異なる戦術を持っています。以下に異なるfx基本戦略の紹介とfx 戦略の立て方を説明します。

fx市場でトレードを行うにあたり、なぜfx 戦略が必要になるのでしょう。fx 戦略とは特定のインディケーターやfx 自動売買システムを指しているのではなく、マーケットに対する体系的なアプローチの方法を意味しています。アマチュアトレーダーは大きな損失のほとんどが、実はマーケットへのアプローチ方法に起因しているということを長期期間気づかずに過ごしています。綿密に計画を練り、それを実行することこそが、ストレスを抑えつつ安定した利益を生みだす唯一の道なのです。

fx 戦略

fx 基本戦略

fx 基本戦略にはたくさんの異なる要素があります。トレード初心者はインディケーターさえ揃えればトレード準備は出来上がりと考えています。しかし、プロトレーダーは以下の五つの要素が揃ったときにfx 戦略ができたと考えます。実はこの違いが長期的な結果に大きな差を生み出します。

fx 基本戦略の内容

  • メンタル準備
  • マーケット分析
  • リスク管理
  • エントリーとイグジットのサイン
  • メンタル戦術

インディケーターを使って運良く儲けるのではなく、プロトレーダーは全般をカバーしたfx 戦略を持ちます。どんなfx 戦略も100%の勝率はないので損失の限度はどこまでで、どのくらいまで行ったら利益を確定するか決めておきます。

fx 戦略の利益性をテストで確認したとしても本当のお金でそれを実行できるか確かめる必要があります。fx 戦略にメンタルコントロールプランを持つことにより、より安定して利益を得られるチャンスが生まれます。

fx戦略の一例

 

●銘柄:ドル円、ポンド円

●戦略:マーケットの状況に合わせてポジションのサイズ、方向、エクジットのタイミングを変化させて対応 

    戦術はロング、ショートのデイトレ

●インディケーター :ボリンジャーバンド

●チャート:1分足、5分足、60分足、日足

●サポートとレジスタンス:[ポンド円 ]サポート 141.00円 、 レジスタンス 141.70円

●ニュース:特になし

●資金管理:ターゲット 1回 50 pips

      ストップ 1回 40 pips

      ストップ 1日 80 pips

fx 戦術

fx 戦略を立てたら、リアルタイムで自分のfx 戦略を実行する為のfx 戦術が必要です。自分のfx 戦略を構築したらマーケットの変化に対応してそのfx 戦術を更新して行かなくてはなりません。いつまでも機能するfx 戦術はないのでプロトレーダーは長期に渡る利益をあげるため、いつもマーケットが変化するサインを見逃さないようにしています。

fx 戦略を持つことでどのようにトレード結果を改善出来るのかをあげてみましょう

一定の型を作ってトレードすれば改善点が見えてくる

fx 戦略がなければ、行き当たりばったりのトレードとなり、どう利益を得て、なぜfx 損失を被ったのかを理解することは出来ません。fx 戦略を持てばその長所と短所が学べ、そのfx 戦略を改善する方法を見つけることができます。初めて作ったfx 戦略がそのまま最終的なfx 戦略になるのではなく、試作から始まり改善する行程を繰り返すことで、長期的に収益力を生む為の大事な武器へと磨かれていくのです。そのためにも一つの戦略をある一定期間は継続して実行し、振り返りを繰り返していく必要があります。

徹底したリスク管理が行いやすい

fx 戦略なしでは負けトレードの損切り判断と実行が難しく、結果として大きなfx 損失を被る可能性がとても高くなります。利益目標と損切り注文を含むfx 戦略を持っていれば、エントリー直後にそれらの決済値をセット出来るため、確実に大きな損失から身を守ることが可能になります。

トレードすべきでない時を知る

多くのトレーダーが負ける主な要因は、トレードのやり過ぎと、優位性の無い場面でトレードしていることが挙げられ、それらは大きな損失へと繋がります。自分のfx 戦略を持っていれば、動き続けるマーケットに対峙する間、計画に沿ったトレードのエントリーチャンスを待ち、fx 戦略を実行することだけに集中できます。アマチュアトレーダーはマーケットを見ながら、その場その場で思いつきのトレードを行ってしまうため判断が遅くなる傾向にあります。大切な資金を守るため、トレードを始める前には適切な意思決定を行うための戦略を持つことはとても重要です。

メンタルコントロールを高める

トレード戦略を持つとトレードにおけるストレスが大幅に抑えられます。そしてトレーダーとしての仕事は、トレード結果を気にすることではなく、トレード計画に従順に従うことです。トレードで受ける主なストレス要因の一つとして挙げられることは、損失を受け入れられずにナンピンすることです。fx 戦略を持つということは、間違いを認め、fx 損失を受け入れ易くなり、次への気持ちの切り替えがしやすくなります。結果的にその損失を直ぐ取り戻すことが可能となります。

完璧を求めず確率でみる

fx 戦略を使い始めると、継続して利益を上げる為には100%の確率で利益を上げる必要など無いことが分かってきます。fx 戦略によっては勝率が30%でも平均利益が平均損失を上回っていればお金を増やすことができます。異なるfx 戦略を学びながら自分の戦略を築く過程を経て、トレードの背後にある数の法則を理解しましょう。ギャンブルのようにトレードをして巨額の富を得ようと夢見るのではなく、着実に資産を増やすことが出来るようになるのです。数の法則、それはリスクリワードレシオです。リスクリワードレシオと勝率のバランスによって、長期的に利益を生み出していけるトレードを行えているか、将来的に破産する可能性があるか、理解することができます。

fx 戦略を構築する必要がある理由

長期的に収益力を持つトレーダーになりたい場合は、要求されたレベルの仕事に没頭し、独自のfx 戦略を構築する必要があります。また、大きな利益を得るチャンスを獲得するためにはトレードも他の仕事と同様に扱われる必要があります。巷には「トレードの秘密」が多く販促されていますが、それらの手法を購入したトレーダーの殆どは利益を上げられていません。なぜなら、購入者はその手法を絶対的に信頼し、常に従わなければならないからです。信用がなければ、何回かの負け取引を経験した後、その手法に従い続けるのは非常に困難です。魔法の手法が存在しないと理解することは、トレーダーのお金と時間を節約し、ストレスを大幅に軽減することができます。利益を得るカギは、独自の戦略を構築し長期的に利益を得るため、変動するマーケットに適応する方法を学ぶことです。

本を読んだりセミナーに参加したりして学ぶことと、実践を通して過ちを修正しながら学ぶことには大きな違いがあります。トレードの先人達からアイデアを得ることは非常に役に立ちますが、あらゆるマーケット状況においてトレードに必要なスキルを構築するためには、以下の行動を起こす必要があります。

1つのマーケットの専門家となる

マーケットを1つ選択し、そのマーケットがどう動くのか、その理由を詳しく知ることに集中して下さい。すべてのマーケットは異なり、すべてのマーケットに機能する手法は存在しません。選択したマーケットで何が機能するのか、慣れ親しむ必要があります。例えば、トレンドに沿った順張りが有効なマーケットもあれば、レンジを狙った逆張りが有効なマーケットもあります。

毎日同じ時間帯を選んでトレードする

日々トレードする時間帯を決めることでトレードに100%集中する状況が整い、より高いレベルのパフォーマンスを維持しやすくなります。また、取引時間帯を固定すれば、その時間のマーケットのパターンを発見することがとても簡単になります。自由な時間にいつでもトレードすることは魅力的ではありますが、それではトレードに一貫性がないため、過去のトレード結果から何を改善するべきかを知ること、学ぶことが困難になります。先ずは毎日30分程度の短い期間を選び、トレードにいくつかの一貫性を持たせます。そこでトレードパターンを発見したときは、マーケットの歪みを利用できる有益な手法を構築出来るようになっていきます。

fx 戦略を構築

ボラティリティを理解する

トレードする時間帯の平均的なボラティリティがどれくらいかを学びます。一日にそのマーケットがどれくらい動くかを理解すると、利益目標と損切注文を決める良いアイデアを持つことができます。例えば、スキャルピングにおいて特定の時間30分間の平均的な値動きが10pipsであれば12pipsの利益目標は大きすぎます。4pipsが望ましい値でしょう。マーケットが普段どれだけ動くかを理解して入れば、今日はどのマーケットが活発で、どのマーケットが静かなのかを理解できるようになり、エントリーや決済の調整が行いやすくなります。平均的な値動きの内、1/3~1/2の利益を得られれば十分です。

トレンド相場かレンジ相場か

トレードは複雑に見ようとしてしまいがちですが、実際は非常にシンプルです。マーケットが直近で上昇した場合、上昇が続くのか下落に転じるのか、つまり買いか売りかを決定するだけです。多くのインディケーターを使い、オンラインで多くのブログを読んで、複数の手法で運用することは、トレードをより複雑にしてしまい、トレードとは単純に買いか売りかの決定だけということを忘れがちです。マーケットには、二つの基本的な状況としてトレンド相場とレンジ相場があります。マーケットがレンジ相場を形成していると考えた場合、直近で上昇した後に売り、マーケットがトレンド相場を形成していると考えた場合には、直近で上昇した後に買います。

一日の中で、ある時間帯の専門家になれば、トレンドで利益を得るか、レンジで利益を得るべきかが更に理解できるようになってきます。マーケットは通常オープン直後とクローズ間際に大きく値が動き、その合間の日中は静かであるといったように取引時間帯ごとに異なるパターンがあります。前日の引けと比較してマーケットが反転するか継続するかの確率を研究することで、順張り、逆張りのどちらでポジションを取るべきか理解しやすくなります。また、マーケットが午前中に動いた後は、午後にどう動くのかといった直近の確率分析を行うことで、トレードを大きく改善することが可能になります。

fx 戦略の立

バックテスト

過去のデータを使って戦略をテストすると、将来その戦略で利益を得るチャンスがあるかどうか判断するのに役立ちます。単に本やインターネットから見つけた戦略をそのまま使用し、自分の大切なお金を使ってマーケットに参入していくことは、その戦略を実行していく理由としては不十分です。バックテストを行うには、MT4やトレードステーションなどの専用プラットフォーム使用したり、Excelのスプレッドシートやチャートを印刷するなどがあります。単純に何が機能して何が機能しないかを見分けるには過去のトレード実績の分析をできるだけ多く集める必要があります。他のビジネスにおいても起業する際に先ず、市場調査を行うのと同です。すべてのプロは実際のお金でリスクを取る前に必ずマーケットを調査しているのです。

ある一定時間帯の専門家になることによって、トレンドで取るか、レンジで取るべきかが更に理解できます。マーケットは通常オープン直後とクローズ間際に大きく値が動き、その合間の日中は静かであるといったように、取引時間帯ごとに異なるパターンがあります。また、前日の引けと比較してマーケットが反転するか継続するかの確率を研究することで、順張り、逆張りのどちらでポジションを取るべきか理解しやすくなります。例えばマーケットが午前中に動いた後は、午後にどう動くのかといった直近の簡単な確率分析を行うことでもトレードを大きく改善することが可能となります。

利益目標と損切注文はシンプルに

自分のトレードにリスクリワードの目安を持つことで、動き続けるマーケットにポジションを持ちながらも行わなければならない意思決定を少なくすることができます。これはルールを守ることが簡単になるということです。また、事前に利益目標と損切注文を決めておくとトレード手法も実行しやすく、手法に問題があるのか、自分が手法を実行出来ていないのかを判断することができます。多くのトレーダーにとって最も難しいのは、利益目標に価格が到達するのを待つこと、事前に決めておいた損切注文を広げずに実行することです。例えば10pipsの利益目標と10pipsの損切注文で設定したトレードでも、結果として、実行時の平均利益が5pips、平均損失が15pipsとなってしまい、勝てる手法であるにも関わらず、多くが負ける結果となってしまいがちです。

自分自身のトレードから学ぶ

トレードを記録しトレード結果を振り返ると、自分がどのように利益を出しどう損をしているかが確認できるので、トレードの戦略と実行に対する改善方法を見つけることができます。単純に取引記録をスプレッドシートに保存するだけでも有力で多くの情報を得ることができます。

チェックリスト

  • 最も収益性が高いのはどの時間帯か
  • どの戦略が最も収益性が高いか
  • 用いた戦略に対し実際の取引結果はどうだったか
  • 収益性が最も高いのはどの曜日か
  • 最適な一日あたりの取引数は何回か
  • 結果が最高の日と最低の日に何をしたか

トレードは継続的に学び、修正を繰り返すプロセスであり、マーケットに最も適応できた者だけが殆どのお金を得る仕組みとなっています。あなた自身のお金を使い果たす前にマーケットを研究することに時間を使い、収益性の高い手法を見つける前に大きな損失を出さないようにすることがとても重要なのです。

fx 戦略の立て方

ほぼ全てのトレーダーが、成功するにはfx 戦略が重要であると理解してはいるものの、自分のfx 戦略を作るためのスキルと経験においては不足しがちです。fx 戦略の無いトレードをして、たとえお金を稼ぐための能力を示したとしても、どれだけリスク管理に優れ、メンタルコントロールに長けていたとしても、自分のfx 戦略を持たずして、長期的にお金を稼ぎ続けるチャンスはありません。 fx 戦略とは、いつ、どのように、なぜ、エントリーし決済するのか、といったトレードの行程で必要となる様々なことを決断すべきことすべてです。 

長期的に利益を得ることを目的として、トレーダーがfx 戦略の全体を組み立てる際に役立つ手順はこちらです。

どんなタイプのトレーダーになりたいかを決める

トレードにおけるメンタル(感情)の部分はとても重要です。自分に合ったタイプのトレーダーを目指すことがとても大切なのです。自分の強みと弱みを理解し、継続的に実績を積み重ねていく熟練への過程は、いかなる職業にも共通しておりトレーダーにとっても何ら変わりありません。生まれ持った自分の特性や性格は、長期トレード、短期トレードのどちらに向いているのか?、特定のマーケットに対する予備知識を持っていて自分のトレードに活かせるものはあるか?、また、ライフスタイルはトレードに費やす時間に大きな影響も与えるため、これらの点を踏まえてトレードタイプを決めていきます。

マーケットを限定する

プロトレーダーと競うには、ごく限られたマーケットの専門家になることが大切です。集中する範囲を狭めればマーケットのパターンを見抜き、変化に対する戦略の調整がしやすくなるからです。そうすることで結果も良くなり、ストレスが軽減されるのと同時に自信が得られるようになります。自分に合ったマーケットを見つけるには、先ずいくつかのマーケットを試しながら1~2週間トレード結果を記録し続け、一番成績の良かったマーケットを知り、自分が集中すべきマーケットを決めます。

トレードする時間帯

長く続けられるトレードのルーティン(習慣)を持つことは、安定したトレード成績をあげるためにとても重要です。異なる時間帯でトレードを試しながら結果を記録すれば、自分のライフスタイルや性格に合った時間帯を見つけることができます。トレードは100%集中して行うことが何より重要ですので、長期トレードより短期トレードのほうが望ましいです。実際に多くのプロトレーダーは、高い利益を得ることを目的に、驚くほど短い時間で取引を行っています。

エントリー戦略

まず、マーケットにエントリーする段階では、自分がどんなエントリーチャンスを探しているかを明確に把握しなければなりません。一方、価格の推移を眺めながら、買うか、売るかを決めるのは単なるギャンブルであり、トレード成績を落とす要因になります。

エントリー前に決めておくべきこと

 

  • 手順1:トレードする時間帯を決める
  • 手順2:大きなニュースやイベントの有無を確認する
  • 手順3:マーケット全体のトレンド(傾向)を確認する
  • 手順4:ボラティリティをチェックする/利益目標、損切注文を決める
  • 手順5:順張りするか、逆張りするかを決める
  • 手順6:相場分析レポートを参照する

  • 手順7:マーケットのサポートとレジスタンスを確認する
  • 手順8:トレードルールを決める

そして、今なぜマーケットにエントリーするのかを理解していることも重要です。トレードのセンチメントが徐々に分かってくると、自分のfx 戦略を現在のマーケットの状況に合わせて、いつ調整すべきなのかが把握できるようになります。

基本的にセンチメントとは、マーケット全般が将来の値動きをどう捉えているかが価格に反映されたものであり、市場参加者の過半数が価格の上昇、下降、もみ合いのどれを期待しているかを表しています。マーケットのセンチメントはニュースや分析レポート、TV、新聞、トレーダーのブログなどから理解することができます。これらの情報を使ってマーケットが上がり過ぎたり、または下げ過ぎたりする状況を探して大衆とは逆の方向に仕掛けるチャンスを狙うのです。

マーケットの大半が、もし上昇と考えているなら、マーケットには買い続ける人が少なくなり、マーケットが下げに転じる確率が高くなります。また、マーケットのセンチメントが大きく動くチャンスが無いのであれば、マーケットがリスクに対して怠慢になっていることを意味し、近く大きな値動きが起こるかもしれません。

エクジット(決済)戦略

いつポジションを決済するべきかを理解することは、いつエントリーするかを理解する以上に大切です。トレーダーは常に自分の資金を守る必要があり、エントリー前に何を理由として、いつ決済するかを必ず決めておかなければいけません。

ポジション決済までに判断すべきこと

  •  値動きは自分の予測と反しているか?
    (思惑と違うようであれば早く決済すべき)
  •  値動きは自分の期待より良いか?
    (より大きな利益を上げる可能性がある)
  •  通常より長くポジションを持っていないか?
    設定したルールの時間より長く持つほど、ロスカットすることが難しくなるため時間制限の損切りは有効である
    例)スキャルピングなら5分以内、デイトレなら2時間以内
  • 予測外のニュースはあったか?
    もし状況が変化し保有ポジションと逆行したら直ちに決済し、保有ポジションに有利なニュースなら利益目標を引き上げる
もし上記の判断が必要にならなければ、エントリー前のトレードプランに沿った利益目標や損切り注文で決済します。

トレードの準備

価格は早く動くこともあるため、より良い準備を行ったトレーダーほど、より利益を得る機会に恵まれます。

トレード前の準備

 

  • 穏やかにリラックスした状態でトレードできるよう心の準備をする
  • どんな戦略を使うかを決める
  • 何時から何時までトレードするかを決める
  • 一日に何回トレードするかを決める
  • 損切り後にどのぐらい休憩を取るのかを決める
  • 1回のトレードの損切りと利食い目標を決める
  • 1日の損切りと利食い目標を決める
  • 1週間の損切りと利食い目標を決める
  • どのエントリーチャンスに集中すべきかを決める

トレードの見直し

プロトレーダーは常に自分のトレード成績を見直すことで自分のトレードを常に向上させています。

確認すること

 

  • マーケットの状況はどうだったか?/ 戦略は合っていたか?
  • 戦略は良かったか、悪かったか?
  • しっかりと準備をしたか?
  • 何が良かったか、何が悪かったか?
  • トレード戦略とルールは守れたか?
  • 資金管理ルールを守れたか?
  • 改善すべきことは何か?
  • メンタルコントロールはどうだったか?

メンタルコントロールの戦術

トレードでは自分のトレードプランに従うことが最も重要で、それを実行するためにはメンタルコントロールがカギとなります。プロトレーダーはトレードのプレッシャーをコントロールし、穏やかな精神状態をつくるための方法を持っています。すべてのトレーダーは、どれだけマーケットが動いたとしても、自分のトレードプランを守り、価値ある投資資金を守るため自分に合ったメンタルコントロールの方法を見つけることがとても重要となります。

トレードのゴール

トレードにおける成功とは人生を変える可能性も秘めていますが、プロトレーダーとしてのゴールに辿り着くまでの道のりは長いもの、ということを理解しておかなければなりません。多額のお金をトレードで稼ぐという自分の目標にたどり着く前に、プロトレーダーになるという大きな目標を超えなければいけません。そのためにも、まずは小さな目標を作り、その小さな目標を達成し成功体験を積み重ねるというモチベーションを保つことが望ましいでしょう。

小さな目標例

  • トレード記録をきちんと記入する
  • 自分のリスク管理プランを常に守る
  • 自分のトレード戦略を完璧に順守する
  • 自分のトレードを毎週見直す
  • トレードを向上させるために新しい本を読む

トレード記録

詳細を記したトレード記録は長期にわたって利益を生むための重要なカギとなります。良いトレード記録とは、どこで仕掛け、どこで決済したか、どのようなトレード戦略を用いたか、等のトレードに関する詳細を含まなければいけません。これらをスプレッドシートに入力すると、どこで損益が出たか等を簡単に分析することができます。また、トレード記録にはトレード前後の感情も記してトレードに対する感情のコントロールも学び、改善に努めていきましょう。

記事はデモ口座及び会社資金を運用するGYM会員に向けた内容で個人資金の運用者向けの内容ではありません。GYMに入会されずに記事内容を参考にして自己資金でトレードをされる場合は必ずご自身で検証の上判断されますようお願い致します。従いまして自己資金でのトレード結果には一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示